映画

2014年6月16日 (月)

着信アリ

今日も一日暑かったですね…。
それでも夕方から涼しくなるから、まだ良いかな。
今日は一日仕込みデー。
今週末から<近江屋>の方に焼き菓子&パート・ドゥ・フリュイも並ぶんです。
あとケーキも種類が変わります。
明後日あたり種類をアップしますね。
朝から4時ごろまで仕込みして、
明日からのレッスンの材料を買いに駅前まで。
読みたい本もあったので、それを抱えて。
久しぶりに動く気になった(笑)
1時間ほど読書して、店へ戻ろうとしたら
「あ?電話だ」
不在着信。
「うっ。この電話は…( ̄◆ ̄;)」
夕方の父からの着信。
内容は多分
「ケーキあるか?」
わかってはいたけど、何か別の用事だとまずいし
一応かけなおしてみた。
「ケーキあるか?」
wwwwwwwかけなきゃよかった(;-ω-)ノ
「今日はないよ、ありませんよ~」
本当にケーキが好きな人だ、
おかげで私はこの職にたどり着いたのですけどね。
明日は試作するから、おこぼれをあげるかな。
最近ちょっと元気ない気もする父、
高校時代の同級生だった林隆三さんがお亡くなりになられて、
やっぱり考えるところもあるだろう。
私ですら考えた、
父と同じ年の方がと思うと…。
最初は知らなかったんですよね、同級生だなんて。
知らなかった頃は単純に
「素敵なおじさま!」
と思って見ていましたが、
ある日
「林は途中で止めちゃったんだよな、気が付いたらいなくなってたよ」
ひえーーーー、お父さんと同級生なの!?
単純に素敵なおじさまと見るのが厳しくなった気が。
でも素敵な俳優さんでした、
最近はチームバチスタにも出てましたよね。
一番カッコいい!と思ったのはこの映画、

原田知世さん主演の<早春物語>
本当に素敵なおじさまでした、林隆三さん。
久しぶりに見てしまいました。
携帯もパソコンも非日常の時代、
それが何とも良いではありませんか。
さて、
明日の特注の仕込みしまーす!

| コメント(0)

2013年5月27日 (月)

やっぱり重要ですね、音楽も。映画<悪霊島>1981年

先日芸能ニュース見てたら、
もうすぐ<極道の妻たち>の新作が上映されるらしい。
あ、
この手の映画は見ませんよ(笑)
ただ、
極妻と言えば思い出すのは、
志麻姐さん(。>0<。)
誰がなんと言おうと岩下志麻さんの姐さん役、
はまり過ぎです…
啖呵の切り方が尋常じゃない( ̄◆ ̄;)
岩下志麻さんと言えば、
私の大好きな映画、
金田一耕助シリーズの<悪霊島>に出てます。
ちなみに金田一役は鹿賀丈史さん。
そう言うわけで思い出しついでに<悪霊島>見てみました♪
今回見たのが3回目です。
一度目はTVで。
子供の見る映画じゃなかった…
そして確か5,6年前かな。
DVD借りて。
しかしここで大問題が。
この<悪霊島>上映当時のオリジナルは
主題歌にビートルズの<Let it be>
挿入歌に<Get back>を使っているのですが
(さすが角川春樹、お金かけてる…って言うか本人も出てる!)
その使用権が上映の数年後に切れてしまったらしく…
TV放映やDVD化する場合は
その音楽を抜かないといけないってΣ( ̄ロ ̄lll)
そういうわけでDVD化も不可能と言われていたのですが、
DVDは別の歌手のカバーで作られたのです。
そうとは知らずDVD借りて見たんです、その時は。
やっぱりちょっと違う感じが。
で、
今回はオリジナルに近づかせるべく、
そのシーンをビートルズの歌う動画と並行させて流してみた(笑)
上手くはまりました~
当たり前だけどこの映画にはビートルズの歌う
<Let it be>が必要不可欠でした。
映画の最後、
金田一耕助が事件のあった島を去ります。
事件にかかわった人達の想いを想像させながら流れる<Let it be>は
映画を締めくくるにはあまりにもはまり過ぎで。
横溝正史先生の金田一シリーズは、
猟奇的な殺人場面が殆どと言っていいほど出てきます。
この<悪霊島>も結構…
どうしてそのような殺人が起きたのか、
人間の愚かさや悲しみが描かれています。
この<悪霊島>の評価は金田一映画としては
あまり高い評価ではないようですが、
私的には、そう悪くなかったと。
岩下志麻さんの演技は凄かった。
あまり書くとネタばれになってしまうからこのくらいで(笑)
洋楽に興味を持った中学生の頃、
ビートルズにはどちらかと言うと興味を持つことが
私はなかったのですが、
最近になってからかな、
彼らが多くの世代、沢山の国の人達に愛されるのが
わかる気がしてきました。
またいつか見よう。
アメリカンチェリー食べ過ぎた…(^-^;

| コメント(0)

2013年4月15日 (月)

