食べる事

2014年6月 3日 (火)

洋菓子教室メ・ザンファン・カプリシューのレッスン<シュー生地番外編は私のお腹に>

本編書かずに番外編書くのもどうかと思ったのですがwww
(本編用の写真撮り忘れたのです(*_ _)人ゴメンナサイ)
今月の初級者クラスはシュー生地&カスタードクリーム。
それでクリームを詰めずに余ったシューがいくつかありまして。
夕食何食べようかと冷蔵庫や冷凍庫を見たら、
ナス、
ひき肉、
チーズ、
卵、
トマト。
とりあえずナスとひき肉を炒めて、
そのまま食べようかと思っていたのですが、
「おお、シュー皮あるじゃんシュー♪」
シューの頭をカットして、
中にチーズ入れて、
炒めたナスひき肉入れて、
チーズのせてオーブンへゴー!

美味しく頂きました~
冷蔵庫、
もうお菓子の材料しかない…
賄いの買い物しなくては!!!

| コメント(0)

2012年12月27日 (木)

私の料理の先生たちは全国に!

新しいキッシュを作ろうと思う時は、
自分が今まで食べたことのあるものや、
本などを参考にします。
でも一番良いネタをくれるのが、
全国で活躍している辻の卒業生シェフ達なんです。
困った時に
「なにか美味しい組み合わせないかな~?」
と聞けば沢山の答えを私にくれます。
今回は大阪のビストロ・カメキチの亀井シェフに相談。
亀井シェフの提案してくれたいくつかの素材の中で
<ホタテ貝&ポロネギ>に興味をひかれました。
素材をこうやって仕込んだらよいですよ~とか、
本当に詳しく教えてくれて。
本当に素敵な先生です(o^-^o)
無事<ホタテ貝とポロネギのキッシュ>完成\(^o^)/

Photo
作っている最中からフランスの香りがしてきました♪
亀井シェフに感謝o(*^▽^*)o

| コメント(0)

2012年11月26日 (月)

今の私に必要なもの

少しの美味しいチーズと、
少しの美味しいドライイチジクと、
本当に少しの赤ワイン(洋梨煮るものですけど何か?)

Photo
最高ヽ(´▽`)/
チーズは常連のお客さまSさんからの差し入れ(o^-^o)
差し入れで生きてますね、私( ̄◆ ̄;)
イチジクもO社長からのプレゼント o(_ _)oペコッ
「少しはこれで元気になってね~」と、
寒い中わざわざ届けに来てくれたSさん、
美味しすぎます!!!
朝まで起きないように、
胃にさし障りない程度の微量の(←強調!!!)ワイン
フランス気分に浸りながら、
楽しい夢を見たいものです。
まあ決まってこういう時の夢は
ベタベタ日本風なんだけどね(-゛-メ)

| コメント(0)

2012年9月13日 (木)

小西シェフの結婚式<カシーナ・カナミッラ>にて

先週の日曜日、
「美味しい~」しか書かず(笑)
中目黒のイタリアンレストラン
<カシーナ・カナミッラ>のシェフ小西さんの結婚パーティーに
ご招待いただき行ってきました!
お花を持っていこうと思ったのですが
お嫁さんにお会いしたことが無かったので、
イメージがわからなかったのですが、
お花屋さんで見てほぼ自分の欲しい組み合わせに(笑)

Photo_2
白と濃いめのピンクのバラ&カラー
こういう組み合わせ、大好き♪
中目黒、
降りたことないんですよね(失笑)
時間もギリギリだったので出席される眞貝シェフに電話。
「駅まで来てくださーい」
ヒカリエのレストランのお仕事になられてから、
先日あった時はちょっとやつれた感あったけど…
サイズ戻った?!( ̄▽ ̄)
レストランへ到着。
イタリア料理のシェフの方々、
そして小西シェフとお嫁さんのサーフィン仲間の方々、
アットホームな感じでパーティーが始まりました。
小西シェフ、
ウェディングケーキ作ったんですよ♪(/ー\*)

Photo_3

お二人の出会いのきっかけ、
サーフボードがのってる可愛らしいケーキです。
そこですかさず私が、
「70点かな…」
なんて眞貝シェフにささやいたのを、
司会の人が聞き逃さなかったΣ( ̄ロ ̄lll)
(地獄耳だね、司会の彼女…)
「えー、小西シェフのケーキにパティシエールの方から点数頂きました!でも私からは言えません…」
言わんでよろしい!(笑)
技術面70点+愛情点加点して120点のウェディングケーキでしたよ♪
各テーブルそれぞれ盛り上がりを見せながらお食事タイム。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

美味しく頂きました~
最後は小西シェフのケーキ
しかし…
私のテーブル、
眞貝シェフと業者の方2名と私でしたが、
飲みまくってました。
あ、
私以外の3名ですよ(笑)
発言も危険過ぎました( ̄◆ ̄;)
でも楽しかったです( ̄ー ̄)ニヤリ

Rimg1574

Rimg1562

素敵なパーティーにお招きいただき、
本当にありがとうございました。
ちゃんとお二人の宣誓聞きましたからね♪
忘れちゃ駄目よ(*^-^)

| コメント(0)

2012年9月13日 (木)

私にとってはレッドライン越えてますけど

日にち跨いでなので昨日ですが、
某パティスリーのマダムとお食事に。
書きたいこと一杯あるのですが。。。
ビール2杯で私は………(ノ _ _)ノ
明日の事を考えて寝ます、っていうか起きれるのかな…。
一層徹夜した方が良いんでは(ノ_-。)
ご一緒の方は10杯飲んでました、
オーダーストップかからなかったら( ̄◆ ̄;)
一般の方ですとこういう場合
<ザル>と言いますが、
製菓業界は
<セルクル>と言います。
セルクルとはムースを組み立てるのに使う<枠>です。
ザルより引っかかりがございません…
そして彼女は私を駅まで送って、
ひとり2軒目へ向かいましたとさ、
めでたしめでたし←そんなことない!
私も少しは強くなりたいな…m(. ̄  ̄.)m
とりあえず今日メインで食べたのはこちら!

Photo

泡でなにか見えてない…
又明日(*_ _)人

| コメント(0)

2012年8月 3日 (金)

だんごなう

差し入れいただきました!
夕食です(* ̄ー ̄*)
間違えました、
デザートです( ̄▽ ̄)

Photo
みたらし、
飲めるほど入ってますo(*^▽^*)o

| コメント(0)

2012年7月31日 (火)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その4広島編<4>最終話

最終日、
ゆきちゃんの車に乗って私たちはまず須波海岸へ。
海岸沿いにあるレストラン、
以前ゆきちゃんが行ったことがあるらしく
そちらでランチをしに。
「ここだよ~」
海沿いのレストラン、
また名前忘れた…。
ランチは1000円ちょっとで食べられるので
結構混んでいましたが、
ぎりぎり席は空いてました。
Photo
お魚料理、今日は洋風。
デザートも美味しく頂き大満足。
「少し散歩しようか~」
海沿いの公園やら砂浜を、
子供の如く走り回ってきました。
「都香咲ちゃん、よくそんな細い壁の上をそんなスピードで歩けるな~」
意外とね、
バランスは良いらしいのよ私( ̄ー ̄)ニヤリ
子供の頃から高い場所が好きで、
怖いもの知らずだったから♪
誰ですか!?今の方が怖いもの知らずって言ってるのは!(-゛-メ)

Photo_2
こういう岩の上もね、
全然OKなわけでして~
完全に日焼けしてるわ、まあいいや。
「よーし、ここから尾道に行くよ♪」
ドラマで見た、
あの街ですな~
そして、
この旅最後の崖っぷち、
千光寺へ。
かなり街の上の方にあるらしく、
ロープウェーとかって…Σ( ̄ロ ̄lll)
「もう、本当、登るのは無理(。>0<。)」
ゆきちゃん、車でお寺の所まで。
「あー、よかった♪」
それは甘い考えだったことに気がつくのは数分後。
駐車場に降りて、お寺さんの方へ。
矢印が、
うん?
えーと、
階段?
坂道?
まだ登るんかい!?(ノ_-。)
ここまで来たら行くしかなく、
本尊のあるところまで登る。
「凄い見晴らしだね~♪」
海も山もよーく見えます。
今回は沢山の自然を見ることが出来ました。
これもゆきちゃんのお陰です、メルシー♪
そしてそこから街の方へもどり
ゆきちゃんの知り合いの女性がやっているお菓子屋さんへ。
そこで出会ったのがこちら!

120615_152527
わらび餅とほうじ茶のアイスクリームのパフェです。
これを頂いて、
「そうか~、ほうじ茶ってアイスにしても美味しいんだ~」
と。
後日お店ですぐにほうじ茶アイスの試作に突入。
最近完成してお出ししてますけど~
とても勉強になりました、満足満足♪
楽しい時間はあっという間に過ぎ
流石にそろそろ東京へ戻らなくては。
「今度はいつ会えるかね~」
福山の駅に。
「もうここで大丈夫だよ!」
ゆきちゃんも戻って翌日のウェディングケーキの仕込みがあるはず。
それに…
ホームまでとか見送られると泣きそうだし。
「じゃあな、又会おうね」
「うん、本当にありがとうね。お父さんによろしくね!」
長い長い、
あっという間の休暇はこうして幕を閉じました。
本当はもっと沢山の人に会いに行きたかったのですが。
金田一さんにも(笑)
いつかまた、
来られる日が来ることを願いつつ。
そして、
今度来る時はあまり崖を登ることがないように(失笑)
L'histoire de mon voyage termine dans ceci.
Merci pour vous avoir lu depuis longtemps.
Quelque autre temps!

| コメント(0)

2012年7月29日 (日)

久しぶりのお菓子屋さん巡り♪は結構な距離でした…その②

木曜日の食べ歩きの続きです。
石神井公園から吉祥寺に戻り、
お昼御飯も食べていなかったので(5:00PM…)
簡単に食事をし、
中央線に乗って昭島まで。
昭島か…
行ったことないΣ( ̄ロ ̄lll)
高校の時に好きだった先輩が住んでたっけ(/ー\*)
それはどうでも良くて…
立川駅越えて青梅線へ。
数駅行くと昭島です。
「どっちだっけな~?」
ここで私はこの日の最大の失敗を犯します。
北口南口を間違えました(ノ_-。)
そのためすっごい距離を歩くことに。
「なんか…絶対…違う気がする。」
まったくお店のない道、
これはと思い高橋シェフのお店に電話すると
「北口と南口が違ってます~」
きっと書いてる眉毛も流れ落ちてるんじゃないかと思うくらい
汗が…。
でもここまで来て帰るわけには!
再度駅まで戻り正しい道へ。
でも不安、だって方向音痴ですから~
「えーと、番地はあってるから…。あった!」
無事到着~
想像していたより大きいお店で、
とても可愛い♪
奥の厨房が見えます。
高橋シェフ発見( ̄ー ̄)ニヤリ
むこうも私に気がつきました。
「えーーーーー、先生、マジで勘弁してください!」
そうね~、予告なしで一応先輩の私に来られるのはね(失笑)
高橋シェフとは彼が学生の頃から、
私は辻の職員になりたてでなんも出来ないアシスタントでしたけど、
いつの間にか一緒に辻で働き、
そして今はお互いにお店を持っているわけでして。
色々なお話をしました、
それはお店を経営することの大変さや、
でもそこから得ることのできる喜びとか。
スタッフの子たちも、
高橋シェフに負けず元気一杯で。
「先生、かき氷食べますか?」
「食べる!!!!!」
高橋シェフ自らかき氷マシーンを回してくれて、
3種類の手作りシロップをかけたフランス風かき氷、
頭がキーーーーンとなりながらも、
本当に美味しくてぺろっと食べちゃいました!
かき氷の写真、撮る前に…胃の中です。
催事中の時間のない中でしたが、
やっぱり来て良かった。
昔の私だったら1日寝て終わっていただろうな…
寝る人でしたから(笑)
「じゃあまたね!」

Image

帰り道はわかってるからちょっと近く感じるかと思いきや、
足の方が死んでいて…。
ようやく昭島駅に到着。
「さて、吉祥寺へもどるか~」
いつもだったら戻ってから店に行くのですが、
さすがにこの日は…
「家に辿り着けるのかな…」
到着した時はグッタリ。
「お父さん、お土産、ケーキ食べる?」
「勿論」
「あの…一口ずつ食べたいんだけど~」
子供の頃からこんな感じです、
食べ歩いて持って帰ってお菓子、
一口は食べないとね♪
父のケーキ好きのお陰ですから、
今の私があるのは。

| コメント(0)

2012年7月28日 (土)

久しぶりのお菓子屋さん巡り♪は結構な距離でした…その①

一昨日は汗をかかない私ですら、
足に汗流れてました、暑かったですね…
朝はバームクーヘン気分で検査(謎)
ついでにドラキュラ様にも血抜かれた( ̄◆ ̄;)
結構疲れましたがどうしても行きたい場所が。
先日オープンお手伝いに行った時、
ご一緒した石神井公園にある
パティスリー・アブルームのシェフ&マダムの朝倉夫妻が
先日シェ・トラまで来て下さったんです。
「行きますね~」と言われていたのですが、
本当にすぐにお越しいただき、
私も是非行きたいな~と思っていたので。
そして私の元同僚でもある高橋シェフのお店、
昭島にあるパティスリー・ブリーズ。
ことらへも行こうと思いながら中々行けず、
でも、
どうしても直接高橋シェフとお話ししたいことがあり、
「よし!今日は絶対行く!」
さらにもう1軒、
卒業生でもある猿舘シェフのお店
三鷹のマ・プリエールにも行こうとしたのですが、
タイムアウトで伺えませんでした…無念じゃ~
まずアブルームへ。
吉祥寺から石神井公園駅行きのバスが出てまして、
それに乗って。
初めて行ったかも、石神井。
ネットで地図調べて行ってみたものの、
私、
とても、
方向音痴なものでして…( ̄◆ ̄;)
駅前の交番ですぐに聞いちゃいました(笑)
駅前、大がかりな工事してまして、
若干地図と違っているらしい、
やっぱり交番に行って良かった!
それらしきお店を発見。
お花がモチーフになったロゴマーク、
可愛い~♪
お店はとても明るく、
そとから厨房丸見えなんです~
私には無理だな…(^-^;
お店に入ると売り子の若いスタッフの人が。
そしてすぐにシェフ&マダムが出迎えてくださいました。
「こんにちは~、来ちゃいました!」
マダムは私より少し年下ですが、
とてもサバサバしていて初対面から意気投合!
シェフもとても勉強熱心な方で、
お陰で私も良い刺激を頂いております。
中島シェフのお店にヘルプに来ていた
厨房の男の子もいました。
お店の中を色々説明していただき、
「なるほど~、こうすると良いな~」
お互いが相手に対して何か与えられればって思うのですかね。
同じ業界だから行ってしまえばライバルでもあるのですが、
どちらかと言うとお互いが高めあってよりレベルアップしようとって感じかな。
勿論そうはいかない相手もいますけどね(失笑)
シェフと色々お話しさせていただき、
その後マダムとスタッフルームでケーキを頂きながら
「そうよね~」
「ですよね~」
とお互いの想いの内を吐きまくってきました( ̄ー ̄)ニヤリ
そしてとても素敵な企みも、ね♪

120726_144250

多分気にしなければ何時間でもしゃべっていられそうでしたが、
あまりお邪魔しても…。
「また近々!」
アブルームを出発し一度吉祥寺へ。
そして中央線に乗り高橋シェフのお店
パティスリー・ブリーズへ!
(続く)

| コメント(0)

2012年7月24日 (火)

贈り物な一日。花も団子も頂いちゃった!

今日は朝からものっ凄い嫌な夢で目が覚めた。
出演がEXILE(笑)←何でやねん!?
残念ながら私はEXILEのファンではありません、
なのにあんな大勢で夢に出てくるなんて(-゛-メ)
内容はもう忘れてしまったのですが、
所謂「うわーーー!」っと起き上がるような夢でした。
やや寝坊していて、
むしろそっちに焦りました( ̄◆ ̄;)
あと1週間、
寝坊はしませんよ~
で、
そんな私に神様からのプレゼントが♪
お花屋さんへ行くと大好きなカラー、
そしてそのカラーに合わせたくなるようなスプレーバラが。
これだけでかなり上機嫌だったのですが、
ふと足元を見ると
「凄い~、立派なユリですね、満開だ~♪」
大きなお姉さんが
「これ要りませんか?」
「え、なんで?」
「もう完全に咲いてしまっているので商品には出来ないんです、可哀そうだけど…」
そうですよね、
確かにね~、
今が満開状態過ぎて、
もって2日かな?
「私が持って行かないとどうなります?」
「可哀そうだけど…(TOT)さよならです」
それは無理!ほっておけない!
っていうか凄い荷物ですよ、私。
で頂いたのがこちら♪

120724_111051
咲き誇ってます~
そして買ってきたカラー&スプレーバラはこちら

Photo
サーモンピンクのカラー、
ピンク色のスプレーバラ、
大きいお姉さんも
「好きだわ、この組み合わせ♪」
大人可愛い感じで。
暑いから長くはもたないですが…
お水を頻繁に変えて、
なるべく長生きさせないとね。
そんな素敵なお花を頂いて上機嫌の私に、
今度はお店の斜め前にありますお蕎麦屋さんの
<よしむら>さんのオーナーから
とうもろこしの差し入れがo(*^▽^*)o
しかも調理済み、イェーイ!
5時のおやつになったのは当然のことです、うふ♪
写真はありません、
お腹の中です、もう(笑)

| コメント(0)

2012年7月18日 (水)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<9>

牛窓から福山に向かう途中、
ゆきちゃんから
「なあ、お菓子屋さん行ってみる?岡山ではかなり気にいってるお菓子屋さんなんだけど」
行きますともーo(*^▽^*)o
ゆきちゃんが向かったのは総社にある
パティスリー・シエル・ブルー
ここで余談ですが←これが長いんだよね…
この総社駅も出てきました、
横溝正史原作、
市川崑監督作品
<悪魔の手毬唄>に( ̄▽ ̄)
映画の最後のシーンで、
金田一さん役の石坂浩二さんが
磯川警部役の若山富三郎さんと別れるシーン。
汽車に乗った石坂さんが若山さんに向かって
「磯川さんは・・・(犯人を)愛していたんですね」
その声は汽笛に邪魔をされて聞こえないという所で終わるのですが。
嘘か本当か、
総社駅のそうじゃ(YES)に引っかけた演出だったらしい(^-^;
なので若山さんの返事が「はい」っていうことだった!?
本当ですか、市川監督!
そんなシーンのあった総社の駅、
勿論映画の時の面影は全くありませんでしたけど、
何となく来れて嬉しかった(笑)
やっぱり余談が長くなってしまった( ̄◆ ̄;)
シエルブルーに話し戻します。
外観からして東京のお菓子屋さんか!と思うくらい、
素敵なお店でびっくり。
中に入っても美しいお菓子が沢山並んでいました。
「食べていこうか!」
待ってました~、ゆきちゃんのその言葉を♪

