« シェ・トラからのお知らせ<神戸スウィーツ・コンソーシアム>に参加します | トップページ | 神戸スイーツ・コンソーシアム開講式 »

2013年6月13日 (木)

いくつかの点がつながって

先日ブログにも書かせていただきましたが、
今週の土曜日から開講します
神戸スウィーツ・コンソーシアム
http://www.kobesweets.org/
に講師として参加することになりました。

「杉本さんにお願いしたいことがあるんだけど」
下高井戸のパティスリー・ノリエットの永井シェフから
ご連絡を頂いたのが3月ごろ。
辻の卒業生としては勿論、
洋菓子界の大先輩である永井シェフからのお願いって…
「ボランティアなんだけどね、講師お願いできないかな?」
講習する対象の方は精神、知的障害のチャレンジドの方々です。
(私に出来るのかな…)
「女性のシェフパティシエで誰か探してほしいと言われて、
杉本さんにお願いできないかなと」
永井シェフからそのように言われて、
断れるはずないのです。
前述の通り先輩であるのは勿論なのですが、
永井シェフは私のフランス校同期生のお師匠さんでもあるのです。
フランス校を卒業し彼女はノリエットに。
私は辻の職員に。
職員をしていると色々な卒業生の情報が入ってきます。
彼女は本当によく頑張っていたようで、
永井シェフも褒めていた。
彼女はその後実家に戻りパティスリーを開いた。
そして私がお店を開ける前の年に、
神様が彼女を連れて行ってしまった。
永井シェフに聞いてはいないけれど、
もし彼女が今いたら、
この話は彼女に持っていったのではないかなと。
どうだろう、
わからない、
東京のパティシエールを探していたかもしれませんしね。
ただ、
もし私がこのお話を断ったら彼女に怒られるなと思いました。
「都香咲ちゃん、ひどいよ~!」って。
多分、人には、
損得勘定抜きでもやらなくてはいけない
恩返しというか、
縁とか、
繋がりってあるんだと。
「ちゃんと引き受けたからね」
そしてさらに話が進んでいくと、
この神戸スウィーツ・コンソーシアムをまとめていらっしゃるのが、
八木淳司シェフでいらっしゃることがわかりました。
私が辻製菓専門学校の学生時代に
外来講師として授業してくださったのが八木シェフでした。
お会いした時にそのお話になり、
「まさか20年以上も経って八木シェフとお仕事が出来るなんて、
あの授業の時は想像もしていませんでした」と。
一番前の席で張り付いてみてました(笑)
本当に懐かしいの一言です。
これが私が講師として参加することになった経緯です。
参加する日はお店開けられないので、
お客様には申し訳ないと思いますが
そういう事情です、お許しください。
今週末が開講式です。
今年度の授業が滞りなく行えますように。

最新スイーツ情報はここでGET!-おかしすとレポート

2013年6月13日 22時10分 シェ・トラ , 出来事個別ページコメント( 0)

« シェ・トラからのお知らせ<神戸スウィーツ・コンソーシアム>に参加します | トップページ | 神戸スイーツ・コンソーシアム開講式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。