色気のある人

俳優の三國連太郎さんが亡くなられました。
90歳。
圧倒的な存在感を、
作品に残す名優の一人。
私の大好きな横溝正史の映画
<犬神家の一族>(1976年:市川崑監督)にも
出演されてました。
そう、
あの映画には先日亡くなられた坂口良子さんも出てましたね。
実は三國さん、
以前私の父が経営していた喫茶店に
よくお越しいただいてました。
残念ながら私はお会いしたことはありません。
いらっしゃると必ず母が、
「本当に素敵な人だよね、三國さん。男の色気がある。」
と大絶賛、
気さくなお人柄で父や母ともお話ししてくれていたようです。
「男から見ても、いい男だ」
父も常にそう言ってました。
大地喜和子さんとの恋愛話(後々にお二人が対談された時の談話)を見ましたが、
三國さんがいくつになっても色気のある方なのがわかる気がしました。
今頃、
大地さんに会っているのでしょうか…
今日、
お花屋さんにこの間アメ細工のバラのモデルにした
白いバラ<ブルゴーニュ>がありました。

Photo
白いけれど、
色気のある花だと。
Pour deux,
je leur donne ces roses blanches.

| コメント(0)

2013年1月 6日 (日)

嬉しいね♪

金曜から始まりましたが、
この3日間で沢山の常連のお客様ともお会いすることが出来ました。
「12月は無事に乗り切れたんだね~」
「は、はい(汗)」
まあ無事と言えば無事、
そうでなかったと言えばそうかも…(笑)
私の大親友さーちゃん(6歳)も
ご両親と一緒に年賀状を持参してのご来店。
この年賀状が、
毎年凄いんですよ。
さーちゃんパパの渾身の作は
「えーと、芸能人のプロモーションですか!?( ̄◆ ̄;)」
と言わんばかりのさーちゃんメインの年賀状。
年賀状って言うか去年はCDだったけど、
今年はパンフレットみたいだった(^-^;
「来年どうする?」
去年も言っていたな、うちの店で年始に。
もはや年始の風物詩です。
さーちゃんパパ、
来年も期待してますから(o ̄∇ ̄)/
今日はチューリップが咲き始めてました。
気がついたのが夜だったので写真は明日です~
少し、
仕事のペースと言うか量を考えて
今年はやらないとと思ってます。
今日もそろそろ終わらせなくては。
もうちょっと早く終われる日があったら、
弟夫婦に借りたDVD見ないと。
杉本家恒例、
年末年始は横溝正史映画。
金田一とは思えない
西田敏行さんが唯一金田一役を演じた
<悪魔が来たりて笛を吹く>
これ子供の時見て寝れなくなった。
っていうか確か途中で諦めた、怖くて(笑)
もうしばらくお借りします~

| コメント(0)

2012年10月 5日 (金)

さようなら船村刑事

夕方ネットでニュースを見ると
俳優の大滝秀治さんがお亡くなりになられたと。
「・・・」
日本の映画、ドラマには欠かせない
俳優さんの一人だったと思います。
決して主役ではないのだけれど、
常に存在感のある役者さんでしたよね。
私の大好きな横溝正史作品、
<犬神家の一族><悪霊島><悪魔の手毬唄>
<獄門島><八つ墓村>などにも出演されてました。
そして絶対に忘れられないのはテレビドラマ
<特捜最前線>の船村刑事
昭和の名優さんたちがいなくなられるのは
本当に寂しいものです。

| コメント(0)

2012年9月10日 (月)

私も好きです

お店のBGMに流しているCDに、
映画音楽を集めたものがあるのですが、
「あ、この曲大好きなんだよ」とお客様。
その時かかっていたのは<ニュー・シネマ・パラダイス>のテーマ
「何だっけ?この曲の映画、イタリアの…凄い良い映画なんだよ。あ、そうそう、ニュー・シネマ・パラダイス」
そうですよね~、良い映画ですよね~
思わずお客様の会話に入りそうになってしまった、
我慢我慢(笑)
映画館で観たい映画ですね

| コメント(0)

2012年7月18日 (水)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<9>

牛窓から福山に向かう途中、
ゆきちゃんから
「なあ、お菓子屋さん行ってみる?岡山ではかなり気にいってるお菓子屋さんなんだけど」
行きますともーo(*^▽^*)o
ゆきちゃんが向かったのは総社にある
パティスリー・シエル・ブルー
ここで余談ですが←これが長いんだよね…
この総社駅も出てきました、
横溝正史原作、
市川崑監督作品
<悪魔の手毬唄>に( ̄▽ ̄)
映画の最後のシーンで、
金田一さん役の石坂浩二さんが
磯川警部役の若山富三郎さんと別れるシーン。
汽車に乗った石坂さんが若山さんに向かって
「磯川さんは・・・(犯人を)愛していたんですね」
その声は汽笛に邪魔をされて聞こえないという所で終わるのですが。
嘘か本当か、
総社駅のそうじゃ(YES)に引っかけた演出だったらしい(^-^;
なので若山さんの返事が「はい」っていうことだった!?
本当ですか、市川監督!
そんなシーンのあった総社の駅、
勿論映画の時の面影は全くありませんでしたけど、
何となく来れて嬉しかった(笑)
やっぱり余談が長くなってしまった( ̄◆ ̄;)
シエルブルーに話し戻します。
外観からして東京のお菓子屋さんか!と思うくらい、
素敵なお店でびっくり。
中に入っても美しいお菓子が沢山並んでいました。
「食べていこうか!」
待ってました~、ゆきちゃんのその言葉を♪