Photo
夕食前でしたのでとりあえず(笑)3個。
美味しく頂かせていただきました。
久しぶりに人のお店でケーキ食べたかも。
中々食べ歩き行く時間もなくて、
まさか岡山でこんな素敵なお店に出会えるとは。
こうしてお腹も7分目くらいになったところで、
再び車で移動です。
金田一さん、
磯川警部、
また会える日を楽しみに(TOT)~~~
A bientot!
私は車の中で半分寝てました、ゆきちゃんごめんよ~
山を見ながら暮れる太陽、
いよいよ広島県へ。
(続く)

| コメント(0)

2012年7月16日 (月)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<8>

(すみません、中々旅行話が進まなくて…絶対催事中に書き終えますから~)
ゆきちゃんの車で私たちは一路牛窓へ向かいました。
日本のエーゲ海と称されているらしい。
「エーゲ海は残念ながら行ったことないんだけど…」
でもきっと海がきれいなんだろうなと想像しながら、
ゆきちゃんの怪しい(笑)カーナビに先導されること1時間ちょっとで到着。
「うわー、確かにエーゲ海っぽい←私の頭の中のイメージですよ(笑)」

Photo
ちょっとヨーロピアンな感じ、
バックがですけど( ̄ー ̄)ニヤリ
って言うか夏でしょ、この暑さは(ちなみに6月16日でしたけど…)
ゆきちゃんと海に行ったのは学生の時にニースに行った時でした。
あの旅行も凄かったな、ある意味…
まあその話は又別の機会に(笑)
海辺のホテルのカフェでお茶して、
そして…
崖っぷち旅行第二の崖へ。
オリーブ園に行くことに。
車でかなり上まで上がった。
駐車場に車を置いてからも、
「うっ、まだ上かい!?( ̄◆ ̄;)」
登る旅行だったようで…、今回は。
(そんなテーマがあるんだったら先に教えておいてよ!←誰に向かって言ってるやら)
ぶつぶつ言いながらもオリーブの木を見ながら上に。
「すごーーーい、海が、島が見えるよ!!!」
その風景は登った疲れを忘れさせる、
美しい姿でした。
穏やかな海に浮かぶ、
いくつもの島々。
初めて瀬戸内海を見たんじゃないかな、私。
「きれいやろ~」
ゆきちゃん、私をどこに連れて行こうか色々考えてくれたんだね。
仕事で忙しい毎日のはずなのにね、
ありがとうね。

Photo_2
まあ登ったってことは、
降りなくっては行けなくて(ノ_-。)
降りるのもかなりきついんですよね、どちらかと言えば。
ハードすぎるよ、この旅は(笑)
牛窓を堪能して、
いよいよ私たちはゆきちゃんのお家&お店のある、
広島県福山へ向かいます。
あ、
でも途中寄り道するのでもう少し岡山続きます。
(続く)

| コメント(0)

2012年7月 8日 (日)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<7>

倉敷のホテルまで向かいに来てくれたゆきちゃん、
「ごめんな~、待たせちゃったね」
いえいえ、わざわざ迎えに来てくれたんですもの♪
2年ぶり、
前回は私が大阪出張の時に
彼女が大阪まで来てくれて一緒に<カメキチ>に行ったり、
買い物しに行ったり、
普段出来ない事をしたんだっけ。
今回の旅行の大きな目的の一つが
広島県・福山にありますゆきちゃんのお店に行くことでした。
オープンする時にお手伝いに行けたら良かったのですが
私も教室を始める準備中だったので行けず、
その後も大阪までは仕事で行くものの
中々その先まで行くことが出来なくて…
いつかは行けるだろうと思っていたのかも.。
でもそれじゃ駄目だな、
行きたいなら行けるようにしなくっちゃと。
大きいな、地震の影響が。
もう2度と来ないでと思ってる大地震、
それこそ誰にもわからない、
いつどこで起きるかなんて。
それはもう神様の掌の上に。
だったらやりたいことをやろう、
思ってることを実行に移そう、
使える時間を使い尽くそうって。
お待たせしてしまったね、ゆきちゃん。
車に乗り込み私たちはまず弾丸トークショーヽ(´▽`)/
2年ぶりですからね~、話す話す(笑)
で、車が向かっているのは<コンベックス岡山>
色々な催し物をする大きなイベントスペース。
その日は製菓製パン関連の材料や包材、
機械などを扱っている(株)ヒラタのフードフェアーが行われてまして。
たまたま私もゆきちゃんもヒラタさんにお世話になっているんです。
「じゃあ一緒に行こうか~」
と言うわけで少しは仕事しに(笑)、ね。
天気良過ぎで夏のようです~

Photo
ガラス張りの大きな建物でビックリ。
ゆきちゃんがなんだか気合入れてる。
(何か機械とか買うのかな???)
「さー、今日も一杯試食しようね♪」
( ̄◆ ̄;)ゆ、ゆきちゃん…
もー、学生の時から変わらないな~
お菓子と言うか甘いもの大好きなんだよね♪
最初出会った頃は一見クールな感じがしていたんだけど、
一緒にいる時間が増えてくると
「あ、第一印象と違ってた…(笑)」
甘いものには目がない人でした。
と言うわけでここから私も試食に付き合わされることに。
受付をして入場すると沢山の製菓材料メーカーのブースが。
機械も相当な業者さんが出展していて、
見たことない機械の興味深々、
なのは私だけか…(ノ_-。)
ゆきちゃん、
「はい、都香咲ちゃん♪」
ちゃんと私の分までもって来てくれるんです(失笑)
でもね、
結構ね、
お腹いっぱい!
「ゆ、ゆきちゃん、私はもう大丈夫だから…」
しばらくこのやり取りが続きます。
いつもお世話になっている業者の皆様にもお会いできて、
なんだか不思議な空間でした。
「そろそろ行こうか?」
満喫したみたいです、良かった~!
ゆきちゃん運転の車は一路牛窓へ向かって。
久しぶりに海が見れる♪
龍之介の父ならここで
「海が好き~~~!」と叫ぶだろうが。
私はちょっぴり眠たくなってくるのでしたzz
(続く)

| コメント(0)

2012年7月 6日 (金)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<6>

マッサージチェアーのおかげで、
危なく温泉に入りそこなうところでした( ̄◆ ̄;)
11時過ぎ、
良い子は寝る時間ですよ~♪
最上階まで上がると温泉が。
最初こそ2~3人いらっしゃいましたけど、
あれ?気がついたら貸し切りじゃないですか♪
取りあえず1時で閉まってしまうサウナに。
あまり普段汗かかない人なので、
こういう時を利用しない手はありません。
「熱いな~」
一人だから倒れたら大変!
っていうか恥ずかしいし…(/ー\*)
倒れない程度で満喫させていただきました。
そして露天風呂へ。
「うわー、お星様が一杯だよ~」
東京だとあまり見れない星が、
頭の上にキラキラ。
「絶対流れるね~、間違いない!」
流れ星を見ようと湯船に浸かりながら首だけ真上を見て。
「うーん、意外と見えないな…」
流石に熱くなってきました。
でもまだまだ~←この辺り、体育会系です(笑)
待つこと10分、
いや20分くらいでしょうか。
「きたー!」
流れ星一つ頂きました( ̄ー ̄)ニヤリ
願い事
Quel est mon souhait?
C'est vraiment difficile  de l'accorder.
Mon souhait,c'est...
しかし、
少々気分が悪い(ノ_-。)
あんな体勢で20分も浸かってたら、
のぼせるっちゅうの!
ひっくり返らないように湯船からでて、
近くの椅子に腰かける。
それはそれで
「極楽極楽~」←懲りない人だな…
しばらく涼んで気分回復。
と言うわけでもう一度温泉へ!
普段ゆっくり入れないからここぞとばかりに満喫です。
「う~ん、シロップの中に浮かんでるサバランの気分だわ、は~」
どんな気分かはパティシエの人しかわかりませんね(失笑)
こんな感じです。

Photo
しかもシロップ吸うと…

Photo_2

でっかくなります(。>0<。)
温泉から出てこんな膨れてたらショックですね…。
(まさかこの画像がこんなところで出てくるなんて♪)
サヴァランにならないうちにお風呂から上がりました。
「いやー、最高だったな~。朝も入っちゃおうかな~」
上機嫌で部屋に戻り、
三度マッサージチェアーへ、使いすぎですね(^-^;
そしてあろうことかそのまま眠ってしまったんですよ(tot)
せっかくふっかふかのベッドに寝れば良いものを、
私ったら…馬鹿すぎる。
気がついたのが朝の4時過ぎ。
「うわーーー、やってしまった!あとちょっとしか寝れないじゃない(ρ_;)」
でも寝ました、ベッドで。
もうすぐフランス校の同級生、
広島県福山でパティスリーを経営しているゆきちゃんに会えるんだな~と
夢と現実がごっちゃになった感じで。
あわただしく朝はやってきました、予想通り。
朝食食べて、
ゆきちゃんのお迎えをフロントで待ってました。
「・・・来ないな~」
予定時間になっても連絡なくて。
でもきっと車だから混んでるんだろう。
ゆきちゃん、
まさか寝坊してないだろうね…。
フランス校在学中の強烈な想い出は、
みんなでスキーに行くのに集合時間になっても
ゆきちゃんがバスにいません。
いや、
ゆきちゃんの部屋のメンバー3人全員いない( ̄Д ̄;;
「私見てきます!」
ゆきちゃんの部屋へ行くと暗い。
「まさか…」
トントン、ノックする。
部屋の中から
「やだー、まずいよー!もうこんな時間だよ!!!」
3人の悲鳴に近い声が。
やってしまったね…
そんな想い出が頭をよぎりましたが、
しばらくして電話が。
やっぱり道が混んでいたみたい、良かった~(失笑)
車を止めてるところまで走っていくのでした。
(続く)

| コメント(0)

2012年7月 5日 (木)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<5>

倉敷、
美観地区のそばにあるホテルに到着。
もう足がパンパンで部屋に入った途端に
靴脱いでベッドに倒れ込みました~
そしてふと横を見ると
「きゃー(。>0<。)立派なマッサージチェアーがあるじゃないの♪」
足裏までもマッサージしてくれちゃう、
マッサージチェアーが全室にある模様♪
これを
使わない手はありません( ̄ー ̄)ニヤリ
早速至福の瞬間を味あわせて頂きました。
あまりの気持ち良さに外出するのが億劫になりそう。
「いかんいかん!もうそろそろ出ないと、真っ暗になっちゃうよ~」
夕方6時過ぎてましたので、
美観地区のお店は殆どしまってましたが、
夕暮れ時のその景観は
ぼーっと歩きながら見ているだけも、
何かこう心に優しい。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4
Photo_5

Photo_6

(グググ…)
どんなに美しいものを見て満たされていても、
お腹はすくらしい(失笑)
「どこかないかな~、美味しそうなお店は…」
と地図も何も見ずに歩いていると、
何やら見た事がある景色が。
「ここは…」
高校生の修学旅行で宿泊したアイビースクエアーでした。

Photo_8
24年ぶりの再来、
「また来ましたよ♪」
あの頃は友達と一緒に騒げることが
何よりも楽しくて、
正直場所はどこでも良かったのかもしれません。
みんなと一緒に旅行できることが嬉しかった。
でも
改めて来てみて、
倉敷の良さを感じました。
「今度はもう少しゆっくりと来よう」
アイビースクエアー入口に戻ろうとしたら、
「にゃん子ちゃんだ~」

Photo_9
ここの主かしら?(笑)
「こんばんは~」
可愛いな(o^-^o)
猫に夢中になっていると
大分日が落ちてきました。
本当にお腹もすいてきました…
「じゃあね、にゃん子ちゃん、いつかまた」
連日のフレンチ、
今日はやっぱりお魚の気分。
ホテルのすぐそばにあった和食のお店へ。
一人でこういうところに入ったことがないけど…
お腹すいてるから、ね。
瀬戸内海で水揚げされたお魚類が沢山あって、
どうやら私の選択は大正解!
最後に頼んだ太巻きが
本当に…大きいΣ( ̄ロ ̄lll)
Photo_10
直径12cmはありました…。
満腹になってホテルに戻り、
マッサージチェアーで満たされるとzzz。
ふと気がつくと夜も11時過ぎ!
「ノーーー!温泉行かなくっちゃ!」
慌てて最上階の温泉へ行くのでした。
(続く)

| コメント(0)

2012年7月 4日 (水)

只今帰還しました!

7月2日にふじみ野にオープンしました、
パティスリー<ドゥ・スイーツ>のオープンヘルプから
只今無事にシェ・トラに帰還いたしました!
今日がオープン記念イベントの最終日でしたので、
11時オープンの前には行列が~
私は接客のヘルプに。
今日は厨房沢山ヘルプの人居ましたけど、
明日からは…大丈夫なのかしら( ̄◆ ̄;)
心配だけど、人の心配してる場合じゃないって私(ノ_-。)
今朝も母から
「今日は店で仕事してるの?」
と聞かれ、
「いや、今日は埼玉まで教え子のオープンのヘルプに行って来る~」
と言ったら「・・・。」絶句された。
まあね~、
呆れるわよね~、
でも仕方ないのよね~、
だって大事な教え子たちが
一生のうちに1回出来るかどうかわからない、
お店を開くっていうのだから。
手伝いに行かないわけにはいかないのじゃ~(笑)
っていうわけで、
お店の写真撮ってきました!
オレンジがイメージカラーの
可愛らしいけれど、
甘すぎない、
素敵なお店です(o^-^o)

120704_152350

120704_131453

例の看板です、フランス語…。
ご協力を頂きましたY先生、
Merci beaucoup!

120704_152452

今日まででしたが、
アニヴァーサリーセットと言うことで5種類のケーキが
詰め合わせに♪

120704_103244

シェフの中島達也さんと、
記念すべき看板前で( ̄ー ̄)ニヤリ

Photo

フランス校、卒業以来ですね。
あ、
チャイナドレスで一緒に写ってる写真があるんですが。
中島シェフがチャイナで私が白衣のΣ( ̄ロ ̄lll)
とても色っぽかったよ((失笑)
そんな若いやんちゃだった頃もありましたね~
おめでとう、
そして頑張って!
私も教え子たちに駄目だしされないよう、
頑張らなくっちゃ。

| コメント(0)

2012年7月 3日 (火)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<4>

井倉駅から乗った列車は、
一路本日の宿泊地であります倉敷駅まで。
「お客さん3人しか乗ってないけどzzzzzzz」
崖を登り疲れたようで(失笑)
すぐに爆睡モード。
(ガタンゴト~ン)
心地よく揺れる電車は、
右手に山を眺めながら進んでましたけど
すぐに寝ちゃいましたから( ̄ー ̄)ニヤリ
でも、
意外とすぐに起きることに。
どこかの駅で大量の学生(高校生)が乗車。
気がつけば車内満席でござます。
スカートの短さは東京並みの子もいましたが、
なんとなく大人しそうと言うか、
擦れてなさそうと言うか。
あ、
別に東京の高校生が擦れてるってわけじゃないですよ(冷や汗)
ほら~、
のどかな感じがするんですよ、
何となくね。
そう言うわけで倉敷に着くまでは学生のお喋りが
耳に入ってきて眠れませんでした(ノ_-。)
でも景色が良いから♪
満奇洞の事を思い出しながら、
八つ墓村の映画を回想(笑)
本当は、
もう1箇所行きたいところがあったんです。
倉敷市内にある横溝正史の疎開邸。
その周辺にあるミステリーロードへ。
金田一さんに会いに。
会いたかったな~
でももう時間が遅すぎて…(´;ω;`)ウウ・・・
そこへは又今度行きます。
一体いつになることやら。
電車は倉敷駅に到着です。
高校2年生の時に、
修学旅行で倉敷に来ました。
それ以来ですので…
Il y a longtemps!
ホテルは検索していて
天然温泉付きと言う一言に惹かれて選んだ所で、
駅から歩いて7~8分の
美観地区のすぐそばです。
思いの外遠く感じたのは
やっぱり崖の影響か!Σ( ̄ロ ̄lll)
足が棒~
でも大丈夫♪
温泉、温泉♪
(続く)

| コメント(0)

2012年6月29日 (金)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<4>

満奇洞を満喫し、
一路井倉駅行きのバス停へ。
これに乗らないと…
私行方不明だわΣ( ̄ロ ̄lll)
なんで下り坂って辛いんでしょうね?
これは筋肉痛決定~
えーと、休暇ですよね(^-^;
運転手さんの言っていた時間5分前にバス停に到着!
満奇洞のあった場所を見上げる、
「あそこまで上ったか、そりゃ疲れるわ~」
でも心地よい疲れです。
普段の仕事の疲れとは全然違う、
解放された疲れかな。
一人でぼ~っとしていると
(って言うか周りに人影は見えません(-゛-メ)
向こうからバスがやってきました。
私の前で止まりドアが開くと
「あは、やっぱり私一人だわ( ̄▽ ̄)」
ちょっと待てよ。
このシチュエーション、
観光地でバスに乗って、
運転手さんと私だけってどこかで…
わかったー!
以前フランス・ノルマンディーにボゲ先生のところに遊びに行って、
そこから次なる目的地のルーアンへ行く時に乗ったバスだ。
甦るあの恐怖は…
運転手さんが目茶目茶私に話しかけてきて、
勿論運転しながら横向いてですよ( ̄◆ ̄;)
あちらの方スピード出しますので、
もう本当に怖かったから。
そんな懐かしい想い出がややよみがえりつつも、
最初は黙っていた運転手さんが話しかけてきた時から
「うっ、第二のノルマンディーか~」
いやいや、
流石日本です、運転手さん安全運転♪
「満奇洞はどうじゃったかの~?」
「凄い神秘的な場所でした、涼しかったし(笑)」
「良くお客さんに聞かれるけど、地元の人間はそうは行かないからの~」
「ですよね、私が東京タワーやスカイツリーに行かないのと一緒です!」
「スカイツリーな~、死ぬまでに一回行ってみたいの~」
こんな感じで、
運転手さんは真っすぐ前を見ながら。
私が東京でケーキ屋をやっていると話をしたら、
「岡山のフルーツは日本一美味しいからの~」
そしてここからが運転手さんの独壇場。
私にこのフルーツをあーしてこーしてあれにすると
美味しいはずだからと色々アイディアを。
「ちなみに運転手さん、それって作ったことは…」
「ないけど」
ですよね~~~(^-^;
でも本当に熱心に話してくださって、
バスに乗っていた30分もあっという間に過ぎてしまいました。
もうすぐ井倉駅に到着です。
「運転手さん、ありがとうございました」
「気をつけて」
「あ、ケーキ作ったら送りますね~♪」
運転手さん笑ってました。
バス停で私を降ろし、
そのバスは行きに来た道へと戻って行きました。

