« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<4>

満奇洞を満喫し、
一路井倉駅行きのバス停へ。
これに乗らないと…
私行方不明だわΣ( ̄ロ ̄lll)
なんで下り坂って辛いんでしょうね?
これは筋肉痛決定~
えーと、休暇ですよね(^-^;
運転手さんの言っていた時間5分前にバス停に到着!
満奇洞のあった場所を見上げる、
「あそこまで上ったか、そりゃ疲れるわ~」
でも心地よい疲れです。
普段の仕事の疲れとは全然違う、
解放された疲れかな。
一人でぼ~っとしていると
(って言うか周りに人影は見えません(-゛-メ)
向こうからバスがやってきました。
私の前で止まりドアが開くと
「あは、やっぱり私一人だわ( ̄▽ ̄)」
ちょっと待てよ。
このシチュエーション、
観光地でバスに乗って、
運転手さんと私だけってどこかで…
わかったー!
以前フランス・ノルマンディーにボゲ先生のところに遊びに行って、
そこから次なる目的地のルーアンへ行く時に乗ったバスだ。
甦るあの恐怖は…
運転手さんが目茶目茶私に話しかけてきて、
勿論運転しながら横向いてですよ( ̄◆ ̄;)
あちらの方スピード出しますので、
もう本当に怖かったから。
そんな懐かしい想い出がややよみがえりつつも、
最初は黙っていた運転手さんが話しかけてきた時から
「うっ、第二のノルマンディーか~」
いやいや、
流石日本です、運転手さん安全運転♪
「満奇洞はどうじゃったかの~?」
「凄い神秘的な場所でした、涼しかったし(笑)」
「良くお客さんに聞かれるけど、地元の人間はそうは行かないからの~」
「ですよね、私が東京タワーやスカイツリーに行かないのと一緒です!」
「スカイツリーな~、死ぬまでに一回行ってみたいの~」
こんな感じで、
運転手さんは真っすぐ前を見ながら。
私が東京でケーキ屋をやっていると話をしたら、
「岡山のフルーツは日本一美味しいからの~」
そしてここからが運転手さんの独壇場。
私にこのフルーツをあーしてこーしてあれにすると
美味しいはずだからと色々アイディアを。
「ちなみに運転手さん、それって作ったことは…」
「ないけど」
ですよね~~~(^-^;
でも本当に熱心に話してくださって、
バスに乗っていた30分もあっという間に過ぎてしまいました。
もうすぐ井倉駅に到着です。
「運転手さん、ありがとうございました」
「気をつけて」
「あ、ケーキ作ったら送りますね~♪」
運転手さん笑ってました。
バス停で私を降ろし、
そのバスは行きに来た道へと戻って行きました。

Photo

さて、
ここから電車が車で30分ほど待たなくては。
もう小説も読み終わっちゃったからな…
Rimg1326
だーれもいない無人駅の
プラットフォームで聞こえる音は、
鳥の鳴き声と風の音だけ。
車の音もしない、
静かな静かな空間。
私は決して東京が嫌いなわけではありません。
何十年と生きてきたこの場所は
日本の中心として頑張ってると思うし。
ただ、
東京だけが日本を動かしてるわけではないく、
日本のありとあらゆる場所の人々の力で
言ってみれば東京も動かしてもらっているのだから。
今年は仕事で福島に行くこともあった。
そして今回の旅で高校生以来の岡山、広島へ。
フランスに旅行に行くのも良いけれど、
やっぱり日本の事をもっと知らないとね。
そんな事を考えてしまいました。
ガタンゴトン~
おっと電車到着です。
ドアもスイッチ押さないと開かないのね(^-^;
パリのメトロもそうでした!
フランス語良くわかっていなかったとき、
危なく乗りそこなうところでした。
今や昔ですね~
電車に乗ると、
うーん、私だけかい!?
いや、二人ほど乗ってます。
山と川を眺めながら、
気がつくと目が閉じているのでしたzzz
(続く)

| コメント(0)

2012年6月29日 (金)

私をおもって、って言うわけでもないか…

ユーロ2012
ドイツ、
イタリアに負けちゃいました…
今朝すぐにニュースを見たら
2-1でイタリアが決勝へと。
ドイツ、
強いけど中々優勝にはたどり着けないね。
ドイツが決勝に行かなかったので、
私は安心して催事の準備に集中できます。
頑張らなきゃ、ね。

| コメント(0)

2012年6月28日 (木)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<3>

いよいよ鍾乳洞へ。
心の中で
「誰かいませんかね~?」
とつぶやいちゃったりしましたけど…無人だΣ(|||▽||| )

Photo

4

Photo_2

Photo_3
この辺りの写真から
<八つ墓村>チックに|||(-_-;)|||||

Photo_4|
小梅さん、いませんか~?
いたら怖いし( ̄◆ ̄;)