Photo
夕食前でしたのでとりあえず(笑)3個。
美味しく頂かせていただきました。
久しぶりに人のお店でケーキ食べたかも。
中々食べ歩き行く時間もなくて、
まさか岡山でこんな素敵なお店に出会えるとは。
こうしてお腹も7分目くらいになったところで、
再び車で移動です。
金田一さん、
磯川警部、
また会える日を楽しみに(TOT)~~~
A bientot!
私は車の中で半分寝てました、ゆきちゃんごめんよ~
山を見ながら暮れる太陽、
いよいよ広島県へ。
(続く)

| コメント(0)

2012年7月 3日 (火)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<4>

井倉駅から乗った列車は、
一路本日の宿泊地であります倉敷駅まで。
「お客さん3人しか乗ってないけどzzzzzzz」
崖を登り疲れたようで(失笑)
すぐに爆睡モード。
(ガタンゴト~ン)
心地よく揺れる電車は、
右手に山を眺めながら進んでましたけど
すぐに寝ちゃいましたから( ̄ー ̄)ニヤリ
でも、
意外とすぐに起きることに。
どこかの駅で大量の学生(高校生)が乗車。
気がつけば車内満席でござます。
スカートの短さは東京並みの子もいましたが、
なんとなく大人しそうと言うか、
擦れてなさそうと言うか。
あ、
別に東京の高校生が擦れてるってわけじゃないですよ(冷や汗)
ほら~、
のどかな感じがするんですよ、
何となくね。
そう言うわけで倉敷に着くまでは学生のお喋りが
耳に入ってきて眠れませんでした(ノ_-。)
でも景色が良いから♪
満奇洞の事を思い出しながら、
八つ墓村の映画を回想(笑)
本当は、
もう1箇所行きたいところがあったんです。
倉敷市内にある横溝正史の疎開邸。
その周辺にあるミステリーロードへ。
金田一さんに会いに。
会いたかったな~
でももう時間が遅すぎて…(´;ω;`)ウウ・・・
そこへは又今度行きます。
一体いつになることやら。
電車は倉敷駅に到着です。
高校2年生の時に、
修学旅行で倉敷に来ました。
それ以来ですので…
Il y a longtemps!
ホテルは検索していて
天然温泉付きと言う一言に惹かれて選んだ所で、
駅から歩いて7~8分の
美観地区のすぐそばです。
思いの外遠く感じたのは
やっぱり崖の影響か!Σ( ̄ロ ̄lll)
足が棒~
でも大丈夫♪
温泉、温泉♪
(続く)

| コメント(0)

2012年6月28日 (木)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<3>

いよいよ鍾乳洞へ。
心の中で
「誰かいませんかね~?」
とつぶやいちゃったりしましたけど…無人だΣ(|||▽||| )

Photo

4

Photo_2

Photo_3
この辺りの写真から
<八つ墓村>チックに|||(-_-;)|||||

Photo_4|
小梅さん、いませんか~?
いたら怖いし( ̄◆ ̄;)

Rimg1306
自然が作り出した世界は、
美しさと共に怖さもあり。
こういうものを見ると
人間はやはり<生かされてる>なと
思います。
私の後ろから、
数人のグループが入場してきた模様。
何故か嬉しい(笑)
入口のおじさんが言っていた
<天井の低い場所>
これ、
本当に低いです(ノ_-。)
腰痛の人は絶対に行かない方が良いです。
15~20メートルくらい、
凄いかがんで歩かないと通れない場所がありまして…
「つ、辛すぎる…」
かがみながら猛ダッシュしましたよ~
映画<八つ墓村>の中で、
小川真由美さん演じる森美也子が、
萩原健一さん演じる辰弥を鍾乳洞の中追いかけるシーンが
子供心にもトラウマになりそうな
怖さ満点の場面でしたが、
いや~、
この鍾乳洞の中をあんなスピードで追いかけるのは
自殺行為です、滑っちゃうって!
小川さんのメイク、
怖すぎました…
ある意味
あの<八つ墓村>はホラー映画です。
どうやら鍾乳洞を一周した模様。
入口に戻ってきました。
入口のおじさん、
「せっかくだから記念写真写しょーか」
優しいですね、
わざわざ出てきてくれました。
「お願いします!」

Rimg1314
鍾乳洞の地図と共に。
おじさん、ありがとう!
さて、
時間を見ると
「おっとー、あまりゆっくりもしていられないじゃないか!」
バスの発車時刻まで15分くらい。
上がり坂がきつかったっていうことは、
下るのも相当大変なはず…
上から見下ろすバス停は遠い(TOT)
もうちょっと見ていたかったけど、
又来れれば←うーん、それはちょっと難しいかも。
バス停を目指し、
下山し始めました。
空を見上げると大きな鳥が飛んでます。
「空も広いな~」
これだけ広い空なら飛ぶのも気持ち良いだろうね。
私も飛んで下まで降りれたらな…無理。
(続く)

| コメント(0)