Photo

さて、
ここから電車が車で30分ほど待たなくては。
もう小説も読み終わっちゃったからな…
Rimg1326
だーれもいない無人駅の
プラットフォームで聞こえる音は、
鳥の鳴き声と風の音だけ。
車の音もしない、
静かな静かな空間。
私は決して東京が嫌いなわけではありません。
何十年と生きてきたこの場所は
日本の中心として頑張ってると思うし。
ただ、
東京だけが日本を動かしてるわけではないく、
日本のありとあらゆる場所の人々の力で
言ってみれば東京も動かしてもらっているのだから。
今年は仕事で福島に行くこともあった。
そして今回の旅で高校生以来の岡山、広島へ。
フランスに旅行に行くのも良いけれど、
やっぱり日本の事をもっと知らないとね。
そんな事を考えてしまいました。
ガタンゴトン~
おっと電車到着です。
ドアもスイッチ押さないと開かないのね(^-^;
パリのメトロもそうでした!
フランス語良くわかっていなかったとき、
危なく乗りそこなうところでした。
今や昔ですね~
電車に乗ると、
うーん、私だけかい!?
いや、二人ほど乗ってます。
山と川を眺めながら、
気がつくと目が閉じているのでしたzzz
(続く)

| コメント(0)

2012年6月28日 (木)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<3>

いよいよ鍾乳洞へ。
心の中で
「誰かいませんかね~?」
とつぶやいちゃったりしましたけど…無人だΣ(|||▽||| )

Photo

4

Photo_2

Photo_3
この辺りの写真から
<八つ墓村>チックに|||(-_-;)|||||

Photo_4|
小梅さん、いませんか~?
いたら怖いし( ̄◆ ̄;)

Rimg1306
自然が作り出した世界は、
美しさと共に怖さもあり。
こういうものを見ると
人間はやはり<生かされてる>なと
思います。
私の後ろから、
数人のグループが入場してきた模様。
何故か嬉しい(笑)
入口のおじさんが言っていた
<天井の低い場所>
これ、
本当に低いです(ノ_-。)
腰痛の人は絶対に行かない方が良いです。
15~20メートルくらい、
凄いかがんで歩かないと通れない場所がありまして…
「つ、辛すぎる…」
かがみながら猛ダッシュしましたよ~
映画<八つ墓村>の中で、
小川真由美さん演じる森美也子が、
萩原健一さん演じる辰弥を鍾乳洞の中追いかけるシーンが
子供心にもトラウマになりそうな
怖さ満点の場面でしたが、
いや~、
この鍾乳洞の中をあんなスピードで追いかけるのは
自殺行為です、滑っちゃうって!
小川さんのメイク、
怖すぎました…
ある意味
あの<八つ墓村>はホラー映画です。
どうやら鍾乳洞を一周した模様。
入口に戻ってきました。
入口のおじさん、
「せっかくだから記念写真写しょーか」
優しいですね、
わざわざ出てきてくれました。
「お願いします!」

Rimg1314
鍾乳洞の地図と共に。
おじさん、ありがとう!
さて、
時間を見ると
「おっとー、あまりゆっくりもしていられないじゃないか!」
バスの発車時刻まで15分くらい。
上がり坂がきつかったっていうことは、
下るのも相当大変なはず…
上から見下ろすバス停は遠い(TOT)
もうちょっと見ていたかったけど、
又来れれば←うーん、それはちょっと難しいかも。
バス停を目指し、
下山し始めました。
空を見上げると大きな鳥が飛んでます。
「空も広いな~」
これだけ広い空なら飛ぶのも気持ち良いだろうね。
私も飛んで下まで降りれたらな…無理。
(続く)

| コメント(0)

2012年6月28日 (木)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<2>

何でこの旅行記の題名が<崖っぷち>なのか、
この後からわかりますよ…
井倉駅にて一人さびしく満奇洞行きのバスを待つと、
一台駅の駐車場にバスが入ってきて運転手さんが出てきました。
「すみませーん、このバスって満奇洞行きでしょうか?」
「いや~、このバスじゃないんですよ。あのポストの横がバス停ですよ~」
危ない危ない!
乗りそこなったらここに来た意味が無くなってしまうじゃないか( ̄Д ̄;;
時刻表の5分前にはそこで待機。
っていうか他に満奇洞行く人いないの…。
再び火曜サスペンス劇場のテーマが(-。-;)
向こうの方からバスが来ました。
<満奇洞行き>って書いてある♪
バスが私の横に停車。
そう言えば乗車賃いくらなのか書いてなかったけど…
バスに乗るとお客様は3名。
明らかに地元の人だし(^-^;
運転手さんに
「満奇洞行きますよね~?」
「行くよ~」
「運賃いくらですか?」
「後でね」
・・・
凄い高かったらどうしよう( ̄◆ ̄;)
ここから30分かかるらしく、
私は仕事で送らなくてはいけない資料を作りながら
ネットに接続しようとしたら
<NO SERVICE>
がーーーーーーん!
そうです、
ここは東京じゃないって私…
しばらく試みたけど結果は変わらず。
「仕方あるまい…許して!」
パソコンをしまって。
しかし凄い山道だ。
そして誰もいないじゃないか!!!
途中見かけたのは3名ほど。
大丈夫なのか、私…
他に乗車していたお客様達が次々下車。
完全に運転手さん&私オンリー。
そしていよいよ満奇洞のバス停へ。
「3時にここに戻ってくるから。遅れたら帰れんから」
絶対来ますから。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
見捨てないでください!!!(笑)
バス停から見える矢印にそって進む。
うーん、一体どこにあるんだ~?
民家の間の道を通る、
坂道、上り坂。
「・・・えっ!?」
なんか山の上の方に<満奇洞>って看板出てますけど…
あそこまで登るんかい!?
しかもバスの時間に遅れては大変。
めっちゃ早足で崖のようなその坂道を登りました。
そうです、この旅行第一番目の<崖>です。
第一ってことは…。
上がり切った時はぜーぜー言ってました、
心臓破りの丘だわ。
そこからさらに進むと券売機が。
「ここまでも無人なのか!?( ̄Д ̄;;」
これは本当に火曜サスペンスでは済まなくなりそう( ̄◆ ̄;)( ̄◆ ̄;)( ̄◆ ̄;)
「取りあえず鍾乳洞に入る前に誰かに連絡しておこう!」
弟にメールしたら
「仕事中にうざい(-_-X)」
と言われそうな気が。
弟の嫁さんへ
「今から小梅&小竹さんに会いに鍾乳洞入ってきます!」と。
鍾乳洞入口の画像を添付して。
これで仮に私が鍾乳洞で池の中に滑って落ちても、
誰か探しに来てくれるかな~と。
心配性なものでして(^-^;
すぐに返信が来て
「Take care!」
本当に気をつけようっと。
券売機で入場券を購入し進路を進むと入口の横に
入場をチェックするおじさんが。
(良かった、これで少なくとも私が鍾乳洞から出てこなかったら探しに来てくれるよ♪」
一人で来た私を不思議そうな顔で見てましたが、
「入場すると凄く天井が低い場所があるので気をつけてくださいね~」
はい、気をつけます!
ついに満奇洞内へ。
500万年の月日が作り上げた神秘の世界の入口へと
足を踏み入れるのでした。
(続く)

| コメント(0)

2012年6月27日 (水)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その③岡山編<1>

前日のビストロポタジェの夕食&少々のアルコールが効いて、
ネットで翌日の予定を検索したまま爆睡zzz
幸か不幸かいつも起きる5時には目が覚め、
「うわーーー、もう朝じゃないですか!まずいまずい、準備準備!」
とは言え、
頭も体もだるくて(笑)
超スローペース(^-^;
「まあいいや、今日は完全に一人だし、好きに動こう~♪」
そう、
今日は完全に完全にフリーな一日でありまして、
目的地であります岡山までまず新幹線で移動。
その新幹線の中でこの旅行の真の目的地、
岡山県新見市にある鍾乳洞<満奇洞>への
アクセスを最終検索。
その昔、
その鍾乳洞を見た与謝野晶子夫妻が
「奇に満ちた場所」と詠んで名前がついたそうな。
で、何故そこに行くかって?
それはですね~、
私の大好きな横溝正史の小説の
金田一耕助シリーズの一つである
<八つ墓村>の映画ロケに使われた鍾乳洞なんですよ♪
マニアックすぎてついてこれない方、
m(_ _)m
知ってる人は思いだしてください。
映画<八つ墓村>
寅さんでおなじみの渥美清さんが金田一耕助を演じ、
山崎努さん、小川真由美さん、萩原健一さんが出ていた、
あの<八つ墓村>です。
双子のおばあさん、
小梅さん&小竹さんが
出入りしていたあ・そ・こですよ、うふ♪
実際撮影には他の鍾乳洞も使われているのですが、
奇に満ちた鍾乳洞なんて、
見てみたいじゃないですか~
そう言うわけでまずは岡山駅から宿泊する倉敷駅まで。
荷物をコインロッカーに預け、
そこから満奇洞行きのバスが出ている井倉駅まで。
車窓から見える風景は山や川。
時間の流れが十分の一くらいの速さなんじゃないかと。
1時間ほどして井倉駅に。
「うん?降りるのは…私だけ!?」
ちょっと不安、
いや相当な不安をその時に感じながらも改札口へ。
そしてその不安はさらに高まりました。
「うっ、無人駅…( ̄◆ ̄;)」
そうです、だ~れもいません。
もし私がここで行方不明になっても、
誰もわかんないじゃん!
最後の足取りは…倉敷駅。
火曜サスペンス劇場のテーマソングが聞こえた気がしました(失笑)
バスが来るまで40分くらいあるのですが、
当然駅の周りにはスタバもマックもありません。
「まあ良いか」
静かな駅のベンチに座り、
この旅行の話を聞いて弟が貸してくれた小説の
残りを読破。

Photo
<三つ首塔>
中々面白かったですよ。
しかしどれだけ横溝正史好きなのかしら、
杉本一家は( ̄ー ̄)
(続く)

| コメント(0)

2012年6月26日 (火)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その②大阪編<4>

大阪での最後の夜、
と言っても2泊だし( ̄▽ ̄)
大阪で行きたいお店は沢山あるのですが、
なにぶんにも時間が限られていまして(ノ_-。)
いくら強靭な胃袋を持つ私でも、
毎日昼夜満腹って言うのは…
この日は辻調元職員の肥田先生と息子さんのお店
Bistro Pot a J<ビストロポタジェ>へ。
ご一緒していただいたのは
私が辻フランス校職員の時に、
一緒に働いていました由本先生です♪
あ、今はお名前変わっていますが
私の中では由本先生とお呼びするのに慣れてしまっているので。
(旦那様、お許しを~)
同じ年ではあるのですが、
職員としては由本先生の方が1年上ですので先輩です。
一緒にフランスで過ごした1年半、
本当に濃かった。
え?いつ薄い時があるのかって?
ありません!(笑)
いつも濃いんですよ、私の人生は。
話元に戻し、
由本先生と現地で待ち合わせ。
私の方がちょっとだけ早く着いたので先にお店の中に。
エレベーターで2階へあがると、
肥田先生いらっしゃいました!
「ご無沙汰しております~」
在職中は色々とお世話になりました。
息子さんと一緒にお店をされるなんて本当に素敵です。
とは言えお店をすることの大変さは身をもってわかっているので、
色々なご苦労もあるはずです。
肥田先生とお話ししていると
「遅くなりました!」
由本先生登場o(*^▽^*)o
「先生~、お久しぶりです!!!」
「つかぴー元気だった~?」
去年もお会いしたのですが、
学校で少ししゃべっただけだったので。
昔話やら仕事の話しで、
お酒の強い由本先生は良い勢い♪
お料理もクラッシックなフランス料理、
大好き!!!

Photo_2
フォアグラのテリーヌ。
ピンク色が美しい~
Photo_3
ブーダン・ノワール
学生の頃は
「豚の血のソーセージなんて絶対無理(。>0<。)」
と拒否していたのですが…
最近は自ら選びます、
こちらも美味しく頂きました♪

Photo_4
豚肉のシャリュキュトリー風
すごいボリュームです、
が食べちゃいました♪
このお皿、
見覚えのある人も。
そう、
フランス校<シャト・ドゥ・レクレール>のお皿

Photo_5
ボジョレーの畑のど真ん中、
そのお城はありました。
リエルグという小さな村の、
郵便屋さんから何通日本に手紙をだしたっけ。
職員で行った時は、
マニュアルの車しかなくて、
リエルグの坂道で何度エンストしただろう…(汗)
私の車の前を横切ったハリネズミさん、
私の大切なメゾン・ドゥ・ショコラのチョコをかじったネズミさん、
サッカー場のさくらんぼの木、
みんな元気かな?
このマーク一つ見ただけでも
溢れてきます、想い出が次から次へと。
肥田先生のお料理も、
フランス校のフランス料理を思い出させてくれる
素敵なお料理でした。
由本先生との会話は、
きっとエンドレスで続くのですが、
残念ながらお別れのお時間。
名残惜しいですが…
「またね~」
ホテルの部屋に戻り
「さー、明日から岡山だし。下調べしておかないと…」
そう、
明日はずーーーーっと行きたかった場所へ、
ずーーーーーーっと会いたいと思っていたあの人に会いに。
「うーん、何時の電車に乗れ…zzzzzz」
お陰で朝からバタバタの大騒ぎになるのでした( ̄◆ ̄;)
(続く)

| コメント(0)

2012年6月21日 (木)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その②大阪編<3>

旅行二日目、
テルテル坊主になった気分で寝たせいか、
雨の予報は覆ったらしい(笑)
ただ…
体調は思っていた以上に悪くて……ミ(ノ _ _)ノ
胃の調子以前にやはり疲れがたまっていたらしく、
朝起きて出かける準備をしたものの
「動けないな…(バタッ)」
再度ベッドの上に倒れこんでしまいました。
しかしそこには無情にもお仕事の電話が(ノ_-。)
気合入れ直して出発!
1時間ほどお仕事してから、
フランス校で同級生だった高橋君が
総括支配人兼総料理長を務める、
ホテル・シーガルてんぽうざんへ。
駅は大阪港、初下車。
少しだけ小雨が。
歩いて行くと
「おおお!!!ツタンカーメン展なんてやってるんだ♪」
ホテルとなりの建物でツタンカーメン展をやってました。
結構ね~、
興味あるのよね~、
古代エジプト文明♪
思わず入ってしまおうかと思ったのですが、
「いかんいかん!高橋君待ってるから…」
寄り道せずにホテルへ。
フロントに着くと白衣を着た高橋君が。
先日出張で東京に来ていた時に会った時は
スーツ姿だったから、
白衣の高橋君に会うのは卒業して以来20年ぶり。
相変わらず背が高い、
見下ろされてる感じ(笑)
「ケーキ食べる?」
「(若干考えて←0.5秒くらいですけど♪)頂きます!」
お昼も食べていないし、
流石に夜まで何も食べないのはね、
ってことで

Photo

ホテル2階の宴会場前を貸し切り状態で(笑)

Photo_2
ティラミス&セミフレッド♪
今度このホテルで
川越シェフのウェディングイベントがあるらしく、
このティラミスはそのレシピなんですって。
一足お先に頂きました(o^-^o)
ツタンカーメン展に未練を残しつつ、
次なる目的地は唯一私が地理的に理解できている
天王寺へ!
本校にいらっしゃる調理の先生方にお会いしに。
私が学生の時フランス校で厳しく優しく指導していただいた
先生方大集合していただきました。
本当に懐かしい。
高橋君に会った後だったから、
余計にフランス校当時の想い出が蘇ります。
途中沢山の先生方が顔を出して下さり、
職員を辞めて11年経ちましたが、
嬉しい限りです。
父の反対を押し切って大阪に来ていなければ、
今の私は絶対にいないんだなと。
私を信じて大阪に行かせてくれた両親に感謝。
信じていたかどうかは不明ですけどね(失笑)
気がつくともう5時を回っていました。
先生方にお礼を言って、
取りあえずホテルへ戻りました。
7時から本町にある<ビストロ ポタジェ>へ。
初めて行く場所なので絶対に迷うとふんで
早めに出発。
駅まではなんとか(笑)
そしてお店に行こうと思ったのですが
右も左も良く分からず…
しかし野生の感が働き無事到着しましたー!

Photo_3
(続く)

| コメント(1)

2012年6月19日 (火)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その②大阪編<2>

1年大阪に住んでいましたが、
学生でしたので、
しかも父の反対を押し切って来ていたこともあり、
とにかく遊ばない真面目な子でした(笑)
いやいや、これは本当。
「何しに行ったんだ?」と言われるようなことだけは
したくないと。
ですので学生寮も父が選んだ学校から一番遠い←本当、お父さん、ひどいわ…。
当時藤井寺球場があった近く。
えーと、
駅降りると畑もありました、
静かなところでした。
お陰で大阪の中心部に行ったことは…2回くらいかな?
そのせいかいまだに大阪の地理は、
全くわかっていません!
梅田と天王寺を行き来するのは出来ますが、
それ以外は…( ̄◆ ̄;)
カメキチは何回か行ったことがあるので
駅に着けば、ね。
そう、
駅に着けばって言うのが問題でして(失笑)
梅田から行くのにやっぱり迷ってしまった。
あと後考えてもどうして迷うのかが不明←自分だろ!
とにかく、
待ち合わせ時間を少々過ぎてしまって到着。
「こんばんは~、お久しぶりです」
亀井シェフ、です。

Photo_2
出会って14年、
私がフランス校勤務で初めて担当した期でした。
あの期はある意味凄かったよね~
いまだに卒業生たちとも交流があり、
亀井シェフもその一人です。
「今日も美味しい料理期待してます♪」
亀井シェフのお料理はホッとします。
何も難しいことを考えなくて良い、
単純に私が食べたいな~と思ってるお料理を
作ってくれるのです。
「早く東京にもお店出して♪」
無茶言っておきました( ̄ー ̄)ニヤリ
今回一緒に食べて頂いたのは、
私が
「この人には認めてもらいたい」
と思っている人が3人いるのですが
その中のおひとり。
お菓子の事もそうなのですが、
それ以外にも私に<知>を与えてくれる
貴重な方です。
だからと言って決して堅苦しい会話をするわけでもなく、
カテゴリーは無限大でして。
亀井シェフのお料理がより美味しくなるような、
楽しい会話も頂きました。
それではカメキチのお料理ご紹介♪
<鯖と黄爵芋のテリーヌ>
私が魚料理を選ぶのは珍しいのですが、
「絶対美味しそう!」
と思い選びました。BON CHOISIR!

