« 昨日の今日で良かった~ | トップページ | 和洋折衷なんでもあり »

2013年8月25日 (日)

無事に授業をしてきましたー!神戸スイーツコンソーシアム

昨日はお店を休ませていただき、
今年からお手伝いさせていただいてます
<神戸スイーツコンソーシアム>の第3回目の授業に。
今回は私が講師で<桃のムース>を
皆さんと作ってきました。
1377341076280.jpg
山形から届いた桃<あかつき>を
白ワインのコンポートにして、
それをゼリーにしたものをまず固め、
その上に桃のムースを流して固めました。
桃前線も北上、
山形まで届きましたね~
開校式の時に初めてこの会場、
日清製粉さんへ伺いました。
当たり前ですが粉が一杯ありました(笑)
色々な粉をつかえて楽しそう♪
普段は粉を使ってパンや麺などを研究されているスタッフの方々も、
このレッスンではサポートに入ってくださいました、
心強いo(*^▽^*)o
初めての場所で授業するとき、
何が大変かと言いますと
<勝手がわからない>
ということです。
器具の場所やら細かいことを言えばごみの捨て方とか、
その場所その場所で違いますので…
なので最初は質問だらけです(笑)
午前中は桃のコンポートの仕込みを
スタッフの方々と一緒に。
桃の湯むきの時は事務職の方々も興味津々で
一緒にむいてくださいました。
「家でやってみよう!」
Σ( ̄ロ ̄lll)え?本当ですか?!(笑)
とまあ、そんな感じで仕込みも無事終わり。
1時からはネットで仙台会場とつながり、
同時進行での授業が始まりました。
なみねえこと竹中ナミさんのご挨拶から始まり
いよいよチャレンジドの皆さんとの授業です。
始まるまでの緊張感は意外にもあっさり消えてました。
授業は私が作業をして、
同じことを続いて生徒さんたちがして、
また私が作業をしてといった感じで進んでいきます。
桃を切ってゼリーを作るところから。
桃って繊維が多くて切りにくいのですが、
みんな頑張って切って器へ入れていきます。
ゼリー液も出来上がってまずは1層目が出来上がり。
これを冷やし固めている間に桃のコンポートの作り方。
そうです、みんなにとって人生初の桃の湯むき!
ここに少々心配が…
午前中仕込みしたとき、
まだ桃が若くて湯むき出来ないものが結構多かったんです。
「大丈夫かな~?」
「ま、むけなかったら包丁でむきましょう!」
なかなかこんな機会はないので、
一人1個ずつ湯むき作業。
まずは私が二つ。
(・・・むけますように!)
沸騰したお湯にぽちゃん♪
そして氷水にぼちゃん♪♪
「あ~、綺麗にむけましたヽ(´▽`)/」
(持ってるね、私( ̄ー ̄)ニヤリ)
その後生徒さんたちが湯むき。
ほとんどの桃が綺麗にむけました~
「みんな持ってるね♪」
むいてる顔が嬉しそうでキラキラしてました、
そりゃそうです、こんなつるっとむけるなんて
初めてやった時は私も驚きましたからね。
流石にここではストッキングネタは封印しました(-゛-メ)
桃をむき終わり、お鍋で煮始めてから、
今度は桃のムースです。
生クリーム泡立てたり、
結構忙しかっただろうな。
誰も失敗することなくムースも出来上がりました。
冷やしてる間に質問や感想を伺いました。
「がんばりました!」
そうですね、本当に皆さん頑張ってくれました。
その頑張りが伝わってくる授業で、
私の方が元気をもらってしまった。
そして授業をサポートしてくださった
八木シェフや永井シェフ、
野澤シェフ、日清製粉の方々、
材料を提供してくださったメーカーの方々、
皆さんの気持ちが詰まった素敵な空間でした。
ご協力いただき心より感謝しております。

1377341069259.jpg
ちなみに永井シェフのお店ノリエットはこの9月で20周年だそうです。
凄い、20年…
本当に頭が下がります、
20年を第一線で続けることがどれだけ大変なことか、
想像しかできませんが、簡単でないことは明白です。
しかも変わらないんですよね、永井シェフ。
っていうか若返ってる気すらします、恐るべし(^-^;
とにかく素敵な時間を過ごさせていただきました。
人に教え、人に学ぶのですね。
一生勉強であります(  ̄^ ̄)ゞ

最新スイーツ情報はここでGET!-おかしすとレポート

2013年8月25日 16時04分 シェ・トラ , 出来事個別ページコメント( 0)

« 昨日の今日で良かった~ | トップページ | 和洋折衷なんでもあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。