2012年6月28日 (木)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<2>

何でこの旅行記の題名が<崖っぷち>なのか、
この後からわかりますよ…
井倉駅にて一人さびしく満奇洞行きのバスを待つと、
一台駅の駐車場にバスが入ってきて運転手さんが出てきました。
「すみませーん、このバスって満奇洞行きでしょうか?」
「いや~、このバスじゃないんですよ。あのポストの横がバス停ですよ~」
危ない危ない!
乗りそこなったらここに来た意味が無くなってしまうじゃないか( ̄Д ̄;;
時刻表の5分前にはそこで待機。
っていうか他に満奇洞行く人いないの…。
再び火曜サスペンス劇場のテーマが(-。-;)
向こうの方からバスが来ました。
<満奇洞行き>って書いてある♪
バスが私の横に停車。
そう言えば乗車賃いくらなのか書いてなかったけど…
バスに乗るとお客様は3名。
明らかに地元の人だし(^-^;
運転手さんに
「満奇洞行きますよね~?」
「行くよ~」
「運賃いくらですか?」
「後でね」
・・・
凄い高かったらどうしよう( ̄◆ ̄;)
ここから30分かかるらしく、
私は仕事で送らなくてはいけない資料を作りながら
ネットに接続しようとしたら
<NO SERVICE>
がーーーーーーん!
そうです、
ここは東京じゃないって私…
しばらく試みたけど結果は変わらず。
「仕方あるまい…許して!」
パソコンをしまって。
しかし凄い山道だ。
そして誰もいないじゃないか!!!
途中見かけたのは3名ほど。
大丈夫なのか、私…
他に乗車していたお客様達が次々下車。
完全に運転手さん&私オンリー。
そしていよいよ満奇洞のバス停へ。
「3時にここに戻ってくるから。遅れたら帰れんから」
絶対来ますから。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
見捨てないでください!!!(笑)
バス停から見える矢印にそって進む。
うーん、一体どこにあるんだ~?
民家の間の道を通る、
坂道、上り坂。
「・・・えっ!?」
なんか山の上の方に<満奇洞>って看板出てますけど…
あそこまで登るんかい!?
しかもバスの時間に遅れては大変。
めっちゃ早足で崖のようなその坂道を登りました。
そうです、この旅行第一番目の<崖>です。
第一ってことは…。
上がり切った時はぜーぜー言ってました、
心臓破りの丘だわ。
そこからさらに進むと券売機が。
「ここまでも無人なのか!?( ̄Д ̄;;」
これは本当に火曜サスペンスでは済まなくなりそう( ̄◆ ̄;)( ̄◆ ̄;)( ̄◆ ̄;)
「取りあえず鍾乳洞に入る前に誰かに連絡しておこう!」
弟にメールしたら
「仕事中にうざい(-_-X)」
と言われそうな気が。
弟の嫁さんへ
「今から小梅&小竹さんに会いに鍾乳洞入ってきます!」と。
鍾乳洞入口の画像を添付して。
これで仮に私が鍾乳洞で池の中に滑って落ちても、
誰か探しに来てくれるかな~と。
心配性なものでして(^-^;
すぐに返信が来て
「Take care!」
本当に気をつけようっと。
券売機で入場券を購入し進路を進むと入口の横に
入場をチェックするおじさんが。
(良かった、これで少なくとも私が鍾乳洞から出てこなかったら探しに来てくれるよ♪」
一人で来た私を不思議そうな顔で見てましたが、
「入場すると凄く天井が低い場所があるので気をつけてくださいね~」
はい、気をつけます!
ついに満奇洞内へ。
500万年の月日が作り上げた神秘の世界の入口へと
足を踏み入れるのでした。
(続く)

| コメント(0)

2012年6月27日 (水)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その③岡山編<1>

前日のビストロポタジェの夕食&少々のアルコールが効いて、
ネットで翌日の予定を検索したまま爆睡zzz
幸か不幸かいつも起きる5時には目が覚め、
「うわーーー、もう朝じゃないですか!まずいまずい、準備準備!」
とは言え、
頭も体もだるくて(笑)
超スローペース(^-^;
「まあいいや、今日は完全に一人だし、好きに動こう~♪」
そう、
今日は完全に完全にフリーな一日でありまして、
目的地であります岡山までまず新幹線で移動。
その新幹線の中でこの旅行の真の目的地、
岡山県新見市にある鍾乳洞<満奇洞>への
アクセスを最終検索。
その昔、
その鍾乳洞を見た与謝野晶子夫妻が
「奇に満ちた場所」と詠んで名前がついたそうな。
で、何故そこに行くかって?
それはですね~、
私の大好きな横溝正史の小説の
金田一耕助シリーズの一つである
<八つ墓村>の映画ロケに使われた鍾乳洞なんですよ♪
マニアックすぎてついてこれない方、
m(_ _)m
知ってる人は思いだしてください。
映画<八つ墓村>
寅さんでおなじみの渥美清さんが金田一耕助を演じ、
山崎努さん、小川真由美さん、萩原健一さんが出ていた、
あの<八つ墓村>です。
双子のおばあさん、
小梅さん&小竹さんが
出入りしていたあ・そ・こですよ、うふ♪
実際撮影には他の鍾乳洞も使われているのですが、
奇に満ちた鍾乳洞なんて、
見てみたいじゃないですか~
そう言うわけでまずは岡山駅から宿泊する倉敷駅まで。
荷物をコインロッカーに預け、
そこから満奇洞行きのバスが出ている井倉駅まで。
車窓から見える風景は山や川。
時間の流れが十分の一くらいの速さなんじゃないかと。
1時間ほどして井倉駅に。
「うん?降りるのは…私だけ!?」
ちょっと不安、
いや相当な不安をその時に感じながらも改札口へ。
そしてその不安はさらに高まりました。
「うっ、無人駅…( ̄◆ ̄;)」
そうです、だ~れもいません。
もし私がここで行方不明になっても、
誰もわかんないじゃん!
最後の足取りは…倉敷駅。
火曜サスペンス劇場のテーマソングが聞こえた気がしました(失笑)
バスが来るまで40分くらいあるのですが、
当然駅の周りにはスタバもマックもありません。
「まあ良いか」
静かな駅のベンチに座り、
この旅行の話を聞いて弟が貸してくれた小説の
残りを読破。