Photo_3

黄爵芋、
ねっちりした食感が鯖にあってました~

<トリッパ>
前も食べたのですが、トリッパを食べれるようになったのは
カメキチのを食べてからです♪

Photo_4

写真撮るの忘れて食べてました(笑)

<サラダ・リヨネーズ>
その名の通りリヨン風サラダは私たちが過ごした場所リヨンのサラダ。
「杉本先生、メニューの選択が完全にリヨネーズですよね~( ̄▽ ̄)」
亀井シェフから言われちゃいました。
だって好きなんだもん、仕方ないじゃん♪

Photo_5

勿論、
この辺はすでに思考回路は停止してます…
でも美味しいから食べちゃいますけど、ふふふ。

メインは牛さん。
<牛ほほ肉の赤ワイン煮>
私は煮込み料理が大好きでして。
この前も自分で作ってみましたが…
やっぱり亀井シェフに弟子入りしないと駄目そうです(ノ_-。)

Photo_6

あの・・・
全部シェアして食べましたからΣ( ̄ロ ̄lll)
一人でこれを食べたんじゃないですからね!!!
お腹いっぱいでも食べれてしまう、
これがどういうことだかは皆様もお分かりになるはずです。
大阪へ行かれた際は是非。
勿論デザートも頑張ってましたよ~

Photo_7

Photo_8
幸せな時間、
あっという間に過ぎて行きましたが、
旅行初日は100点満点でした。
会いたい人達に会い、
美味しいものをご馳走になるなんて、
わたしゃ幸せ者だね~
ホテルに戻り、
満腹な胃袋は若干の悲鳴。
「明日は夜までは何も食べないほうがよさそう…」
だって夜は満腹コース間違いなしのビストロへ、
私の大切な先輩であり、
大親友でもあるあの人と行くのだから。
気がつけば時計は2時を回ってる。
おいおい、
いつもと変わらないじゃない!
天気予報は雨でしたが、
テルテル坊主になった気分で寝ました?!
(続く)

| コメント(1)

2012年6月19日 (火)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その②大阪編<1>

腹八分目と言う言葉がありますが、
京都駅を出た私のお腹は12分目くらい…( ̄▽ ̄)
「どうやったら3時間後に空腹になるのかしら?」
その日は3時間睡眠、
朝5時くらいから活動していたのですが
お昼と夜の事を考えて朝は殆ど食べずにいたので、
意外と、
腹12分目だったはずのお腹は
夕方6時前には、
「やだ~、普通に食べれそう♪」
これぞまさしくフランス校クオリティ(謎)
あそこで働いていた時、
学生でいた時もそうですが、
朝から晩まで食べた。
昼も夜も生徒が授業で作った
しっかりとしたフランス料理。
「まさに私たちが飼育されてるフォアグラの鴨やガチョウ状態だわ…(ノ_-。)」
しかし人間は慣れるんです(笑)
最初は苦痛に感じていたけど、
その食べる量がいつしか普通になり、
日本に帰国してからも
「どうやら私は沢山食べるらしい…(汗)」
「良く食べるね♪」
褒め言葉として受け取っていましたけど何か?!
そんな訳でこの旅行はその時の経験が役立ったようです←良いのか~?!
梅田のホテルに到着。
ゆっくりできるかな~とか思っていましたが、
全然余裕ないじゃん!
慌てて出かける準備をして、
そろそろ出掛けないと間に合わない!と思ったら
ほおっておけない電話がかかってきました。
いつも元気なその人の、
なんとなく落ち込んだ声は絶対に何かあったなと。
いつも励ましてもらってるから、
たまには私が励まして上げないと罰が当たる(笑)
電話を終え、一路カメキチへ!
梅田の駅を走りましたよ~
これでさらに空腹度アップです♪(続く)

Photo

| コメント(1)

2012年6月17日 (日)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その①京都編

ではでは、
先週の旅行を振り返りつつ。
初日は大阪に宿泊したのですが、
私の叔父が京都・新京極で<かねよ>という
うなぎ屋を経営しておりまして。
http://www.kyogokukaneyo.co.jp/
最近叔父たちの顔を見ていなかったので
「行こうかな~?」と母から連絡してもらったら、
「絶対来なさい!」って(笑)
子供の頃は中学生くらいまで、
毎年夏か冬に叔父の家に行ってました。
弟と私にとっては京都は故郷のような場所です。
夏は暑くて、
冬は寒い京都ですが私は大好きでした。
今回ももっとゆっくり出来れば、
周りたいお寺さんや、
会いたい友達もいたのですが。
京都まで新幹線で寝て行くはずが、
全然眠れず…(-_-X)
「夜寝れるから大丈夫かな♪」
なんて甘い考え、
いつも通りの睡眠時間になることを
この時は気づいていませんでした(ノ_-。)
京都駅に到着し、
タクシーで六角まで。
叔父と叔母と合流。
「久しぶりやな~」
叔父も叔母も私にとっては京都の両親、
子供の頃から可愛がってもらって、
特に大阪に1年専門学校の学生として滞在していた時は
色々お世話になってました。
そんな私も4・歳ともなれば、
可愛かった従兄弟たちも当然おっさんになってるわけで(失笑)
今回は会えなかったのですが、
HPに載っていた写真を見てΣ( ̄ロ ̄lll)
時は無情にも過ぎているのね…。
叔父たちに連れて行ってもらったのは
ウェスティン都ホテルの中国料理<四川>
とても素敵なホテルでしたよ~
本当は…
昔叔父たちが住んでいた所の近くにある
ラーメン屋さんの<ますたに>に連れて行ってと
言っていたのですが、
お休みだったらしく。
「ラーメン屋さんのはずが、まさかのホテルの中華料理に変わるなんて(笑)」
叔父達に感謝。
ここからの画像は空腹の方には目に毒です…
( ̄ー ̄)ニヤリ
<前菜~クラゲと叉焼、冬瓜のピクルス>

Photo_3
<冷製蒸し鶏>

Photo_4
<ふかひれ入り餃子のスープ>

Photo_5

<ピータン>
実は人生初ピータン!食わず嫌いでしたが、
これ、美味しかった!

Photo_6

<エビの揚げ餃子>

Photo_7

<豚と黒豆の何とか煮>
ピリ辛で夏向きっぽいお料理でした。
この辺りで思考能力無くなってます(笑)

Photo_8

<青菜とアワビの塩炒め>

Photo_9
「叔父ちゃん、頼みすぎでしょ…」
実はこの後チャーハンが。
しかも叔父は仕事で
「じゃあ先に戻るわ~」
と、私と叔母を残し行ってしまったΣ( ̄ロ ̄lll)
うちの父もそうだが、
どうしていつも
「多かったかな?」と言うほど頼むかね!?
似てるんですよ、父と叔父は(笑)
食事が終わったのが3時前。
叔母を新京極で降ろして私は一路京都駅へ。
6時過ぎには大阪の卒業生が経営している
<ビストロ・カメキチ>へ。
「私の胃袋、大丈夫なの、かな?」
京都から大阪まで走っていきたい気分でした。
やっぱり食べすぎよね、
ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
こうして反省してもね、
夜は夜で大変なことに…
(続く)

| コメント(1)

2012年3月22日 (木)

やっぱり嬉しいのです

私が辻フランス校勤務中の卒業生が

シェフをしているレストラン<ル・リオン>へ。

気がつけば彼は34歳、

出会った時は19歳でしたから

15年の月日が流れています。

完全にフレンチテイストのお店にありながら、

一人だけ

まるで

和食の板前さんかー!という格好に爆笑。

変わらんの~(笑)

しかしこう見えて彼の料理に対する姿勢はめっぽう真面目。

それは学生の時からでしたが、

シェフの現在はもっともっと真っすぐになった感じでした。

Photo

Photo_2

食べたいメニューだらけで困っちゃいました~

とりあえず、

<サラッド・リオネーズ>

<サラッド・ランティーユ>

<しらゆりポークのロースト、シュー・ブレゼ>

をそれぞれドゥミサイズ(半分)で注文。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

美味しい。

久しぶりに美味しいフレンチ頂きました!

そして、

学生の時からさらに上を目指し、

きっと今も目指しているであろうシェフの料理に感動。

こうやって卒業生の活躍を目のあたりにすると

嬉しい気持ちになります。

そして

自分自身もまだまだ頑張らないとなと。

調子に乗って

気になっていたブーダン・ノワールを追加。

美味しかった~

続きはまた!

| コメント(2)

2011年10月20日 (木)

フランス時間流れる

ちょっぴり空気が冷たくなってきました。

こうなると朝起きるのが…辛いsad

でもね、

パティシエだから…起きよう!(笑)

さて、

今日は講習会へ行ってきます。

私の辻フランス校時代の同級生、

ラ・スプランドゥールのオーナーシェフ、

藤川君の講習会です。

御報告は後ほど!

昨日は10周年記念パーティーを行う、

代官山<メゾン・ポール・ボキューズ>へ。

実際に伺ったのは初めてでしたが、

凄い。

あれだけの規模のレストランで、

内装は勿論

厨房も素晴らしく、

色々と案内してもらいましたが

全てに感動。

食事もしてきましたが、

フランスのポール・ボキューズの懐かしのメニューながら、

繊細にアレンジされていて。

俺様シェフのM君が、

まじめに働いてる姿を初めて見ましたが(笑)

生徒だった時とは、

当たり前ですが全然違う。

育ったね~

またしてもお母さん気分♪

まあ美味しかった料理の写真をどうぞ

Photo

Photo_2

Photo_3

110514_121631

Photo_4

Photo_5

Photo_6

久しぶりにゆっくりとした時間が流れました。

フランスで食べ歩きしていた時を思い出しました。

パーティー当日が本当に楽しみです。

私も準備、頑張らなくては!

| コメント(0)

2011年9月 7日 (水)

共食い?猪突猛進、うり坊のお店

私は猪年、

干支の話になると、

「猪突猛進ですものね~」

と言われるのが9割…。

褒め言葉だと思っておきますけどcatface

そんなイノシシな私は昨日<マルカッサン>という

ビストロへ行ってきました。

例の、

飛んでいる蚊の性別を判別できるHさんと、

眞貝シェフの食いしん坊3人組で。

マルカッサン、

フランス語で<うり坊>の事です。

実際メニューにも<イノシシ>や<うり坊>が。

「共食い…か。」

メニューを見てみると

<岡山県の桃を食べまくったイノシシのロースト>

3人が3人

「これ食べたい!」

と言ったので勿論食べました。

私はワイン3杯くらいで完全に出来上がっちゃってまして…

いつまでたっても強くならないな~

一杯写真撮ったので又後ほどー

| コメント(0)

2011年9月 3日 (土)

明日香・菅野料理長×カッシーナ・カナミーラ小西シェフ③

<続き>

料理開始の時間になりました。

仕込みをしていたものを、次から次へと仕上げして、

お客様のもとへ。

この<動き>が私達パティスリーでの<動き>と違います。

なんて説明したら良いのかな?

私が富士宮のレストランで働いた時も思いましたが…

そんなことを考えてるうちに、どんどんお料理が出来上がっていきます。

細かい説明は無しで、

お腹すきそうな画像のオンパレードです♪

秋を感じさせるお品書きから~

Rimg0173

Rimg0191

Rimg0193

Rimg0199

Rimg0203

Rimg0207

Rimg0214

Rimg0216

Rimg0218

Rimg0224

Rimg0231

Rimg0234

Rimg0236

Rimg0238

Rimg0242

Rimg0245

撮影した画像100枚近くありました(笑)

私は林家●ー子か!?

いやいや、

それくらい撮りたくなるような料理と作業風景でした。

辻で働いていた時、

特にフランス校勤務の際は、

良く料理の先生たちの仕事を拝見させていただいてました。

お菓子の世界ではない、

未知の世界。

本では見たことあるけれど、

やはり実際目のあたりにすると

「へ~、なるほどな~」

と、

かなり勉強になりました。

今回もかなり張り付いて見てました。

菅野料理長、小西シェフをはじめ

すべての料理人の皆様に感謝。

このような貴重な機会を与えてくださった三国社長にも大感謝なのです。

またいつか、

このような企画があることを祈りつつ。

Je remercie tous les cuisiniers.

Je voulais le manger, aussiheart01

A la prochaine fois!

| コメント(2)

2011年9月 1日 (木)

明日香・菅野料理長×カッシーナ・カナミーラ・小西シェフ②

<続き>

私たちはデザートの仕込みを殆どお店でして持ち込んでいたため、

当日その場で何をするでもなく、

小西シェフ、眞貝シェフの邪魔をしてました。

あ、違う!邪魔にならないように見守っていました(笑)

途中、

私とトラ子は店内を散策しに。

前回お食事させていただいた時に

「うわ~、これ欲しいheart01heart01heart01

と思ったのが、まるで江戸時代のお殿様のところにありそうな木製の金魚鉢。

Photo_3

大奥とかに出てきそう♪

Photo_4

金魚達、呼んだらちゃんとカメラを見てくれました、頭良いね~

Photo_5

客席に入るところです。

Photo_6

Photo_7

客席です。

厨房を取り囲んでカウンター状になっています。

ですのでお食事しながら厨房の様子が見られるのですが、

これが又楽しい!

トラ子と一通り散策して、厨房へ戻ります。

最初のお客様が玄関のところにいらっしゃったようです。

「いらっしゃいませ」

まだ客席にいらっしゃっていないのですが、

菅野料理長が一番大きな声であいさつをされます。

そう、

前回食事させていただいた時も思いました。

厨房にいる誰よりも大きな声でお客様にご挨拶をされるのです。

見習わなくてはいけないなと思いました。

当たり前の事ですが、出来ていない時もあります私自身。

徐々にお客様達が入って来られました。

「じゃあ最初にご挨拶しましょう」

小西シェフと一緒に私も並ばされて(冷や汗)

菅野料理長と3人でお客様にご挨拶。

Photo_9

壁谷青果のNさん撮影♪

真面目な顔して写ってると思ったら、

うっ、

ガセリ菌太郎ちゃんがエプロンのポケットから出てるcatface

だ、駄目じゃないのよ、菌ちゃんたら…。

それは置いておきまして、

挨拶終了後お食事開始です。

どんな料理だったのかは又明日!

<続く>

| コメント(0)

2011年9月 1日 (木)

明日香・菅野料理長×カッシーナ・カナミーラ・小西シェフ①

昨日は北千住にあります日本料理のお店<明日香>にて、

明日香の菅野料理長と、

イタリアンのお店<カッシーナ・カナミーラ>の小西シェフの

コラボレーションランチが催されました。

私は二人のお料理の後のデザートの担当ということで、

トラ子と一緒に伺ってきました。

トラ子との出張も久しぶり。以前ラッピングの授業をした時以来かな。

今回は白衣で、

しかも日本料理のお店ということで、

ちょっと緊張。

他のお菓子屋さんやレストランの厨房に入ることはあっても、

日本料理のお店の厨房に入る機会もありませんし。

今日の小西シェフのヘルプには、

眞貝シェフも参加。

何だか懐かしいメンバーです、この3人で同じ厨房に入るのは。

富士宮以来、ね。

Photo

北千住の東口の商店街をまっすぐ、歩いて5分くらいです。

今日はお店の裏口から。

以前こちらの三国社長にお招きいただいてお食事をご馳走になったのですが、

その時も厨房のスタッフの方が多いなと思ってましたけど、

今日はさらに多い。

しかもどう見てもかなり上の方々が多い、

と言うより上の人しかいない(冷や汗)

どうやら他の店舗の料理長の方々も集結したようでして…

白衣に着替えに更衣室へ。

地下にも広がる厨房、

「そうか~、ここにも厨房があったのね」

地下の厨房には若い料理人の方々がいらっしゃいました。

メインの厨房に入ると、小西シェフを囲んで皆さん色々聞いていらっしゃいました。

Photo_2

お互いが未知の世界です。

作業を確認しながら、

小西シェフのイタリアンの技を周りで皆さん真剣に見ながら、

沢山の質問をしながら。

私たちは私達で、

日本料理の世界から、

洋の世界では見ることがないであろう料理の技法は勿論、

おもてなしの仕方などを学ぶ絶好の機会でした。

お客様がいらっしゃる12時まであと30分。

厨房の仕込みは進んでいきます。

<続く>

| コメント(0)

2011年8月31日 (水)

素敵な共演に共演

今日は天気が荒れそうですね…

さて、

今日は北千住まで出張です。

http://www.asuka-honten.com/

明日香さんにて、

教室でも授業をして頂いたことのある小西シェフと、

明日香さんの料理長菅野さんのコラボレーションランチが

本日限定で催されます(ご予約のみです)

その素敵な共演のデザートを私が作ることに。

お食事の閉めのデザートですから、

緊張します…(冷や汗)

また後ほど!

| コメント(0)

2011年8月24日 (水)

その計算式はどこから?