Rimg1306
自然が作り出した世界は、
美しさと共に怖さもあり。
こういうものを見ると
人間はやはり<生かされてる>なと
思います。
私の後ろから、
数人のグループが入場してきた模様。
何故か嬉しい(笑)
入口のおじさんが言っていた
<天井の低い場所>
これ、
本当に低いです(ノ_-。)
腰痛の人は絶対に行かない方が良いです。
15~20メートルくらい、
凄いかがんで歩かないと通れない場所がありまして…
「つ、辛すぎる…」
かがみながら猛ダッシュしましたよ~
映画<八つ墓村>の中で、
小川真由美さん演じる森美也子が、
萩原健一さん演じる辰弥を鍾乳洞の中追いかけるシーンが
子供心にもトラウマになりそうな
怖さ満点の場面でしたが、
いや~、
この鍾乳洞の中をあんなスピードで追いかけるのは
自殺行為です、滑っちゃうって!
小川さんのメイク、
怖すぎました…
ある意味
あの<八つ墓村>はホラー映画です。
どうやら鍾乳洞を一周した模様。
入口に戻ってきました。
入口のおじさん、
「せっかくだから記念写真写しょーか」
優しいですね、
わざわざ出てきてくれました。
「お願いします!」

Rimg1314
鍾乳洞の地図と共に。
おじさん、ありがとう!
さて、
時間を見ると
「おっとー、あまりゆっくりもしていられないじゃないか!」
バスの発車時刻まで15分くらい。
上がり坂がきつかったっていうことは、
下るのも相当大変なはず…
上から見下ろすバス停は遠い(TOT)
もうちょっと見ていたかったけど、
又来れれば←うーん、それはちょっと難しいかも。
バス停を目指し、
下山し始めました。
空を見上げると大きな鳥が飛んでます。
「空も広いな~」
これだけ広い空なら飛ぶのも気持ち良いだろうね。
私も飛んで下まで降りれたらな…無理。
(続く)

| コメント(0)

2012年6月28日 (木)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち!?紀行その③岡山編<2>

何でこの旅行記の題名が<崖っぷち>なのか、
この後からわかりますよ…
井倉駅にて一人さびしく満奇洞行きのバスを待つと、
一台駅の駐車場にバスが入ってきて運転手さんが出てきました。
「すみませーん、このバスって満奇洞行きでしょうか?」
「いや~、このバスじゃないんですよ。あのポストの横がバス停ですよ~」
危ない危ない!
乗りそこなったらここに来た意味が無くなってしまうじゃないか( ̄Д ̄;;
時刻表の5分前にはそこで待機。
っていうか他に満奇洞行く人いないの…。
再び火曜サスペンス劇場のテーマが(-。-;)
向こうの方からバスが来ました。
<満奇洞行き>って書いてある♪
バスが私の横に停車。
そう言えば乗車賃いくらなのか書いてなかったけど…
バスに乗るとお客様は3名。
明らかに地元の人だし(^-^;
運転手さんに
「満奇洞行きますよね~?」
「行くよ~」
「運賃いくらですか?」
「後でね」
・・・
凄い高かったらどうしよう( ̄◆ ̄;)
ここから30分かかるらしく、
私は仕事で送らなくてはいけない資料を作りながら
ネットに接続しようとしたら
<NO SERVICE>
がーーーーーーん!
そうです、
ここは東京じゃないって私…
しばらく試みたけど結果は変わらず。
「仕方あるまい…許して!」
パソコンをしまって。
しかし凄い山道だ。
そして誰もいないじゃないか!!!
途中見かけたのは3名ほど。
大丈夫なのか、私…
他に乗車していたお客様達が次々下車。
完全に運転手さん&私オンリー。
そしていよいよ満奇洞のバス停へ。
「3時にここに戻ってくるから。遅れたら帰れんから」
絶対来ますから。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
見捨てないでください!!!(笑)
バス停から見える矢印にそって進む。
うーん、一体どこにあるんだ~?
民家の間の道を通る、
坂道、上り坂。
「・・・えっ!?」
なんか山の上の方に<満奇洞>って看板出てますけど…
あそこまで登るんかい!?
しかもバスの時間に遅れては大変。
めっちゃ早足で崖のようなその坂道を登りました。
そうです、この旅行第一番目の<崖>です。
第一ってことは…。
上がり切った時はぜーぜー言ってました、
心臓破りの丘だわ。
そこからさらに進むと券売機が。
「ここまでも無人なのか!?( ̄Д ̄;;」
これは本当に火曜サスペンスでは済まなくなりそう( ̄◆ ̄;)( ̄◆ ̄;)( ̄◆ ̄;)
「取りあえず鍾乳洞に入る前に誰かに連絡しておこう!」
弟にメールしたら
「仕事中にうざい(-_-X)」
と言われそうな気が。
弟の嫁さんへ
「今から小梅&小竹さんに会いに鍾乳洞入ってきます!」と。
鍾乳洞入口の画像を添付して。
これで仮に私が鍾乳洞で池の中に滑って落ちても、
誰か探しに来てくれるかな~と。
心配性なものでして(^-^;
すぐに返信が来て
「Take care!」
本当に気をつけようっと。
券売機で入場券を購入し進路を進むと入口の横に
入場をチェックするおじさんが。
(良かった、これで少なくとも私が鍾乳洞から出てこなかったら探しに来てくれるよ♪」
一人で来た私を不思議そうな顔で見てましたが、
「入場すると凄く天井が低い場所があるので気をつけてくださいね~」
はい、気をつけます!
ついに満奇洞内へ。
500万年の月日が作り上げた神秘の世界の入口へと
足を踏み入れるのでした。
(続く)

| コメント(0)