Photo
<三つ首塔>
中々面白かったですよ。
しかしどれだけ横溝正史好きなのかしら、
杉本一家は( ̄ー ̄)
(続く)

| コメント(0)

2012年6月 5日 (火)

他愛のないフレーズから

もう寝ます、 今日は寝てなかった上に、 意外とハードな一日でした。 ひとつだけ、 今日ネットでニュース見てた時に <レディ・ガガがゴッドマザーのエルトンジョンの子供うんぬんくんぬん…> これ見てから頭の中はゴッドファーザー愛のテーマの エンドレスリピート状態。 映画見たいな。 でももう寝ますZzzzzz

| コメント(0)

2011年9月13日 (火)

3時間の5分の4=何cc?!

ついに、

ついに、

念願の、

ニュー・シネマ・パラダイスを見ました!!!

昨晩、

弟夫婦も数週間前に、

ニュー・シネマ・パラダイスブームがあったらしく、

「家にDVDあるから貸してあげるよ」

とメール頂きました。

私のブログ読んだのね(冷や汗)

それにしても不思議。

私が見たいな~と思った映画を、

弟夫婦も同じ時期に見たくなって見ていたとは。

金田一シリーズもそうだったよね、そう言えば。

やはり姉弟、通ずるものを感じます(笑)

で、

昨晩お店からの帰り途中に、

弟宅へ寄って借りてきました。

「水曜日お休みだから火曜の夜中か水曜日に見るかな~」

なんて、

なんて、

我慢できるあろうはずございません!ごめんねー!

早く寝なさいと天からの声も聞こえたのですが、

スイッチオン!

ニュー・シネマ・パラダイス、

バージョンがいくつかあるのですが、

今回のは完全オリジナルバージョンで一番長い。

3時間、です。

聞き覚えのある子どもの声は主人公のトト。

大きく分けて

<子供時代><青年時代><大人時代>と

3人の俳優さんがトトを演じています。

私は子供の頃のトトが大好き。

内容は書くと3時間かかりそうなので省略します。

見て下さい♪

この映画に出てくる人たちは、

皆が皆、

自分以外の人の事を考え、

たとえそれが自分にとって辛いことだとしても、

相手のために行動します。

泣けないわけがない。

何回も見てます。

それでも自然と涙があふれてきます。

もう、

瞼腫れまくりです…。

殆ど泣いてたよ、私は。

ひどい顔でした、今日は…。

手の施しようがない(失笑)

ユーモアもあるんですよ。

脇役の俳優さん達の演技もこの映画では重要なポイント。

そして、

映画の中で流れる名作映画の数々。

20代、30代、そして40になって見ましたが、

見れば見るほど引き込まれる。

シチリアの景色、

人々の生活、

戦争で親をなくすこと、

大人になって初めて気がついた母親の気持ち、

私たちが常に考えなくてはいけない事が、

この映画の中にはあふれている気がします。

トト少年、

彼の泣き顔からのウィンク笑顔には、

どれだけの人が心なごまされたのかな~

いつまでもいつまでも、

語り継がれる映画であってほしいです。

| コメント(0)

2011年8月20日 (土)

あの笑顔のためだけに

先日のお休みの夜に、

ようやくDVDを一つ見ました。

最初借りに行った時は<ニュー・シネマ・パラダイス>を手に取ったのですが、

「うーーー、長いのよねこれって(ノ_-。)」

今見るのは困難と判断。

長いだけじゃなくてこの映画、

相当号泣するので体力使うんです(笑)

泣くと疲れませんか?

しかも次の日は仕事もあるし、目を腫らすわけにはいかないな~

「次に見たかったあっちにしよう!」

ロバート・デ・ニーロとショーン・ペン主演の<俺たちは天使じゃない>

1989年のアクション・コメディー映画。

基本コメディーってあまり見ないのですが(サスペンス好きなので)