今日はちゃんと寝たからか、パワーを持て余してる(笑)

無駄に使わないように、ね、気をつけてください、私…

月曜日に、

グリコ チョコブログの試みの一つで

<お酒とチョコレート>の話を書いてるのですが、

その試食会をお店で行いましたー

今回は急に決まったこともあり、

私とグリコの江川さん、眞貝シェフ、そしてお豆でトラ子が初参加(笑)

オレンジ系のお酒数種の試飲から始まって、

それをショコラ・ショー(ホットチョコレート)と合わせて味のバランスを

皆で話しながら試してみました。

詳しくは本家の<グリコ・チョコブログ>にて※9月に入ってから書きますね~

その中で、

眞貝シェフの味の解析が本当に凄かった。

いやー、

とにかく勉強させていただきました。

まだまだまだ、

勉強することありますね、本当に。

トラ子も必死でメモってました(笑)

「授業料、取るよ~!」

| コメント(0)

2011年8月19日 (金)

表参道にて

フランス校の卒業生ネタが続きますが、

この8月に先日きました14年前のフランス校卒業生と同期の嶋田シェフが、

表参道にレストラン

<DEUX ART>http://www.deux-art.com

をオープンしました。

大阪のカメキチの亀井シェフとも同期です。

「先生、店開けるから食べに来て」

そう言われたら行かないわけにもいかないし…

昨日生徒のHさんにご一緒していただき、行ってきました。

紀伊国屋さんとプロントの間を通って、

二つ目の角を右に入るとあります。

とてもシックな、おしゃれなレストランです。

メニューはお任せでお願いしていたので、

何が出てくるかワクワクドキドキ。

あ、

でも私とHさんの苦手な食材(これが全部奇跡的に一緒なんです!!!)

きゅうり・スイカ・メロン・バナナ

は、使わないようにお願い↑瓜系の匂いが苦手でして…だからピクルスは大好物(失笑)

まあ私の嫌いなものを出したらね、

2度目はないってわかってるよね~、嶋田シェフ♪

1

2

3

4

5

6

お料理はとても美味しく、

美しい盛り付けで、

Hさんとの話も弾みまくりで、

あっといううまにデザートでした。

「なんだかデザート出したくなさそうです」

オーナーのソムリエの方がこっそり言いに来ました。

亀井シェフも出したがらなかったね、デザート(笑)

それはそうか、だって私も元上司の前で授業するのいやですし(笑)

美味しいデザートでした、安心安心。

先日も書きましたが、

14年も前の学生たちが独立したり、一生懸命頑張っている姿を見るのは

母親気分ですね、姉さんと言うよりは(冷や汗)

そして彼らの活躍を見るたびに、

自分もまだまだだなと思う。

| コメント(0)

2011年6月17日 (金)

気をつけないと顎が…

昨日は昨日中に家に帰り←奇跡的bearing

死んだように寝ました。本当に昨日は体が言うことをきかないくらい疲れてしまった~

辻製菓同期みのちゃんに、

「40には40の仕事の仕方があるからね~、、無理しちゃだめよ♪」と

窘められましたcatface

はい、おっしゃる通りです、本当に。

でも何だろう、この体のだるさは…

あ、きっと水曜日に飲んだお酒が残ってるんだー!←一体何日残るの!?

まあ良いです、今日の午後には復活する予定ですから~

そうそう、

昨日はその水曜日にN姐さんが買ってくださったヴィロンのレトロバゲットを

カスクルート(フランスパンで作るサンドイッチ)にしてお昼賄いで頂きました♪

お店のランチに出している冷製コーンスープと一緒に♪

Photo

今回は

レタス、トマト、ゆでたまご、ツナのマヨネーズあえを

軽く焼き戻してからバターたっぷり塗ったバゲットにサンドしました。

美味しいんですけど…

顎がはずれそうになるのが難点sweat02

これは男の人の前では食べれないな、ドン引きされますΣ( ̄ロ ̄lll)

今日は賄い何にしようかな…

| コメント(0)

2011年6月 3日 (金)

カメキチにて講習前夜祭?

無事帰宅しました。

明日から通常業務へ。

今日は何と朝から寝坊(間に合う範囲ですけど、予定よりは30分寝過ごしましたsweat02

だって昨日は美味しい料理と楽しい会話のおかげでワインが美味しくってcoldsweats01

昨晩は私がフランス校勤務していた際の卒業生亀井シェフのお店<カメキチ>へ、

私のパティシエール人生の歩むべき道を作ってくださったT先生とN先生の2大先生に

連れて行っていただきました。

冗談抜きで、

今の私がいるのは、二人の存在抜きでは語れません。

そんな大切なお二人とまさか一緒に食事に行くとは…出会って22年、かconfident

学校からカメキチへ行くまでの電車の中から、すでに食前酒ならぬ食前話に

話が咲きまくり。谷町線の中であんな大笑いしたのは初めてです。

カメキチに行くときはほとんど雨だったのですが、昨日は天気良好!

Photo

初めて外観の写真が撮れました(笑)

店内に入るとすでにお客さんで一杯。

厨房の奥を覗き込むとシェフが「先生、いらっしゃいませ~」

亀井シェフと出会ったのは彼が19歳の時、

32歳、顔つきも変わったよね、うん、良い顔♪

「今日もよろしくお願いします!」

メニューはカルトで選んで皆でシェアする感じ。1皿のボリュームが多いので

3~4人で行くと、色々食べれて良いと思いますよ。

前菜から4品、メイン2品。

Photo_2 <リエットと自家製ピクルス>

定番の一品。ピクルスも酸味と甘さのバランスが適度で食べやすい。

この辺りですでに一番最初に頼んだビールとカシスソーダは無くなっておりまして…

全員赤ワインへ移動。

なで肩ボトルのブルゴーニュにどうしても惹かれる私たち(フランス校はブルゴーニュの

お膝元でございますから)

あまり飲まないと言っていた3人ですが…大丈夫なのか?!

Photo_3 <さごしのマリネ、ビーツのソース>

さごしって鰆のちいさいのです。これ、私の中では結構ヒット。

ジュリエンヌにした人参のマリネが下に敷いてあるのですが、さごしと一緒に食べると

合いますね。魚と人参か、今度私も作ってみよう♪

Photo <トリッパのグラタン風>

はちのすとも呼ばれる牛の第二胃を煮込んでグラタンのように熱々に焼き上げた

一品。リヨンは内臓料理が有名。私は比較的なんでも食べられるかも。

トリッパを食べたがっていたN先生もご満悦。

ここでワイン2杯目…うーん、翌日が心配になりながらも、料理の美味しさと

大先生お二人の爆笑トークにワインなくてはついていけませんbearing

爆笑トークの内容は…放送禁止レベルでしたので触れませんcatface

T先生、本当に勘弁してくださいngngng生徒の夢を奪わないでくださいねbombbombbomb

そんな危険な話しだけではないのが、このお二人の真骨頂。

お二人の繰り広げるお菓子の話は、「授業料払わずに受けちゃって良いの!?」と

思うほど、私にとっては興味深く楽しい話。

勿論お菓子の話だけではなく、歴史上の人物の話とか本の話、映画の話、

はたまた眼鏡の話に至るまで。ジョニー・デップまで登場happy01

懐かしい、この感覚。色々な知識や情報が降り注がれる、会話の中から、自分の中へ。

これは究極の勉強法かもしれません。人に接し、人に学ぶ。

Photo_2

<スズキのグリエ、タップナードソース>

表面カリッと、中はジューシーに焼かれたスズキさん♪

Photo_3 <牛ほほ肉の赤ワイン煮>

アスパラ・ソバージュが添えてあります。口の中でとろける~

この時点で3人ともほとんどワインなかった…本当はもう1杯飲みたかったけど、

さすがに授業の前日ということを考えるとcryingぐっと我慢。両先生方も飲まなかった。

食事終わってデザート。

T先生「僕はもうお腹いっぱいだからいいや」

で、私とN先生は「チェリーのタルト」と「パイナップルのパン・ペリュデュー」

とその時、T先生「うーん、チーズあるかな?あと赤ワインもう1杯」

「げっ!catfaceまだ飲むんですか!!!」

気分良かったんですよね、先生。

だって楽しすぎでしたもの、今回のお食事会。

学校を退職し、独立して一番つらいと思ったのは、

怒ってくれる人がいなくなったことかもしれません。

良く怒られました、職員になってからT先生には。N先生は厳しい担任でしたし。

技術的なこともだけではなく…

悔しくて泣いたことも沢山ありました。すぐには納得できなかったことも。

今はわかるんです、言ってくれる人の気持ち。育ててくれたお二人に感謝。

ある意味私にとって運命の男性達でしたね(笑)

再び上機嫌のT先生を眺めながら、N先生とデザートを頬張る私。

亀井シェフの料理あってこその楽しいひと時でした。

水曜日から幸せな日が続き、

私の小さな小さな休暇兼出張は幕を閉じました。

授業の話はまた明日書きます。さすがに多少は寝ないと、ね。

| コメント(0)

2011年5月31日 (火)

舌と香りの記憶は

只今出張前の(と言うよりは普段出来ていないものが多すぎて…)残務整理中です。

明日は家の片づけをする予定なので、なんとしても今日中に終わらせなくてはsad

こんなんで朝帰りしてたら…いやいや、そんな事は無いように頑張りますcoldsweats01

昨日は夕方まで仕事して、ずっと約束していながら中々私が時間取れなくて

行けていなかったお食事会へ行ってまいりました。

富士宮のレストランでの仕事以来お世話になってます眞貝シェフが今だけ

働いているお店へ。

一緒に行ったのは動体視力がけた違いのあの女性です(笑)

しかも車で来店。

「今日は先生を送っていきますからheart01安心して飲んでくださいねheart04

そんなこと言われたら安心しないはずないでしょ!

「井のなか」という錦糸町にあるお店でしたが、私たちが着いた時にはもう満席で、

とても賑わっていました。(予約した方が良いみたいです)

あ、ちなみに眞貝シェフは今週いっぱいであがられてしまいますのでcoldsweats01

新しい場所が決まったらブログにも書きます♪

厨房の中から眞貝シェフ登場。相変わらず…大きいねsweat02

「何飲みますか?ビール?ワイン?」

Hさん車で飲めないし、シェフが用意してくれていたワインを最初から飲む事に。

キンキンに冷えた白ワインは少し濃い黄色みがかった色で、

グラスを口に運んだ瞬間

「うん?これって知っている匂いだけど…アルザスのゲヴェルツトラミネール?」

口に入れると程よく甘く、でも口の中に残らずさっぱりした味で、花の香りが

広がりました。

「お、美味しい~」

普段なら1杯飲んで十分だし、飲みすぎて暴れるのも嫌なので(失笑)

飲んでも2杯ぐらいなのですが、

結果昨日は4杯飲んでました、送ってもらえる安心感ってス・テ・キ♪

安心感以上に、美味しい食事と楽しい会話が盛りだくさんだったから

飲んでしまったんですけどねconfident

で、ワインはイタリアのワインでしたが、ブドウの品種のルーツがゲベルツトラミネールと

同じだったようです。

ではでは、眞貝シェフのお料理ですが

Photo

手前がミネストローネスープ

奥のお皿3品は<青豆のスープ><ソリレス(鶏肉)の…なんでしたっけ名前?>

<ホワイトアスパラのフリット>

私たちはホワイトアスパラでノックアウトされましたhappy02もう1本出してもらっても

大丈夫でしたよhappy01

Photo_2

<ウニと桃(下に隠れてます)コンソメジュレがけ>

以前も食べさせてもらった1品ですが、どうして桃とウニが合うって思うのだろうか?

私には考え付かない…

Photo_3

<フォアグラのポワレ、リンゴ添え>

数年前まで私の中では「死ぬときに食べるのはフォアグラ」と公言していたくらい

大好きな食材。シェフも勿論ご存じで入れてくれたんですよね、感謝感謝!

Photo_5 <ホタルイカと蕪のパスタ>

柚子の香りが広がる絶品パスタでした。

塩加減、ゆで加減、ホタルイカ&蕪の火通し絶妙。

今回のメニューの中で一番美味しかった(Hさんも同意見でした!)

眞貝シェフのパスタ食べると、自分で作るのが切なくなります…あ、当たり前だけどcoldsweats01

Photo_6

<ブルターニュ産オマール>

これまた私の大好きなオマール(エビが大好きなんです、海のものの中で1番!)

しかもブルターニュですか、涙出ちゃう~

Photo_7 <季節の野菜を添えたさくら肉のロースト>

かなり満腹(そりゃこれだけ食べれば、ね~)でしたが、

メインは見た目よりも相当あっさりしていてこちらも残さずペロッと頂いてしまいました。

以上。

眞貝シェフの料理、こうしてまた私の舌の記憶に残ります。

早くお店始めてくださいねと、このブログ見た生徒さんから催促メール行きますよ(笑)

美味しい料理とワイン、楽しい会話を味わってHさんの車で帰宅。

「寝ててくださいね♪」

いいやいいや、寝れるわけがないcatface

以前Hさんの運転する車に乗った際

「ここはサーキットか!?」という恐ろしい思いをした記憶がshock

Hさん「私、ブレーキって嫌いなんです♪」

首都高の途中で降りたくなったのは初めてです、恐ろしか~

日曜日モナコGP見たばかりの私は、吉祥寺まで一睡もすることなく同乗させて

いただきました。そして無事だからこそブログ更新してますcoldsweats01

さて、明日に備えて早いところ終わらせます♪

Prends soin de toi-même

Dors tôt,S.T.P.

| コメント(0)

2011年2月17日 (木)

休み中の楽しみ

久しぶりのお休みを満喫中ですhappy01

もともとお酒は好きだけどあまり飲めない(飲むと顔に出る、眠くなる、暴れる?!)

休みの前の日じゃないと、心配で飲めません、寝坊したら大変ですしbearing

(あ、飲まなくても寝坊する人はいますけどね…bomb

先日あるリキュールに出会いましたwine

和歌山県北山村だけでしかできない<じゃばら>という柑橘系フルーツのお酒。

<じゃばら>邪払と書くそうです。

この北山村、和歌山県ですが<飛び地>と言いまして三重県と奈良県に囲まれている

特殊な場所なんです。そしてその北山村にしか出来ることがない<じゃばら>は

味はゆずやカボスに似た感じ。独特の苦味があります。

そしてすっぱいbearing体に良さそうなお味です~

ちょこっと飲んで寝ますsleepy

| コメント(0)

2011年2月 3日 (木)

初めて

先ほど昼食を食べました、どんな時間に昼食…sweat02

勿論後で夕食はちゃんと食べますよ~

で、

初めて、

恵方巻きっという物を食べてみましたdelicious

ちゃんと南南東を向き(今って携帯に方位測定できるのが付いていて便利happy02

勿論無言で、

一気に食べました。

喉詰まらせて死ぬかと思いましたcatfacecatfacecatface

恵方巻き食べて死んじゃったら洒落になりませんsweat02

後は<トラの巻きロール>食べて完了です。

うずうずな一日ですtyphoontyphoontyphoon

| コメント(0)

2010年10月18日 (月)

里帰りの報告<番外編その1>

エコール辻東京での授業終了後のお話~

授業が終わり、私は講習室から実習室へ。

実習室では私の同期のS先生やO先生がお仕事中。

こうして昔の職場に来て、昔の仲間に会えるのはとても嬉しい。

みんなが元気で頑張っている姿を見ると、少し萎えそうな私の気持ちもパワーが

充電されるのであるfull

私が一緒に働いた事のある先生達はすでに勤務20年以上の方々なので、

若い世代の先生達はこうして授業に来させてもらったときに会うのですが、

皆さんやはり若い。お肌の張りが違う!←え?ああ、そう言うことじゃなくてcoldsweats01

まあいいや(笑)

と、そんな実習室に私の後輩のO先生(女子)登場~

彼女には退職してからも色々なことでお世話になっておりますが、会えるのはそれこそ

年に1~2回。相変わらずの美人っぷりは変わらずheart01

その場にいた女性職員が、授業で私が作ったキッシュを試食していたのですが

「この南瓜のキッシュは金運、こっちは男運が上がるらしいから食べなさいsign03

とO先生(女子)、若い子たちに言ってるしsweat02sweat02sweat02意味わからんcatface

上がらんよ、上がらんbearingそれ食べて金運男運上がるなら私が完食するっちゅうのsad

相変わらずの職場、でしたね、ははは…

そうそう、

エコールのブログに今回の授業の話が載ってました~

私&O先生&S先生の同期3人組(本当は+もう1名いますが只今おフランスでーす)の

記念写真もcamera

http://blog.tsuji.ac.jp/ecole_tokyo/archives/3089

| コメント(0)

2010年10月17日 (日)

里帰りの報告~エコール辻東京での授業~

すでに本日は栗に開放されましたhappy01又明日ですけど…gawk

さてさて、

木曜日は以前勤務しておりました辻調グループの東京校、

エコール辻東京で授業をしてきました。

1年制と2年制があるのですが、私が授業したクラスは2年生の1年生達でした。

午前中から伺い、助手に入っていただいた先生方と講習室で仕込み。

今回はキッシュ3種と、チョコレートのムース。

半分の時間は料理していた気が…coldsweats01

お昼ごはんを頂き、午後1時から授業だったのですが、

…満腹。

う、動けないよ~~~bearing

そんなに食べたつもりではなかったのですが、しまった!学校の賄いはうちの店

以上に多かったんだshock

授業ちゃんとできるか心配になりつつ←満腹が出来ない理由になったら洒落にならん!

そしてもっと心配だったのがその夜、伊勢丹立川店の洋菓子担当の方々と

国立の<シエル・ドゥ・リヨン>というフレンチで食事をする事になっていたのです。

私の頭の中は

「うわーーーーー、夜食べれなかったら嫌だーーーーcrying」←こっちの心配が9割sweat02

とにかく気を持ち直して授業開始です。

昼からの授業、生徒さん達は眠いんですよねsleepy

ご飯食べて満腹で、しかも座っていたら…普通寝るでしょcatface

私も現役の学生の時は、午後の授業がかなり辛くて…

よく安全ピンで手を刺したりdanger

眠気覚ましの薬飲んで授業受けてました~

今回の学生達は頑張って起きてましたね。

そりゃそうだ、

「寝たらぺティナイフで刺しに行くからhappy01

と私に言われたらね…bomb※実際授業が大変でそんな余裕、私にはありません(失笑)

キッシュから始めて、チョコレートムースの生地、ムース作って組み立てして、

飾りのチョコレート細工を作って、仕上げて終了~

うーん、

追われてしまった、仕事にsad

お菓子の話も勿論しないといけないのですが、

学生が興味あるのはそれだけではなく、フランスの話や、実際の職場の話などなど。

織り交ぜながら話したものの、話そうと思っていたことの半分も言えなかった…。

大阪の辻で6月に授業したときはかなり話せたんだけどな。

あ、

あっちは午前午後でしたcatface今回は午後だけだった。

まあ何か聞きたいことあったら聞きに来てください、お店まで。

Img_5303

自家製ドライトマトとキャベツとアンチョビのキッシュ♪

Img_5304

海老とブロッコリー&オクラのキッシュ♪

Img_5305

南瓜と挽き肉のキッシュ♪

Img_5299

ショコラ・キャラメル♪

ではpaper

| コメント(0)

2010年9月 6日 (月)

杉本家恒例行事?!ザ・我慢大会だよ、これって~

毎年、

夏に1回、

我が家では・・・

<おでん>

を食べますcoldsweats01

こんなに暑いのに!!!

