« シェ・トラのオーダーケーキ<やっぱりこの季節はチョコレート♪> | トップページ | 出したくなかった1通のメール »

2015年2月25日 (水)

上達の早い人

いよいよお教室のレッスンも佳境に差し掛かってきました。
3月中旬で最後のレッスンを迎えることとなりますが、
最近は2001年に始めたころの事とか、
伝説的な出来事とかを思い出しては笑い泣きしております。
この仕事を始めて15年目。
沢山の生徒さんと出会いました。
あー、今から書くことは少々手厳しいことかもしれませんが、
一つの意見として聞いてくださいね。
うちの生徒さん達は知ってますが、
私のレッスンのレシピは作り方まで相当細かく書いたものをお渡ししてます。
これは何故かと言えば、
私が専門学校で働いていた時、
学生たちが講習中そりゃ一生懸命ノート書いてるんですよね。
寝てる人も沢山いましたけどwww
あとノートじゃないものを書いてる人たちもwww
まあ、そういう人たちはどうでもよくって、
一生懸命書いてる子たち、
「今見てよ~!!」って思うこと多々あり。
確かに学校はレシピ(配合)しか基本的に渡さないので、
書くことは大切なんですが、
肝心なところを見てくれてなくって…。
実際実習で作る時に
「え?見てたでしょう講習?」
「見てませんでした…」
ってね、まあ一生懸命なのだからわからなくはないけど。
そんなこともあったので、
私は教室の生徒さんが、ノート書くのに必死にならずに
ちゃんと要所要所が見れるようにレシピに作り方を書いて渡すスタイルに。
し、しかし…
親の心子知らずwww見てないよ!!!って思うことだらけでした、は~。
ノートに書くより、目に見て同じことを実行しなくてはね。
これが出来る人はやっぱり上達が早い。
その人は見てるんですよね、肝心なところを。
(私もそれを見てるわけですがww)
まずはコピー出来るかどうか、です。
残念ながら出来ない人は私の作業を見ていない。
「今でしょ!」じゃないけど、
ここ見ないとこれは出来ないぞ~ってところを見ていない、
だから出来ない。見てないとイメージできないんですよ、
それはとても残念なことです。
ちなみにこれって年齢は関係ないんです。
そしてあとは実際に自分が作るかどうか。
お教室で作っただけで、家で復習しなければ
当然それ以上の上達はありえません。
私だって何十回何百回とやって出来るようになったことが沢山あります。
上手くなりたいなら作ってください。
でもプロではないから、どこまでのレベルを追及するかは
ご本人が決めて良いことなんです。
つい先日も初級クラスの方の<苺のショートケーキ>レッスンがありました。

はっきり言うとショートケーキは初心者には作るのは無理です。
なので何で無理かと言うことをわかっていただくためのレッスンでした( ̄▽ ̄)
レッスン終了後、皆さんご理解いただいておりました。
まずはバタークリームを使って練習して、
手が慣れてきたらショートケーキにチャレンジするのが最短の上達コースだと
私は思います。
実際そうやって上達したベテラン生徒さん達もいらっしゃいますし♪
「先生、私たち教室難民になってしまう…」
と言ってくださる生徒さん達、
ふふふ、大丈夫大丈夫。
家で復習していないことが山とあることでしょう?
教室のレシピ見ながら、ドSの私を思い出してください( ̄ー ̄)ニヤリ
最後まで手は抜きませんよ(* ̄0 ̄)ノ

最新スイーツ情報はここでGET!-おかしすとレポート

2015年2月25日 18時06分 レッスン , 出来事個別ページコメント( 0)

« シェ・トラのオーダーケーキ<やっぱりこの季節はチョコレート♪> | トップページ | 出したくなかった1通のメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。