この映画は尊敬する人に勧められて見に行きました。

あらすじ知りたい人はこちら↓

http://movie.goo.ne.jp/movies/p1550/

主演二人のやり取りと脇を固める俳優陣の絶妙な空気感が笑いを誘い、

デミー・ムーアの母親役もなかなか。

デ・ニーロとショーン・ペン、

色々な姿をその都度見せてくれる素晴らしい俳優さん達ですが、

私がこの映画で一番好きなシーンは、

殆ど終わる直前、

デ・ニーロがデミー・ムーアの肩を抱きながら、

橋を渡っていくシーン。

相棒のショーン・ペーンと別れ、

お互いが別々な道を歩いて行くことを決めた時に見せるデ・ニーロの笑顔が、

この映画を何度も見たいなと思わせるのかも。

本当に幸せそうに笑うんです、優しく。

時にはマフィア、臆病な刑事、タクシードライバー、悪魔や犯罪者を演じる。

それも半端ない、妥協ない役作り。

体重の増減は勿論、自分の頭髪すら抜く人です。

本当に凄い、

その仕事に妥協しない姿勢は見習わなくてはいけないなと。

あの最後のシーンの笑顔も演技なのだろう。

見る人の心まで笑顔に変える。

また何年かしたら見たいと思います。

| コメント(0)

2011年8月15日 (月)

心に残り、再び見たくなる、そんな映画達

気にいった映画は、

何度見ても又見たくなります。

一度見た映画は、

勿論あらすじも結末もわかっていますが、

それでもなお心を掴み、見たくなる。

時間があまりとれない分、

厳選して見る映画決めないとね。

<ニュー・シネマ・パラダイス>

1989年のイタリア映画。5~6回、見ました。最後に見たのは30代前半だったかな。

この映画を初めて見た時、私は22歳だった、確か。

見たいけど、それなりに覚悟して(笑)見なくてはいけないからな…

<メンフィスベル>

これもニュー・シネマ・パラダイスと同時期に見ました。

4回みたっけ。比較的最近も見ました、昨年の夏。

<俺たちは天使じゃない>

デ・ニーロとショーン・ペン主演、しかもデミ・ムーアの若かりし頃にも会えます♪

私が大阪の辻製菓に行っていた時にロードショーされてました。

大阪で唯一映画館まで行って見た映画です。優しい気持ちになれる映画でした。

<羊たちの沈黙>

アンソニー・ホプキンス×ジョディ・フォスターの、

言わずとも知れたアカデミー賞受賞作品。

丁度フランス校の学生だった時に公開されていた。

Silence d'agneau シレンス・ダニョー

そこでは見ずに帰国してから見ました。

それ以来レクター博士のシリーズはかかさず。

<セブン>

ブラッド・ピット×モーガン・フリーマン

7つの罪を題材に起こる悲劇、そして結末はあまりにも悲しい。

フランス校の職員で滞在中にテレビで放映してました。

フランス語で見るのはかなり難しかったですが…

<ゴッド・ファーザー>

1~3まで、

まんべんなく見てます。

アル・パチーノの出世作ですね、いや~若い!

<戦場のピアニスト>

もう1回見たいけど見れない映画の一つです。

でもいつかもう1回見たい。

<ラスト・コーション>

唯一の(日本映画を除く)アジア映画。

2007年の作品ですので比較的新しい。

トニー・レオンに惹かれて見ましたが、いやいや、他の俳優さんたちも

凄かった。

第二次大戦中の香港&上海の雰囲気も。

泣かずには見れない。

<横溝正史原作の映画全般>

何度も話に出てますからね(笑)

金田一さん、事件ですよ~

勿論サスペンスなのですが、

それだけではないのがこの映画。

特に市川崑監督の映像美は、日本の古き良き時代を美しく描き出します。

悲しい殺人事件の裏にある人間の愛情とか弱さとか。

今までに一番見たのは…うーん、どれだろう?

とまあ、

まだありますがとりあえずここから何か見たいです。

多分<ニュー・シネマ・パラダイス>かな。覚悟して(笑)

可愛らしいトト少年にもう一度会ってきます♪

| コメント(0)

2011年3月 1日 (火)

我が家のアカデミー賞♪

どうもお久しぶりです~

なんだかバタバタして、

気がつけば3月、

その割りに寒い…sad

今日もお店でTVの撮影がありました。

デコポッキーではありませんよ、今回はhappy01

お題は内緒secret

放送日などは又書き込みますね~

全然話は変わりますが、

アメリカのアカデミー賞決まりましたね。

大本命でしたね~、私はまだ見てませんが見に行こうかなと思いました。

でも、ホワイトデーが終わるまでは無理ねcatface

そんなアカデミー賞の授賞式前日、

実家で弟夫婦も来て久しぶりに夕飯を一緒に食べました。

まあ私は皆が食べ終わった後に帰宅したわけですが、

弟にいきなり

「お姉さん、手毬歌3番まで歌えるようになったんだって?」と聞かれる。

さて、なんの手毬歌でしょうthink

正解は横溝正史原作、市川崑監督作品の<悪魔の手毬歌>の中に出てくる

鬼首村(おにこべむら)に伝承する手毬歌でした!!!