それは父のリクエストなのです。何故だよお父さんcrying

8月中に一度も出てこなかったから、流石に今年の暑さにはおでんは諦めたかと

思っていたのが甘かった…sweat02sweat02sweat02ついにその日が昨日やってきましたshock

美味しく頂きました、タオル片手にcatface

しかも母が

「明日の賄いに持ってく?」

お母さん、流石におでん二日続きは猛暑日は無理ですよ、無理crying

冬なら喜んでいただきますけど、許してね、一杯食べたから~delicious

| コメント(0)

2010年7月27日 (火)

これは想像と全く違う!

昨日のネタ、パート1です。

実は最近…

バナナ関係のお仕事をしてる方とお知り合いになりましてcoldsweats01←この顔の意味は

生徒さんたちならわかるはずsweat02

結構バナナ食べましたよ、私としてはbananabananabanana

お店で出してます<キャラメル・バナナ・タルト>もそのバナナを使ってみましたが、

かなり好評です。これからはこのバナナを使おうと思っております。

で、

そのバナナ屋さん、いや、もとい!バナナを輸入してる会社の営業の方が

昨日突然お店にいらっしゃいました。

私「あれ~、また急にどうしたんですか?」

banana「例のバナナチップ持って来ましたよhappy01

来たきた、バナナンバナナンバナナチップス♪

青いバナナを素揚げにしているもので、赤坂にある<鉄板ダイニング・ひろ>さんで

出されているそうで、bananaさん、わざわざ持ってきてくださいました~

↑こらこら、そこで苦笑いしている生徒さんたち!こっそり笑ってくださいcatface

Img_5121

Img_5123

まさにバナナ~

パクッと食べてみると

「えーーーーーーー!これってポテトチップスじゃないですか!」

そのお味はまさに私が毎晩食べて止まないポテトチップスheart01

甘さは無く、質感はジャガイモとサツマイモの間のような感じ。

まさに止められない止まらない○○エビせんのようhappy02

危険な食べ物です、これはsweat02sweat02sweat02

ちなみにトラ子に

「この味を表現してみて!」と言ったところ

トラ子「バナナとは思えません」

私「・・・。え、他には?」

トラ子「うーん、どうやら私はあまり言葉を知らないようですbearing説明するのが難しい…」

最近トラ子と会話してると、遠く地球の裏の人と会話してるような気がしてきました。

返事に時差が…catface

たまに意味が…gawk

これからは通訳を入れてもらうことにしましたcoldsweats01

それでは皆さんもバナナチップ、食べる機会があれば是非!

| コメント(1)

2010年7月20日 (火)

食べたかったら作るしかない!

暑い・・・

暑い・・・

8月前にしてこの暑さってcatface

スーパーに買い物に行き、思わずアイスクリーム売り場で立ち止まり。

「うー、買おうかな?」

2度3度行ったり来たりして、やっぱり止めました。

「自分で作れよ、パティシエールgawk」天からの声が~shock

で、

食べたい味といえばカシスのシャーベットhappy02

乾燥焼きメレンゲとホイップクリームを組み合わせてミニミニパフェ~

トラ子、大興奮でしたー

来月からイートインのみですがアイスクリームなどのデザートメニューも

始めます(今は伊勢丹で一杯一杯なので・・・coldsweats01

もう少々お待ち下さい!

| コメント(2)

2010年4月23日 (金)

気をつけていたはずなのに…

昨日一昨日とのラッピング講習会の時、

いつもお世話になっているリボン屋さんの<青山>のSさんと、

二日続けてお弁当を一緒に食べたのですが、

二日目の昨日、

「先生、あの・・・もしかしたら食べるの目茶目茶早くないです?coldsweats01

と、言われてしまいましたcatface

私「うっ、やっぱりそう思いましたか?」

Sさん「昨日ちょっとそう思ったんだけど、今日確信しましたよ(笑)」

・・・

・・・

ばれちゃったcatface

一日目はトラ子も一緒だったので、途中で(っていうかほぼ食べ終わった状態か…)

トラ子が全然終わっていない事に気がつき、急にペースを落としたのですが、

※トラ子が食べ終わるまでに、私はお弁当が4つくらい食べれそうなペースですshock

昨日はトラ子もいなかったので、ついついいつも通りに食べてしまい、

Sさんを大きく引き離して食べ終わってしまったわけで…

この仕事してると食べるのは速くなりますgawk

悲しいかな急がなくて良いときも速く食べてしまうんですよね…

今日も夕飯は5分で終了ですnotes

| コメント(0)

2009年12月 3日 (木)

今年最後の眞貝シェフレッスン

先日、今年最後の眞貝シェフレッスンがありましたrestaurant

今回は私もデザートレッスン、初のコラボレッスンとなりました~happy01

「杉本さんが授業してるとき、僕、なにやったら良いんですか?coldsweats02

ですよね~、アシスタントしてくださいって言っても微妙…(笑)

まあ私のレッスンは今回はオマケ、メインは眞貝シェフですから~

Img_4571

<炙ったホタテと洋梨、蕪のタルタル>

私はこれが一番好きでした、今回のお料理の中ではhappy01いくらでも食べれちゃいそう…

Img_4574

<お楽しみキノコリゾット♪>

当日までキノコは何を使うのかお楽しみだったんですが・・・

国産松茸happy02

しかも凄い量bearing

これ、シェフから皆さんへのクリスマスプレゼントだったんですよ~、言わなかったけどconfident

「授業を受けてくださってありがとうございます」のお気持ちですって、素敵crying

Img_4576

前日教室に届いてどうしようかと思いました~catface

生きてるオマールが私を睨むんですものshockしかも3尾もthree

そして・・・

Img_4577

こうなっちゃったわけです、許してください、オマールちゃんたちbearing

隅々まで美味しく頂きました、はい。

付け合せのキノコがまた大きいcoldsweats01

Img_4572

シャンピニオンもそこそこ大きいけど、後ろのキノコは!!!

Img_4573

私の手のひらがすっぽり。

そしてこれをジューシーに焼き上げてくださいました、最高~good

来年はイタリアン以外のお料理もレッスンしてくれる予定です♪

私も習うかな、本当に(時間があれば・・・sweat02

| コメント(0)

2009年11月27日 (金)

にいがたフードブランド番外編②

佐渡や~♪すでに懐かしい話confident

そんな私に懐かしの画像が送られてきました。

ドジョウ掬い in 佐渡coldsweats01

トキ米の田んぼの江で、

網を入れてドジョウを掬ってみましたー

Img_3698s1_2

覗き込む私達…ドジョウさん、いらっしゃ~いheart01

Img_3699s1_2

網をいれてみようっと!

Img_3700s1_2

あっという間にトキ米生産者の方がドジョウゲットsweat02

私と宮下さん、まだゼロ・・・sad

Img_3701s1_2

「取れましたよー」by 宮下さん

「・・・」←私catface ドジョウさんのあほーーー!

鍋にして食べるわけでもないのに、網にかかってくれたって良いじゃない!

基本釣りとか好きです、あまり釣れませんけど…

この1年で一番アウトドアな活動だった感じです、このドジョウ掬いがgawk

| コメント(0)

2009年11月 6日 (金)

萬幻豚のメンチカツ&コロッケ♪

美味しいお知らせですdelicious

いつもお世話になってます眞貝シェフが技術提供している静岡県のお肉屋さん

<さの萬>さんが、来週の火曜日まで伊勢丹・新宿店B1の催事場に出店されています!

眞貝シェフの考案しましたメンチカツやコロッケが購入できます。

私も行って来ましたが、「これは今度授業でやっていただきたい!」と思いましたhappy02

眞貝シェフも店頭にいらっしゃいますので、是非お立ち寄り下さいとのことです!

| コメント(0)

2009年10月31日 (土)

にいがたフード・ブランド⑤

本編に戻りますよ~!

えー、二日目。結局夜2度目の温泉に行く前に眠りに落ちてしまった私は朝5時に起きて

温泉へdash

「きっと空き空きだよねnote

と思って温泉の扉をガラガラっと開けると

「しえーーー、な、なんだこのスリッパの数は!?」

昨日の夜の比じゃないbearingおびただしい人影がshadow

温泉へ入ってみると、おば様たちが一杯。恐れ入りましたsweat02

でもしばらくしたら急に空きました。昨日は星空を見た露天風呂から、朝日が出るのを

じーーーーーーーーとお風呂の中から見てました。sun

今日も晴天、やっぱり私は晴れ女(純ちゃんが一緒じゃなくて良かった…)

ホテルを8時出発。

まずは佐渡の魚市場へ!

Img_4281

Img_4282

Img_4283

Img_4284

エビちゃんheart04

Img_4286

横たわってるのは鮫ちゃんshock

魚は見ても何が何なのかいまいち判らず、フランス料理の北岡シェフや眞貝シェフの

後を追っかけて見て周りましたcoldsweats01

途中余りにも寒くてカモメたちが集まってる海の方へ。太陽に当たると温かい~

「ぐぐぐ…」

あ、朝食これからなんです。市場を見てから、なんと漁師さんたちが作ってくださる

朝食を頂きにhappy02

バスで30分くらい、ブリの定置網漁を行っている黒姫へ。

まずは船でお仕事をしてる漁師さんたちにご挨拶&漁から戻ってきた船に乗りました!

ある漁師さんが

「今年はコンパニオン付きなのか?」

・・・

・・・

うーん、コンパニオンって言うのは・・・

私達か!!!shockshockshockshockshock

それは無理がありますよ~、あと一回り以上若かったらね…catface

まあいいや、気を取り直して!

船に乗ると網に引っかかってきた越前くらげも。ニュースで見てはいたものの、

実際見ると…大きい。こんなのがうじゃうじゃ網に入ってきたら漁師さんたちの仕事が

進まないのだろう。なんとかならないものなのか…

取れた魚達も水槽にたくさんいましたfishこの時点で朝ごはんへの期待がupwardright

漁師さんたちが普段お食事をされているところへ、今回はお邪魔させていただき

いつも作って食べていらっしゃるものを味わうと言う贅沢。

Img_4290

バットにブリのお刺身がてんこ盛り、きゃーーーhappy02

向かいに座った宮下さんも大興奮sign03

Img_4291

感想、言わなくても判りますよね、ふふふheart04

その他にもカワハギのお味噌汁や焼き魚、お惣菜も一杯。

誰かが

「ビール飲みたくなるね♪」なんて言ったら、横にあるではないですか!!!

朝ご飯にビール、初体験danger危険マーク危険マーク

私の場合はビールよりもお刺身やご飯(朱鷺認証米でした!)に夢中~

すごく贅沢な朝食ですが、漁師さんたちにとっては一仕事終えてからの栄養補給。

これくらい食べなきゃ駄目なんですねconfident

本当に皆さん優しい人たちばかりで、海の男にうっとりしていた女子数名いましたcoldsweats01

にしても満腹ですfull

後ろ髪惹かれる思いで皆さんとさようなら~

そして私達を乗せたバスは一路ルレクチェ生産地の羽茂地区へと向かうのでした。

勿論sleepy

続く

| コメント(0)

2009年10月30日 (金)

にいがたフード・ブランド番外編その1

えー、本編はもう少し続きますが、ここで一つ番外編sign01

アシスタントのお土産、何にしようかな~なんて思っていた時に見つけました!

Cimg2655

おけさ柿ちゃんheart04

3つがつながっていますが、バラにもなりますcoldsweats01

誰ですか~?そこでミカンにも見えるって言ってる人は!!!

ですよcatface

| コメント(0)

2009年10月28日 (水)

にいがたフード・ブランド④

佐渡話、第4弾です。

温泉を楽しみに残し、いよいよ地元の生産者や産地関係者の方達との交流商談会です。

私としてはやはり洋梨のル・レクチェ、

そしてリンゴapple (佐渡でリンゴが栽培されているなんて知りませんでした!)

まだ季節ではないですが苺の越後姫、

乳製品あたりが洋菓子製造者としては気になります。

個人的には南蛮エビ(甘エビ)がかなり気になる、いや、気に入るはずsign02

交流会が始まり、参加者の自己紹介、生産者さんたちのご紹介と進み、

いよいよ皆さんとの懇談が始まりました。

Img_4277_2

<ル・レクチェ>箱に入っているのはまだまだ食べれません!

もう収穫は終わったそうです!今は追熟中happy01熟すと後ろの写真のように黄色っぽくlovely

11月下旬から出荷されるそうです。

Img_4278

リンゴも程よい酸味、歯ごたえで美味しかったです。

うーん、佐渡、恐るべし!

牛乳、クリームチーズも頂きました♪クリームチーズ、チーズケーキにしてみたい。

お菓子の材料になりそうなものは全て頂かせていただきました!

頭の中で「これ使ってあれ作って♪(ワクワク)」多分顔がにやけていたはずです(怪しい)

さーーーて、

待ってましたの朱鷺米・南蛮エビ・椎茸!!!

白いご飯をそのまま一口。

「甘~いheart04

そのままご飯だけでいけちゃいます。食感もべたべたせず、しっかりとした感じ。

「お米買って帰ろうっと!」

荷物の重さが心配…。翌日伺う酒蔵にて父の誕生日プレゼントを買うつもりsad

まあ何とかしようっと思いながら、ご飯をパクパクdelicious

これは水も美味しいからだろうな~think同じお米でも使うお水で相当味も変わるはず。

ちょっと贅沢してミネラルウォーターでといで炊いてみようかな→気がついたら食べ終わってそうcatface

お米を満喫、次なるは南蛮エビhappy02エビ、大好きな私ですheart01

091022_193804

えー、この子達、生きてましたcatface

新鮮すぎる状態ですよね・・・sweat02

「ごめんなさい、エビちゃん達!」

掴んだ時は静かだったのですが、桶から出して数秒後に暴れだしましたbearing

「ひえーーーーーーshock

あまりの力強い抵抗に、私も大声を出してしまいましたcatface

その後美味しく頂きました。エビちゃん、ありがとう。

一段落して席に着席。隣の席に干し椎茸の生産者の菊池さんがいらっしゃいました。

「まあまあ飲んで~」

と勧めていただきつつ、酒に弱い私はチョビチョビ頂きましたbearing

<酒は飲んでも飲まれるな>20代前半で身にしみました(はやっ!)

好きだけど、直ぐに酔っ払って眠くなってしまうのです。強くなりたいな~think

フランス校で仕事していた時はちょっと強くなったのですけど、

飲まなくなると元通り…sweat02

お酒と一緒に、椎茸の煮物も頂きました!

想像以上、お酒も進みますban

横では眞貝シェフがお腹空いたらしく、

「杉本さんもこれどうですか?」

と進めてくれてdelicious

そんなこんなしてる間に時間が過ぎ、お開きの時間。

お忙しい中、このような時間を作っていただいたことを本当に感謝感謝です。

最後は関東一本締めで「よーーーー、パン!」※関西一本締めってあるんですか?!

半ば出来上がっちゃってる私は宮下さんを探して~

二人で部屋の方に戻ると、我々の部屋の前にマッサージ室がhappy02なんてこったー!

来る時も新幹線の中でマッサージ話に花を咲かせていた私達が見過ごす訳ない!

しかも結構安い!東京価格では考えられない!

二人で予約し、体温めに温泉にすっ飛んでいきましたdash

またこの温泉が結構広くて綺麗。しかも露天風呂までありまして、星を見ながら

極楽極楽~heart04

こんな満喫しながら、私は知っていた。

「東京へ戻ったら、次の日の仕込みやらないと…メニューも打ってない、徹夜だshock

マッサージから戻り、もう1回温泉へ行こうとした私ですが、そのまま寝てしまいましたsleepy

続く

| コメント(0)

2009年10月27日 (火)

にいがたフード・ブランド③

佐渡話、続きます♪

トキに盛り上がった一同、次なるは椎茸を栽培しているほだ木を見学。

Img_4267

上を見上げると太陽の光が優しく注ぎ込んできますsun

Img_4265

並んでますね~、佐渡の原木達です。

ここに椎茸の種菌を植菌し、2夏経つと椎茸が発生するんですって。

この原木を並べる作業を想像しただけでも…gawk凄いことです。

そして菌を打ち込む作業は更に大変な作業です。

生産者の方から、

「出てる椎茸取ってよいですよ!」

と言われ、みんなで椎茸狩り開始dash

Img_4272

超可愛い~heart04まるで某お菓子メーカーの<きのこの なんとか>みたい(笑)

参加していた女性陣、この可愛さにメロメロでしたcoldsweats01

そして私は心の中で

「きっと一杯の菌がかもしちゃってるんだよね~confident」ともやしもんネタで感傷に耽りました

もやしもんがわからない人は検索してください!

可愛いのばかり写真に撮りましたが、実際かなり大きく肉厚な椎茸も沢山!

そしてこの子達が乾燥すると…

Img_4273

乾燥してもまだなお肉厚!美味しそう~lovely→こちらも後ほど試食できると聞き笑顔♪

そしてそして、

Img_4266

こちらはまさに芸術品、美しかった~shine

皆の目も釘付けでした!

さて、今度は柿の選果場へ向かいます。

今がまさに旬の柿ですsign01

私達が伺ったときは、残念ながらラインがストップしていました。

台風の影響もあって収穫数が減ってしまったとの事。

この時期毎年農家の人たちは天にも祈る気持ちで、台風の時期や進路を見守っているのでしょう。1年手塩にかけた農作物たち、出来ることなら全てを無事に収穫してあげたいはずです。かと言って自然にはどうやっても逆らえません。本当に祈る気持ちですよね。

柿の脱渋のシステムを見せてもらい、その後選別所へ。

農家から選果場へ来る際に、まずは農家で選別して出荷するそうです。

その後選果場で機械と人の手で選別。基準に合っていないとペナルティがつくそう。

通信簿があるそうですよ、厳しい~bearingだからこそ、その基準を満たした高品質な柿が

市場へ出荷されるわけですねconfident

一通り見学してから、柿、いただきました!

大きな声では言えないのですが、私、柿は殆ど食べないのですsweat02

果物を食べる習慣があまりないのです、それだけではcoldsweats01

ケーキに使うものは勿論食べますが(例のものを除いて…sweat02sweat02sweat02

柿って洋菓子では中々使わないじゃないものなので。

えー、多分食べたの30年以上ぶりでしたwobbly 

渋みは全くなく、甘いのですが口に残らない爽やかな甘さでした♪

それにしても…食べっぱなしな一日です、大丈夫かしらbearing

柿の選果場をあとにして、バスは宿泊先のホテルへと向かいました。

ホテルの入り口に温泉と書いてあるではないですか!!!

宮下さんと二人でガッツポーズgood

あ、今から交流商談会でした。温泉はお預けで後ほど~

| コメント(0)

2009年10月26日 (月)

にいがたフード・ブランド②

お腹一杯の私達を乗せて、バスは一路<トキの森公園>へ!

トキ、まさか実際にお目にかかれるとはheart04

資料館ではスタッフの方からトキの歴史をご説明していただきました。

知らないことばかりで、ちょっとトキ通になった気分→基本私の知識は広く浅くなのでcoldsweats01

資料館を出ると飼育ゲージの中のトキを観察することが出来ます。

Img_4256_2

いましたー!

みんなの視線に気づいているのかいないのか、あまり動かないトキたち。

でもある瞬間、トキが羽を広げて飛びました!!!

「凄い、薄いオレンジのようななんともいえない色の羽・・・」

表の白い羽からは想像がつかない、なんとも不思議な色でした。

あんな美しい羽だったからこそ、乱獲されて絶滅寸前まで数が激減してしまったのでしょうね。なんだか切ないな・・・

そんな私の横で宮下さん、

「み、見れませんでしたcrying

タイミング逃しちゃったのねcatface→しかし宮下さんのトキ不運はこの後も続くのでしたsweat02

トキにさよならをして、いよいよバスは朱鷺認証米の生産地区・新穂へ

「ひょっとしたら野生のトキが見れるかも知れませんよnote

そんなスタッフの方の一言で皆の視線は空へupwardrightバスから皆がじっと空を見てるっていうのも凄い!

皆の首が痛くなる前に(笑)バスは朱鷺認証米の生産地区に到着。

この朱鷺認証米とは、

①佐渡市で栽培されたお米

②栽培者がエコファーマー(注1)の認定を受けている

③特別栽培(注2)によって生産されたお米

④「生きものを育む農法」によって栽培している

以上4つの基準を満たしたお米に与えられるものです。

(注1)エコファーマーとは土壌診断に基づいた土作り技術、化学農法・化学肥料低減技術計画を新潟県から認定された安全・安心な農業を実践する農業者です

(注2)特別栽培とは栽培期間中に無農薬・無化学肥料で栽培されたもの、又は栽培期間中に化学農薬・化学肥料を佐渡地域慣行比5割以下に減らしさいばいされたもの。

田んぼに到着。勿論今は刈り取りが終わっていて何もない状態です。

田んぼの横には<江>という水がたまった深みがあります。

その中に網を入れてみると・・・

Img_4259

Img_4263

ドジョウさん発見!本当に簡単に取れましたhappy01

オタマジャクシやヤゴもいました。

そして田んぼの周りには・・・

Img_4261

Img_4262

蛙ちゃんheart01↑注意:私の手ではありませんsweat02

作業性や生産性を考えれば、稲を植えない時期は田んぼに水を張ることはとても

手間のかかることです。しかしその水があることで水田の生きもの達が増え、

トキの餌場となるのです。生息環境の悪化もトキ絶滅の大きな原因。

佐渡ではそういったことを改善するために<朱鷺認証米>のような制度を作った訳です

自然放鳥されたトキ達が生活できる環境を作っていくことは、きっと私達人間にとっても

大切なことなのでしょう。

このような場所で取れたお米を是非とも食べたいhappy02

と言っても田んぼですから…後で生産者の方々との懇談会の場で試食できるとの事。

楽しみ楽しみ~note

そんな田んぼから次なる目的地、しいたけの生産地へ向かいます。

途中放鳥されたトキが見れるかも知れないスポットへ、急遽寄ってくださることにhappy01

バスからその場所をじっと見ていると白い物体が2つ。

「いますね~」

トキ、発見です!!!静かにバスを降り、そちらの方角を見ているとちょこんと出ていた

トキの頭が動いた。

「うぉーーーーー、飛んだ!」

上にトキが飛びました!←当たり前って言えば当たり前ですが…

もう一同歓喜乱舞shine興奮冷めやらぬ中バスの中へ。

私の横の宮下さん、

「私、見れませんでしたcrying

えーーーーー!?

結構わかりやすく飛んだのですが、宮下さんはかなり空の上の方を見ていたらしく…catface

そんな宮下さんを数分後にはシイタケが癒してくれるのでありました。

(続く)

| コメント(0)

2009年10月26日 (月)

にいがたフード・ブランド①

上機嫌の父の誕生日会(ってほどのものじゃないですけどcoldsweats01)終わって仕事再開catface

美味しいもの食べて、ほどほどにお酒飲んだらそのまま「おやすみなさーい!」と

行きたいところでしたが…現実は厳しいcrying

ま、佐渡で美味しいもの食べて温泉にも入って良く眠れたから、その分頑張りますか~

22日~23日にかけて、新潟県が主催してくださった新潟(今回は特に佐渡)のフード・ブランド「産地見学会」に出席させていただきました!

私のイメージでは新潟というと<美味しいお米>の産地。

それ以外は…パッと頭に浮かびませんでしたbearing

とにかく今回驚いたのは、新潟県の食材の豊かさでした。

しかも未知の場所<佐渡>に関して知っていることと言えば

①トキがいる場所

②金山があった場所

・・・

③昔島流しされていた場所

・・・

もう出てきません、これくらいの知識しかなく、しかも食材に関しては無知sad

そんな私を待っていたのは、驚きの食材たちでしたsign03

朝6時40分、眠い…っていうか徹夜gawk新幹線で寝れば良いと思ったのが間違え。

一緒に参加するフルーティアの宮下さんと吉祥寺駅で合流→東京駅へdash

駅でサンドイッチを買って、勿論飲み物はコカ・コーラ・ゼロnoteと思ったら、

自販機が売り切れになってるcryingなんでこれだけ売り切れなんだshock切ない・・・

ま、気持ちを立て直して出発←こんな事でめげる私も私ですがcoldsweats01

宮下さんとの会話、全部書きたいくらい笑えました。面白すぎ!でも書いてたら

ブログ進まないから已む無くカットいたしますdespair

笑いすぎて疲れて眠り始めた二人、

新潟までの2時間はあっという間でした。駅で他の参加者の方々と今回の現地スタッフの方々と会って、そこから佐渡へ向かうため港へwave

港からジェットフォイルに乗ること1時間、海に感動~

その後すぐに勿論寝ましたsleepy

佐渡の両津港に到着、結構寒い。

そこからバスに乗ってトキ交流館へ。こちらで現地の食材を使った昼食を頂きました!

Img_4251

Img_4252

Img_4253

野菜が中心の健康的なメニューhappy01そしてかなり満腹coldsweats01

沢山のお惣菜を目の前にして、とりあえず全種類制覇をもくろみましたが、結構無理catface

男性の参加者の皆さんも「こ、これ以上は無理かなsweat02

ご飯も美味しかった~!こっそり余ってるおにぎりを持って行きたかった(笑)

作ってくださった方々にお礼を言って、

そして入ったときからずっと気になっていたトキと写真を撮って次なる目的地、

トキの森公園へ向かいました!

Img_4255

お、大きすぎ…sweat02乗れますよ、このサイズは!

Img_4254

流石に跨ぎはしませんでしたcoldsweats01

とりあえず眠いzzz

続く・・・

| コメント(0)

2009年9月21日 (月)

びっ栗!←親父ギャグですみません…

えー、

ついに栗が入荷し始めましたgawk

まずは丹波篠山から。

Img_4122

大きいんですけど、これじゃわかりにくいのでこちら↓

Img_4124

さらに比較画像 with 10円玉

Img_4123

おにぎりじゃないですよ~catface

重さ48ghappy02しえー!!!

剥きます…

| コメント(0)

2009年9月19日 (土)

頭までいっただきまーす!イタリアンな1日の締めは「えっ?!」

今日は午前中がイタリア菓子<ティラミス>&<ビスコッティ>の授業

午後が小西シェフのイタリア料理レッスン♪

(料理の写真アップは後ほど~)

オマール海老の冷冷製パスタを作っていただいたのですが、

授業後にオマール君の頭が冷蔵庫にcoldsweats02

「これって…捨てちゃうのはもったいないよね。何か作れる?私が…」

「うーん、お味噌汁にしちゃえばどうですか?」

なるほどーconfident

と、言うわけで今から作りますbearing

| コメント(0)

2009年9月 7日 (月)

プリプリの巨峰、ここでゲット!

<巨峰のシャルロット>レッスン、昨日で無事終了~confident

巨峰を剥きまくること・・・手が紫ですよ~papershock

そんなレッスンに欠かせなかった巨峰ですが、吉祥寺のバス通り、

えーと教室からですとパルコに向かって歩いていくと、

不二家とか焼き甘栗屋さんとか宝くじ売り場(←ここ、重要coldsweats01)の同じ並びにある

<一実屋>さんという果物屋さんで買ってました。

ここは自分の果実園を持っているので、朝トラックでつんできた物を販売してます。

桃も美味しかったですし、巨峰も美味しくてお安い!dollar

Img_4082

今度はマスカットで作ってみようかなと思ってはいるものの…catface

他に作らなければならない物がsweat02

| コメント(0)

2009年8月24日 (月)

クリスマスから始まり…

危なく2日間更新を怠るところでしたcoldsweats01

少しね、ハードな日々が…今週一杯。

今日もお休み返上でお仕事でした。ま、そんな時もあるかthink

朝、

百貨店で販売するクリスマスケーキの撮影のためのケーキを準備。

毎年思う。8月からクリスマスケーキ関連のカタログ(箱とかオーナメントとか)

見るのってどうよ?昔だったら嬉しかったかも(笑)

あ、今も選んだりするのは楽しいですよheart01でも…夏ですよ今はcatface

担当の方が取りに来てくれまして、無事お渡し終了。

次。以前もブログで紹介させていただいたティーコーディネーターの大石さんと

打ち合わせ.

そして午後から小西シェフのレッスン。授業の準備してる間にグリコのチョコブログの

記事を書き始めるmemo

小西シェフ授業開始。今日は前菜・ニョッキ・パスタ・リゾットの4品。

出来上がりの写真は明日アップしますね~

ちなみに下はニョッキを作っているところですhappy01

Img_4020

Img_4022

Img_4024

ニョッキを作る光景を見ると思い出すのは<ゴッドファーザー・パート3>の1シーン

アンディー・ガルシアとソフィア・コッポラが作ってた、はずsign02

まあ良いです、先へ。

授業が終わってから、

一緒にお仕事をしてますフルーツティー専門の<フルーティア>さんの宮下さんが

明日フルーツティー教室を行うとの事で、フルーツティーと楽しんでもらえるような

お菓子を準備!

気がつけば夕方6時半。

今晩はニフティーのスイーツ部担当のSさんとYさんとお食事に行くお約束。

Sさんが調べてくれたお店へ。

教室からも近いお寿司屋さん(小料理も色々ありました!)

取り合えずビールbeer

「次は何飲みますか?」

あーーー、もっと飲みたかったけど…

「わ、私まだ仕事が残ってるんですshock

そうだよ私、まだ帰ってやることあるだよーcrying

「なのでお茶くださいbearing

そんな時に美味しく焼かれた<のどぐろ>登場sign03

Img_4044

<僕、焼かれちゃいました…byのどぐろ>

これが、

半端なく、

脂のりまくりで、

塩加減もちょうど良くて、

だから何って、

「何これ!美味し過ぎheart01

SさんYさん超興奮、私はそんな中こう思った。

「やっぱりお酒bottle、必要だよ…」

美味しさに感激しつつ、揺れる心、

「ああ、何で明日は仕事なのcrying

そんな時に天使現る。いや、天使じゃない!?

お店の人が

「今開店3周年記念でお酒をサービスしているのですがいかがですか?」

「お願いします、3人分happy01」←私、注文。

だってサービスって言うから←言い訳

そう言う訳で、予定よりも1杯多く飲んでしまった私はやはり眠たくなってしまいました。

しかしここでも思わぬことが~!

帰ろうと表に出たら涼しい!いや、むしろ寒いくらい(酔いがさめてきていたから)

歩いて変える合間に完全にしらふ状態へupwardright

おかげでブログも書けたし、

そして今から残ってる仕事を片付けますdownwardright

| コメント(0)

2009年8月22日 (土)

花も団子も好きです!団子はどこ?

昨日生徒さんに頂きました!

Img_3996

え?団子?

Img_3997

そうです、団子でしたhappy02

最初箱を開けたとき、・・・はい?!と思わず蓋を閉じそうになりましたが、

黒胡麻と和三盆の中に団子が埋もれてますcoldsweats01

食べた後は口の周りと中が・・・catface

たとえそうなっても美味しい物は美味しい~heart04

みたらし団子も頂いたのですが、写真撮る前に食べちゃいました~

古賀音だんご言うそうです。

別な方にはポテトチップス(ご当地限定)も頂き、朝から幸せな気分で食べてます。

えっ、朝から!?勿論飲み物はアレですgawk

| コメント(0)

2009年8月18日 (火)

美味しいお話の続きです♪

月曜日の眞貝シェフレッスンの続きでーす

Img_3974

白桃とマスカルポーネを巻いた生ハムのサラダ添え

これは一口食べて皆さんが「超~美味しい!!!」と目がハートheart01

Img_3976

焼きなすとカジキマグロ、オレンジの香り マグロのカラスミ添え

お野菜たっぷりの爽やかな一品、マグロのカラスミは初体験happy02

Img_3978

鶏肉・白葱・クレソンのトマトソースで和えたフジッリ

黒胡椒と唐辛子パウダーがピリッときいたトマトソース。

満腹だーと言いながら食べつくしました!

| コメント(0)

2009年8月17日 (月)

なかなか見る機会ない!

今日は<アンデル>の眞貝シェフレッスンhappy01

そのメインがかねてから皆が食べたがっていたフォアグラheart04

(一番食べたがっていたのは私かsign02

調理前のフォアグラの固まりに皆さん「すごーい、大きい!」

そうですよね、あまり見る機会って無いですよね、しかもカットする前の物なんてcoldsweats01

Img_3977

そして調理後はこちら↓

Img_3980

ちりめんキャベツを敷き、表面をソテーしてからオーブンで火を通し、

蜂蜜風味のヴィネガーのソースhappy02

goodシェフ、最高ですshine

皆さん、おうちで復習する気満々でお帰りになりました~

またあとでその他の画像のせますねrestaurant

| コメント(0)

2009年8月 2日 (日)

<糖分と塩分のバランス>すでに摂取しすぎなのは…

小腹が空きました~catface

4,5年前なら間違えなく冷蔵庫の中にあるケーキに飛びついていたけど…

最近はどうもな~、<塩>を欲しますcoldsweats01

今もお煎餅バリバリ食べてますdelicious

今まで食べてきたトータルの<糖>は、

一般の方が一生を通じて取る分をすでに越えているのだろうと最近思いますthink

一日でマカロン10個食べてた30歳の頃shockそんなこともあったよね~

<低血圧症の疑い>とか診断された事があって、

お医者さんから

「塩なめなさいsign03

って言われたけど実践しませんでした。だって<胃>に悪そうじゃないですかsign02

極端は良くないってことですよねconfident

今日はちゃんとご飯も食べますrestaurant←ナイフ・フォークは使わなそうですけどcoldsweats01

| コメント(0)

2009年7月31日 (金)

我慢した理由

昨日の小西シェフレッスン、

美味しいお料理を目の前にして「今日は駄目だよ~bearing我慢するだよ~crying

何故かと言いますと、夜に打ち合わせを兼ねたお食事会がありまして、

西荻窪のフレンチレストラン<ル・サン・ル・スー>に行くことになっていたのです。

流石の食いしん坊な私も、昼夜イタリアン&フレンチを食べるのは今となっては…

27,8のころは平気で食べていたのですが、フランス校でcoldsweats01

今考えても「どんな胃よ、私」って思いますthink

そんなわけで今日は伊勢丹立川店のMさん&Hさんコンビと打ち合わせ。

以前からお世話になりっぱなしの方々、いつか美味しいお食事をしにとお話しつつ

中々機会が持てず…ようやく本日行ってきました!

しっかりフレンチが大好きというMさん、メニュー見たときからワクワク感溢れすぎsweat02

(気に入っていただけて私的には本当に良かったです♪)

Hさん、あっという間にメニュー決めちゃいました!早!

(多分一番最初に目に付いたメニューでしたね♪)

私は…優柔なので中々決まらずgawkでもいつもよりは早く決めたつもり。

だって打ち合わせしなくては!!!

メニュー決めて、色々と打ち合わせ。この辺りは仕事モード満開good

でも・・・

1品目が出てきたらお食事モード全開scissorsとりあえず料理に集中!

2品目、デザートが終わるまでこの状態継続。

「あー、美味しかったですね~!満足だな~!」

MさんもHさんもお気に召した頂いたようですhappy01

うん?こんなまったりしてて良いのかな?