杉本家では決まった周期はないのですが横溝作品が流行るのですが、

昨年末からそのブームが到来coldsweats01

<八つ墓村>(渥美清さんが金田一)から始まり、

<病院坂の首くくりの家>(石坂浩二さん)

そして弟宅から<悪魔の手毬歌>(石坂さん)を借りたのですが、

そこから中々見る時間がなく→だってバレンタインデー準備で忙しかったですものーcrying

それでもどうしても見たいから夜中睡眠時間を削って見ていたのですが…

気がつくと終わってるーcryingDVDのトップページに戻ってるーcrying

こんな事を数日繰り返していたら、そのトップページから流れてくる

劇中でも出てくる手毬歌が頭にこびりついてしまい…

3番まであるのですがネットで検索して歌詞を覚えちゃいましたnote

厨房でも歌っていたので、

トラ子も「嫌だ~、怖い~!」だと言いながら覚えてしまったとさ、めでたしめでたしshock

全然めでたくない話ですね、とら子にとってはcoldsweats01まあ良い、か。

先週は<獄門島>を見ました。大原麗子さんや浅野ゆう子さん、超若いhappy02可愛いlovely

私的には市川監督×石坂浩二の金田一が一番しっくりきます。

とりあえず渥美清さんの金田一は、八つ墓村に来ちゃった寅さんみたいで少々違和感が

ありましたが、それ以外のキャストの方々が・・・濃い。

特に山崎努さん…子供の時見てトイレ行けなくなったsweat02

なのでこの<八つ墓村>もあり。

あと、最近見てませんが<悪霊島>鹿賀丈史さんの金田一も嫌いじゃない。

飄々としている感じがgoodそして岩下志麻姐さんが恐ろしか~~~shockshockshock

とかなり話が長くなってしまいましたが、弟達が帰るときに

私「やっぱり杉本家のアカデミー賞は<金田一シリーズ>だね♪」

と、合致した意見(笑)

弟「主演女優賞は草笛光子だな、やっぱりhappy01

どの映画にも出てくる草笛さん、決して主役ではないけど常にインパクト大です。

私「じゃあ助演男優賞はピーター(池畑慎之介)だね!」

皆「男優…でよいのかな?」

男優ですよ!

| コメント(0)

2010年5月19日 (水)

首相の名前は知らなくても<タケシ>は知ってる!

カンヌ映画祭、始まりましたね~

カンヌには2回行った事があります。海が好きsign03wave(by 竜之介の父)と言うわけでは

ありませんが…なんとなく、ねcoldsweats01 夏、でしたからsun

今年は北野たけしさんが作品を出していますが、

フランス人はたけしさん好きが多いheart04

私がフランスで滞在していた時にたけしさんが出演していた大島渚監督の<御法度>と

いう映画がフランスで上映されてました。幕末、新撰組のお話、だけど男色ってsweat02sweat02sweat02

殆どの映画館がフランス語吹き替えになってしまっていたけど、

なんとか探してフランス語字幕の映画館へフランス人と一緒に見に行きました。

たけしさんが登場すると、観客のフランス人たちが

「タケシ!タケシ!」

と大喜びhappy02  本当、人気あるのね~

肝心な映画の内容は…

新撰組を知らないフランス人にとってはcatface謎だらけの内容だったようで…

質問されても上手く答えられなかったですshock難しすぎるsad

きっと日本の首相の名前は言えなくても、

たけしさんの名前は知ってるフランス人、多そうcatface

ちなみにトラ子、言えるよね?!bomb

| コメント(1)

2010年4月30日 (金)

見るべきか、それともやめておくか…悩むな~

昨日は3週間ぶりの休みsweat02

さすがにグッタリで…なんと20時間くらい寝てしまいましたcatface

全ての通信回路を遮断して(と言うか、寝ていたから電源すら入れてなかったdanger

起きたのはトイレに行く時と小腹を満たした時のみgawk

そのせいか今日は朝から調子が悪くて(失笑)体全体がフワフワ浮いている感じ。

下手に休むと駄目なようです。って、休むなって言うことsign02shock

取り合えず午後くらいから調子が上がってきましてupwardright稼動し始めました~

お昼ごはんを食べてる時、ネットのニュースで映画<大奥>の事が出ていた。

よしながふみさんが書いているコミックス<大奥>の実写版です。

http://ohoku.jp/

この大奥のお話、普通とちょっと違うのが訳あって男女の立場が逆転している江戸時代の

お話。よって徳川の将軍達も女性、ですので大奥に仕えるのが男性なんです。

まさに<男女逆転大奥>な訳でして、名前は男性ですが本当は女性で、

読み始めた時は何が何だかわけわからんwobblyと、思ったけれど、

読んでいくと中々面白い。「実際にあってもおかしくない話かも~」と、今のところ

コミックスは5巻まで出てまして今も連載中なんです。江戸時代物がお好きな方は是非happy01

で、そんなお気に入りが実写版映画になると聞いた時は正直絶対見ないと思ったのです。

最近色々な実写版が作られてますが、どうも…イメージが違う事が多いような、

あまり良い評価を得ている物が少ない気がします。

コミックスがアニメーションになるだけでも、かなり難しいのに

(それぞれの人がイメージしている声とか、やはり違いますし)

コミックスを実際の俳優さんたちが演じるとなると…やはり微妙ですよね。

でも、

今日見た主役の柴咲コウさんの姿は、かなり<吉宗>のイメージと重なっていました。

うーん、

もしかしたら見た方が良いのかなthink

まあ10月公開らしいので、それまでゆっくり考えようconfident

でもその頃って栗の季節真っ只中、例年通り渋皮煮作りまくりの時期だ…sweat02sweat02sweat02

うっ、きっと考えてる場合じゃないねdespair

DVD、出るの待つかな…(←まだ上映もしてないのに!)

| コメント(0)

2009年8月12日 (水)

乗車率95%、勿論皆様バカンスですけど…。私のバカンスは007で

成田ゆめ牧場へ行ってきましたー!

行きは朝が早いので、吉祥寺から出ている成田空港行きのバスに乗って行くのですが、

昨日ふと

「今って世間一般の人達は、お盆休みって事だったかしら?」

お盆休み→長期旅行可→海外へ→成田は出国ラッシュbearing

たーーーーーいへんsign03いつもなら当日予約なしで乗れるバスも、この期間は

下手したら予約ですでに満席だったりしてcatfaceわ、わすれてた…。

昨日の夕方気がつき、速攻バスの予約センターへ電話telephone

聞いたら残り10席くらいだとかsweat02危なかったです。

いつもはギリギリにバス乗り場へ行くのですが、今日は予約したけど早めに。

皆さん<バカンスでーすhappy01>って感じ。ま、当たり前ですけどね。

私は…仕事ですよgawk

牧場もいつにもまして来場者の方が多かったです。

牧場のスタッフの方々も日焼けsunして真っ黒な人も(笑)

私は夏休みは無いけど、冬休みはありそう(無かったらフランス行けないcrying

だから頑張るupwardright

そんな私の楽しみheart04ようやく<007 慰めの報酬>見ましたhappy01

ダニエル・クレイグに変わっての2作品目、私はそこそこ楽しめました♪

1作目の<カジノ・ロワイヤル>の方が、世間的には評判が良いようですが。

そんな私にあるレッスンの際に生徒さんのKさんが、

「先生はジェームズ・ボンドが好きなんですか?私も007、実は好きheart01

そこから二人の共通の好きなものが出るわ出るわ。

「先生、エイリアスって知ってます?」

知ってますとも~!<エイリアス>というアメリカのスパイドラマgood

ジェニファー・ガーナー主演です。

「まさか…ゴルゴ13とか読みます?」私からの質問。

「読んじゃってましたよ~!ちょっと恥ずかしいけどcoldsweats01

これまた二人共通。え?ゴルゴ13は杉本家の必須アイテムでして…catface

そんな二人は最終的に<生まれ変わったら何になる>も共通shine

○○○□□□に就職したくないですか!?」

「あ、良い!それ!」

二人の来世は決まりましたーcoldsweats01 Kさん、一緒に就活しましょうねnote

うーん、しかしこれまたお菓子cakeとは無縁の世界だなshadow

ま、お菓子作りが出来る○○○がいても良いかもsecret

| コメント(0)

2009年7月19日 (日)

DVD<OO7カジノ・ロワイヤル>やっと見れました

眠かったけれどdespair
やっと見れました~

別にOO7マニアではないのですが、
なんとなく今までのOO7のジェームズ・ボンドとは違う感じのダニエル・クレイグに惹かれて
借りちゃいましたheart04

私的には…
いい!heartとてもいい!heartheart大変いい!heartheartheart
三ツ星ならぬ三つheart
ということで最新作の<慰めの報酬>も借りてきまーすlovely

凝り性ですから♪

あ、

試作もまだまだ続きまーす。
何人かの生徒さんにはご試食頂き、貴重なご意見ありがとうございました!
またまたご試食ご協力お願いいたします。

merciheart04

| コメント(0)

2009年5月12日 (火)

DVD<ブーリン家の姉妹>を見て

最近少しずつ、見たかった映画をDVDで見てます~movie

昨日夜中見たのが<ブーリン家の姉妹>見た人いますか?

16世紀のイギリスのお話。ヘンリー8世crownの2番目の王妃になるアン・ブーリンと、

妹のメアリー・ブーリンが主人公virgovirgo

~ネタバレ若干あるかも、ここから要注意ですdanger

要は出世のために自分の娘たちを王様に気に入らせて、すでにいる王妃様には

男の子がいないから、娘(どっちでも良かったのよね、アンでもメアリーでも)に

世継ぎを生ませて出世しようちゅう、歴史上ありがちなお話がベース。

アンは賢く活発的な女性、向上心も高いupwardright、貴族と結婚する気満々coldsweats02

メアリーは穏やかな女性、「自分だけをずーっと愛してくれる人と一緒になりたい」と

商人と幸せな結婚をしたはずだったのだが…shockshockshockshockshock

運命はそんな二人をとんでも無い方向へと連れて行くのです。

最初この映画のポスターを町で見たとき、

<スカーレット・ヨハンソンkissmark<ナタリー・ポートマンtulipと出ていた。

「ふーん、アン役がヨハンソンで、メアリーがポートマンかflair

しかし、ポスターに近づいてよく見ると~

「あれ?あれ、あれ、あれ???違うんじゃないの~、逆だわsign01

私の勝手なイメージでは、ヨハンソンの方がはっきりした女性を演じそうな気がして

とても以外な配役だと思った。

ですが、思ったのは私の間違え~

二人は完全に役にはまりまくってました、凄かったsign03

歴史もので、少々難しいかなと思って見始めましたが、昔の女性の悲しさとか、

強さとか、そういった内面的なところも感じられる映画でした。

しかしヘンリー8世、

あなたって人は…何も姉妹virgovirgoに手を出すなよ~angry

| コメント(0)