・・・

・・・

危ない!まだ話が終わってなかったshock

ここから3人気を取り直して仕事モード+爆笑モードで話し合い。

取り合えず私の好きな飲み物はコーラで、カップラーメンも大好きという

話題がメイン(失笑)

「またまた、ご冗談を~」とMさん。

冗談じゃないですよ♪ちゃんとブログ読んでくださいね♪

この話からどうやってメインのクリスマスの話に戻ったかは不明、謎です。

世の中謎だらけですよ。

| コメント(0)

2009年7月21日 (火)

夏最大の悩み~どちらも捨てがたい!~

炭酸大好きheart01な私は、
夏場とても悩みます。

「あー!どっちにしよう?catface

Img_3869


<コカコーラ・ゼロ>か<アクエリアス・フリースタイル>

基本的には<コカコーラ・ゼロ>これは年中無休coldsweats01
あ、前は<コカコーラ・ライト>とか<ダイエット・コーラ>とかありましたよね。
今もあるかとは思いますが、最近はもっぱら<ゼロ>
初代<ゼロ>は私の好みには合わなかったけれど、今のはかなり気に入ってます♪

ですが…
夏場だけ販売される<アクエリアス・フリースタイル>
これがだだだだだだだーーーーーい好きheart04
クエン酸入りの炭酸飲料なんですよ、スポーツドリンクなのに炭酸、最高ですgood
私としましては1年中販売していて欲しいのですが、夏場しか見かけませんbearing
そして…
今年もついに発見、やったーーーーhappy01
アクエリアスを手に取ったら、横に並んでいたコカコーラが
「僕はもう用済みか!?」
と、訴えていた気がshock

「そ、そんなわけないじゃんね~!sweat02君はいつでも大切さ!」

という訳で今日は2本とも手にとってしまいました。
2本買ったら、2本飲んでしまうのよ、あっという間に…

さて、どちらから飲むかな?

| コメント(0)

2009年7月10日 (金)

ジャムが炊き頃~

杏が十分に熟してきましたgood待ってました!

いよいよジャムにするときがきました、イェ-イhappy02

ザッハトルテへの第一歩です、美味しく炊かなくてはthink

ふふふ、趣味のお菓子作りなんてかなり久しぶり♪

燃えてきた~impact

| コメント(0)

2009年7月 8日 (水)

昨日のアンデル

えー、どうも7月7日が満月だったらしいですfullmoon

七夕の満月は19年に一度とか。本当に丸い、今日も吠えそうcoldsweats01

天の川は見えないですね、東京では。

きっと私が住んでいたフランスのリエルグ村なら、降ってきそうなくらいの星が

見えるのだろうな…confident ま、実際降ってきたらえらい騒ぎですけど!

昨日のアンデルのお食事です。

私は体調を考慮して食べなかったのですが、1品目。

Img_3822

牡蠣、

本当に軽く火を通して、上にかかっているのがパッションフルーツのソース。

食べた方曰く「爽やかで夏らしい、パッションフルーツも合うんですね~」

との事でした!

私が頂いたのはこちら。

Img_3823

オマール海老、下にはフレッシュの桃とクレソンのソース。

ふふふ、これ、美味しかったですheart01

だって海老、大好きhappy02 クレソンのソース、初めて食べましたが、それこそ爽やか~

2品目

Img_3824

鱒のマリネ、ピスタチオのペースト添え(あってるかな?)

これ、

かなり大きかったんです、画像ではわかりにくいですが…。

私、そんなに食いしん坊に見えるのかしら?

こちらもさっぱりしたお味、おかげで大きかったけど完食!←食いしん坊万歳!

パスタ

Img_3825

アオリイカとカラスミのパスタ。

本日の星三つ☆☆☆

「おかわりしたいhappy02」と思いました。

なんでこんなに美味しいものが作れるのかしら、羨ましい…think

最近の悩み。

小西シェフや眞貝シェフの作るパスタを頂く機会が増えて、

自分で作ることが減りましたgawk だって作ると虚しくなるんですもの!!!

弟子入りさせてもらおう、こうなったら。

嫌がられそうですが(笑)

デザートは

Img_3826

クレーム・ブリュレのようなクリームの上に(イタリア語、覚えられない…)

リコッタチーズのシャーベット、季節のフルーツ添え。

満腹のお腹にすっと入る、しつこ過ぎず重くない味、

個人的にはもう少し上のフルーツがあると食べやすかったかな。

酸味と甘みの組み合わせ、大好き!

と言った感じでした。

小西シェフ、眞貝シェフ、ご馳走様でしたheart04

| コメント(0)

2009年6月30日 (火)

季節です、届きました♪

先週からアプリコットを使ったケーキ<ドマーニ>のレッスンが始まりました。

日本ではあっという間に収穫時期が終わってしまうようで、中々フレッシュのアプリコットを

楽しめる時間はありませんcrying今ですよ、今!

Img_3803

今回のアプリコットは砂糖を加えて加熱して使うので、酸っぱめな物を選びました。

<ドマーニ>には、砂糖、バター、ヴァニラとアマレット酒を加えて炒めた物が

入ってますbirthday甘酸っぱさがheart04

Img_3804

なんだか可愛い~heart01オレンジ色にほんのり赤みがかかっていて照れてるみたいconfident

<ドマーニ>以外にも使うんですよ、前にも書きましたがスペシャル・ザッハトルテを

自分用に作ります、へへへhappy01

手作りアプリコットジャムで作るザッハトルテ、今から楽しみ♪

一人で抱え込んで食べてしまいそうcatface

| コメント(0)

2009年6月16日 (火)

大阪での出来事<ビストロ・カメキチ>

以前から話に聞いていて、今回の大阪滞在でどうしても行きたかったレストラン!

私がフランス校に赴任した時の1期目の学生だった亀井君が出したお店です♪

T先生からお食事をご馳走していただけると聞き(先生、ありがとうございましたcrying

「カメキチに行きたいのですが…」

と、場所指定(笑)

なんなら予約もしますのでと自ら予約(失笑)

待ちに待った亀井シェフのお料理を頂いてきました。

お店は3周年を迎えたそうで、奥様と、女性スタッフが2名いらっしゃいました。

お店の雰囲気、私は結構好きかもheart01

可愛すぎず、でも女性目線で見ても感じが良く、清潔感もあってゆっくりし易い。

昼間のお店も今度は是非見てみたいな~

で、メニュー。

上から下まで懐かしのメニューが一杯heart04heart04heart04←ハート、出まくりですよ本当!

フランス校勤務中に食べたリヨンの料理や、ベーシックなフランス料理。

私、

大好き!!!

と、なるとどれも食べたい!でも1皿の量が結構しっかりしてるらしい。

食べ手は2人。

選べない~shockshockshock

メインはシェフお勧めの鴨に決まったのですが、それ以外をどうするか。

「それ以外に3皿くらい選ぶか?」

T先生、仰せのままに(ははー)

そして私たちが選んだのが

<アシエット・シャルキュトリー>

Img_3773

パテやリエット、ブーダン・ノワール(豚の血のソーセージ)などの盛り合わせ。

フランスで始めてブーダンを食べたときはcatfacecatfacecatface口が曲がりました、なって食べ物だと…

し、しかし時は過ぎ19歳のころの私は何処へ。

「先生!ブーダン食べたいです!(ニッコリ)」

嫌がるT先生は無視して、私の分だけブーダンをのせてもらいましたー!

出てきました!色々のってますrestaurantおっとー、ブーダン発見♪

一口サイズだったので、そのままお口へパクッ。う~ん、胡椒の風味がアクセントに

なっていて、臭みもなく美味しい。もっと大きくても食べれました(爆笑)

その他のリエットやパテも懐かしの味+繊細な感じ。そして中でも印象に残ったのが

ジャガイモと鯖のテリーヌ。重なり合ったジャガイモと鯖、ジャガイモが鯖の味を吸って

二つが上手く融合している。はじめて食べた組み合わせでしたがscissors当たりです!

次のお皿

<サラド・リヨネーズ>

リヨン風サラダと言う名前のこのサラダ、

ポーチドエッグ・ベーコン・鶏レバー・シェーブルチーズが入っているのが特徴。

え?なんで画像がないかって?

あまりに美味しそうだったので、写真のことを完全に忘れて食べちゃったんですcrying

いや、これ本当。

状況としましては早く食べたい→取り分けなくっちゃ→やっぱり私よね、分けるのは!

と言う感じで、お皿に取り分け食べ初めて2~3分経ってから気がつきました…

ですのであえて感想はいらないでしょ♪

3皿目は<ロニョン・ドゥ・ヴォー>

これがまたまたマニアック。何って牛の腎臓です。マスタード風味のソースで。

杉本家では私たちが子供のころから、このお肉を生姜醤油で煮てました。

白いご飯にぴったり♪そんな私はフランスへ行ってもロニョンの料理が好きでした。

苦手な人もかなり多いですがcoldsweats01

T先生もお好きだったらしく、3皿連続内臓ですけど何か?と自問自答しながら

注文しちゃいました。

Img_3775

可愛いお鍋に入って出てきました。

これは前述のように好みの分かれるお料理です。

ただし、私もT先生も最後のソースまでパンにつけながら食べつくしたとだけ

言っておきます!

最後は<鴨肉のロースト>

これはメニュー外で作っていただいた1品です。亀井シェフ、ありがとう!

Img_3777

黒いの…そしてスライスしてのってますのはサマートリュフ!

いや~ん、こんなに一杯。

鴨肉の火通しも良く、ソースの味もしっかり!

そして私が嬉しいのは付け合せの野菜の美味しいことったらheart04

お腹も満足!亀井シェフのお料理を食べれたことに私も大満足!

学生時代から11年かな?お料理もそうですが、こんなに立派なお店を開き、

奥様とがんばっているシェフの姿に感動。

色々な苦労があったでと思いますが、こうやってお店を開きシェフをするまでになった

彼の生き方が凄い。同じ時期にフランスで出会えて良かった。

「杉本先生にお出しするのはちょっと恥ずかしいのですが…」

とデザートタイム。

いやいや、恥ずかしいことなんて何もない!すでにシェフの料理にノックアウトされてますからね♪デザートだって美味しかろう!

<カンパリのグラニテと・・・なんだっけ?>←あ、ありえない…。

夏みかんのような柑橘系のフルーツのゼリーが上にのってます。

※亀井シェフ!見てたらコメント欄にフルーツの名前書いて!

お腹一杯でしたが、さっぱりしたお味、さわやか~な風味でぺロリ♪

Img_3779

美味しいお料理とワインに大満足。

あー、これで明日休みだったら最高up

「じゃ、また明日な。寝坊するなよ!」

ですよねー。何のために大阪に来たって、授業しに来たんですよね私…。

間違っても寝坊は出来ないgawk

目覚まし3つスタンバイOK!頼むからちゃんと起きてね!!

| コメント(2)

2009年6月 5日 (金)

ヴィネガーとチョコレートの関係やいかに!

新丸ビル<アンデル>の眞貝シェフから、ヴィネガーが2本届きました~

以前、フルーツヴィネガーとチョコレートで生チョコを作ったのですが、

今回のヴィネガーはどうかな♪楽しみ楽しみ♪

| コメント(0)

2009年5月27日 (水)

なぜか心惹かれる<北海道物産展>

今日は終日教室にて書き物、書き物、書き物。

別に忙しかったわけではないのですが、またしても食事時間を逃してしまったcatface

お昼ごはんが16時過ぎrestaurantあー、もはや夕飯に近いね。

駅ビル<ロンロン>の地下街にあるカレー屋さんに。

<チャオカリー>http://ciao-curry.com/top.html

普通のカレーとちょっと違って、炒めた野菜がたっぷり入っているのが気に入ってますheart01

辛さも5段階くらい選べますが、辛いのが苦手な私は一番辛くないものに生クリーム入りをいつも頼んでます。からしとかわさびマスタードは大好きなんですが、カレーや唐辛子は無理sign03ヒリヒリするのがきっと駄目なんです…

カレーでお腹が一杯になったので、ちょっとぶらぶら散歩。

伊勢丹に行くと催事場で<北海道展>を行ってました(来週火曜日までです!)

「北海道か・・・美味しそうだ~happy02

スイーツ、海鮮系、お肉やじゃがいもなど、北海道原産の美味しそうなものが一杯。

例のキャラメルもありましたけどスルー(爆笑)私は海鮮丼のお店を見てまわりましたcoldsweats01

だってそっちの方が興味深いんですものdelicious

とは言え、カレー食べて満腹状の私です。さすがに今日は買えませんでしたcrying

あー、先に北海道展のことを思い出せば良かった、反省…。

明日はゆめ牧場horseに行ってきます

| コメント(3)

2009年5月24日 (日)

吉祥寺の姐さんとお食事@ル・サン・ル・スー<西荻窪>

私が尊敬する姐さん四天王のお一人、U姐さんと食事へ。

午前午後とレッスンだったので、終わってから超特急dashで片づけ。

何とか待ち合わせの時間に間に合いましたー!

今日はU姐さんにご紹介したかったお店、西荻窪にある<ビストロ・ル・サン・ル・スー>へrestaurant

フランス料理のレストランです。気さくなマダムと、毎回美味しいお料理を作ってくださるシェフにお会いするのが楽しみでもあります。

このレストランへ行っていつも困ることがあります。

メニューが色々ありすぎて、決めれないんですcryingだってどれも食べたいんだもん!

魔法の胃袋お財布があれば、すべてを食べつくしたい、そんな気すら起きます。

U姐さんもかなり迷ってました→メニューコピーして持って帰りたいって言ってましたcoldsweats01

→絶対又食べに行くだろうな~

私の前菜は、玉葱のムースに甘い海老ののったものを頂きました。

玉葱のムースが良い!軽すぎずしっかりとした味なのですが、海老との組み合わせが絶妙heart04前回もいただいたのですが、きっと又食べてしまいそうです♪

メインは豚の肩肉の自家製ソーセージ、レンズ豆のつけ合わせと共に。

焼いたお野菜も沢山添えられていました。自家製ソーセージ、美味しい♪

私も作ってみたいな。Sシェフ、教えて!(笑)

レンズ豆はフランスの学校ではじめて食べて、豆好きの私としては欠かせない

付け合せの一つです。あ、レンズ豆で餡子炊いてお汁粉作ったこともあります。

小豆で作る餡子より、私は好きですheart01

U姐さんも私も大満足していたら、外からピカピカthunder光るものが…

そして窓を打ち付ける雨がrain降ってきました

二人とも、傘持ってないって一体gawk

だってもう止んでいたんですものrain出かけるときは…

私たち、雨女ですかね、姐さん?

| コメント(0)

2009年5月23日 (土)

静かなMEC内ブーム

最近授業でアイスクリームやシャーベットを作ることが多くなりました。

と言うか、多くしたのは私ですけど~( ̄ー ̄)ニヤリ

季節のフルーツを使って、その時だけ楽しめる味ってやっぱり大切です。

便利になればなるほど、技術が発達すればするほど、

今までの<旬>というものが見えなくなってくる気がします。

だからたまには<旬>を味わう、季節を楽しみながら感じられる機会を

授業中にもてれば良いなと思って、アイスクリーム&シャーベットなどを作っているんですよ~

で、

すううううううううううごく、アイス類が好きな生徒さんがお二人いらっしゃいまして、

どれだけ好きって、あったらあっただけ食べちゃうんですよ~bearing

「お、お腹壊さない程度でやめておいてくださいね…。」

一応、止めてはいるんですけどね、はははは…はあ~

家庭用アイスクリームメーカー、買いそうな勢いですdash

教室には2種類、アイスクリームメーカーがありますが1台はレストランなどでも

使ってるようなタイプ。続けて使えるのが便利ですがお値段が7~8万するはずです。

家で使うには場所をとるし少々お高いmoneybag

もう一つのはツインバードというメーカーのアイスクリームメーカー。

ポットを冷凍庫で8時間ほど凍らせ、それを機械にセットするタイプです。

ポットも大きすぎず(大きいと冷凍庫のスペースを占拠してしまうのでNG)

お値段もネットで調べたら6000円台から売ってました。

興味ある人は検索してみてください!そしてみんなでアイスを作ろうnote

| コメント(0)

2009年5月11日 (月)

難しい言葉はいらない

happy02今日は教室の生徒さんのKさんと、ランチを食べに。

いつもお世話になっている小西シェフ・眞貝シェフの働いている、

新丸ビル7階の【アンデル】へhttp://ander-italiano.com/

何回か伺ったことはあるのですが(仕事のこととかでは)食事をするのは

今日が初めて♪お二人が作るお料理は他の場所で何度もいただいているので、

お料理はお任せでお願いしましたhappy01

<モッツァレラチーズ&フルーツトマト>

イタリア産の水牛の乳で作られているモッツァレラ、ミルキーさがたまりません。

トマトも甘い~heart04

<サヨリのマリネ、ホワイトアスパラガスとカリカリに揚げた骨のお煎餅>

さっぱりした一品、お魚自体も勿論美味しいのですが、骨のお煎餅がグーgood

<豚肉のコロッケ仕立て、マンゴーのソース>

コロッケではないのです、四角くカットした豚肉に衣をつけて揚げてあるのです。

中のお肉が柔らかーーーい、脂たっぷりなのですがしつこくない!マンゴーソースで

さらに食べやすい!

<春キャベツのパスタ、カラスミを散らして>

これ、このパスタ単品でも構わない!!!て思いました。キャベツも美味しい~、たぶん

塩加減も絶妙なんですよね、凄い。

パスタ食べ終わった時点で、

「これで終わるわけないよね、パスタで…」

かなり満腹状態gawk

最近満腹中枢が満たされるのがめっぽう早くなってきてしまった。

えっ?これだけ食べてれば当たり前ですかsign02ハハハ、ですよね~

フランスで働いていた時は、休日にお昼&夜、フルコースで食べ歩いたことが

ありました。ま、結果撃沈しましたけど…shock

話元にもどって、やっぱりメインがありました!

<馬肉のロースト、ワイルドライスとアスパラガス(アスペルジュ・ソバージュ)添え>

馬肉を食べるのは2回目くらいかな?

実は杉本家では馬肉を食べるのは禁止されてまして…

父上様の趣味、競馬なんですhorsehorsehorsehorsehorse

ま、食べるの禁止は冗談ですが一応家の人には内緒でsecret

今書きながら思い出しただけで満腹です、本当~

デザートはあっさりと<レモンのグラニータ>

で、ですね、

実は1品抜けてまして…

今日の1番の衝撃的美味しかったもの!

<アメリカンチェリーのガスパチョ、スカンピ(手長海老)とシェーブルチーズ入り>

これはとにかく食べて欲しい。

話には伺っていたのです、アメリカンチェリーのガスパチョ。

「でもチェリーか~、デザートっぽいんじゃないのかな…」

そんな心配は要らなかった。これまぎれも無く料理。しかも相当美味しい。

Img_3647_9

   

シェフ達、本当に美味しかったです。

アメリカンチェリーの季節中にもう一度行ければな~

ご馳走様でしたhappy02

その他にも今日はブログネタが沢山あるのですが、

長くなりすぎたので又次回(忘れなければ!)

Kさんもありがとうございました、楽しかったでーす(東京見物も♪)

追伸:アメリカンチェリーのガスパチョ、常にあるわけではないそうです!

すみません…coldsweats01

Img_3646

Img_3649

Img_3650

Img_3651

Img_3656

Img_3658

| コメント(0)