2012年6月27日 (水)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その③岡山編<1>

前日のビストロポタジェの夕食&少々のアルコールが効いて、
ネットで翌日の予定を検索したまま爆睡zzz
幸か不幸かいつも起きる5時には目が覚め、
「うわーーー、もう朝じゃないですか!まずいまずい、準備準備!」
とは言え、
頭も体もだるくて(笑)
超スローペース(^-^;
「まあいいや、今日は完全に一人だし、好きに動こう~♪」
そう、
今日は完全に完全にフリーな一日でありまして、
目的地であります岡山までまず新幹線で移動。
その新幹線の中でこの旅行の真の目的地、
岡山県新見市にある鍾乳洞<満奇洞>への
アクセスを最終検索。
その昔、
その鍾乳洞を見た与謝野晶子夫妻が
「奇に満ちた場所」と詠んで名前がついたそうな。
で、何故そこに行くかって?
それはですね~、
私の大好きな横溝正史の小説の
金田一耕助シリーズの一つである
<八つ墓村>の映画ロケに使われた鍾乳洞なんですよ♪
マニアックすぎてついてこれない方、
m(_ _)m
知ってる人は思いだしてください。
映画<八つ墓村>
寅さんでおなじみの渥美清さんが金田一耕助を演じ、
山崎努さん、小川真由美さん、萩原健一さんが出ていた、
あの<八つ墓村>です。
双子のおばあさん、
小梅さん&小竹さんが
出入りしていたあ・そ・こですよ、うふ♪
実際撮影には他の鍾乳洞も使われているのですが、
奇に満ちた鍾乳洞なんて、
見てみたいじゃないですか~
そう言うわけでまずは岡山駅から宿泊する倉敷駅まで。
荷物をコインロッカーに預け、
そこから満奇洞行きのバスが出ている井倉駅まで。
車窓から見える風景は山や川。
時間の流れが十分の一くらいの速さなんじゃないかと。
1時間ほどして井倉駅に。
「うん?降りるのは…私だけ!?」
ちょっと不安、
いや相当な不安をその時に感じながらも改札口へ。
そしてその不安はさらに高まりました。
「うっ、無人駅…( ̄◆ ̄;)」
そうです、だ~れもいません。
もし私がここで行方不明になっても、
誰もわかんないじゃん!
最後の足取りは…倉敷駅。
火曜サスペンス劇場のテーマソングが聞こえた気がしました(失笑)
バスが来るまで40分くらいあるのですが、
当然駅の周りにはスタバもマックもありません。
「まあ良いか」
静かな駅のベンチに座り、
この旅行の話を聞いて弟が貸してくれた小説の
残りを読破。

Photo
<三つ首塔>
中々面白かったですよ。
しかしどれだけ横溝正史好きなのかしら、
杉本一家は( ̄ー ̄)
(続く)

| コメント(0)

2012年6月26日 (火)

見ていませんが予定通り♪

ユーロ2012もいよいよ準決勝。
自慢ではありませんが、
試合は一切見ておりません!
って言うか見たら仕事になりませんよ~(ノ_-。)
とは言え、
こっそり応援してるドイツが
予定通り勝ち進んでるので♪
フランスも応援していたけど、
アンリもいないしな~(u_u。)
私が滞在していた時フランスが優勝して
(確か相手はイタリアだった、かな?)
パリの従姉妹のアパルトマンにいたのですが、
その瞬間からもう大騒ぎ。
あれは大騒ぎと言うか暴動です( ̄◆ ̄;)
さてさて、
ポルトガルとスペインはどちらが勝つかな~?
見ませんよ、
仕事仕事♪
今日生徒さんからお花を頂きました♪
ヒペリカムのお花が咲いた状態のものと、
ラベンダー

Photo
また足してみました~
Ca sent bon,lavande.

| コメント(0)

2012年6月26日 (火)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その②大阪編<4>

大阪での最後の夜、
と言っても2泊だし( ̄▽ ̄)
大阪で行きたいお店は沢山あるのですが、
なにぶんにも時間が限られていまして(ノ_-。)
いくら強靭な胃袋を持つ私でも、
毎日昼夜満腹って言うのは…
この日は辻調元職員の肥田先生と息子さんのお店
Bistro Pot a J<ビストロポタジェ>へ。
ご一緒していただいたのは
私が辻フランス校職員の時に、
一緒に働いていました由本先生です♪
あ、今はお名前変わっていますが
私の中では由本先生とお呼びするのに慣れてしまっているので。
(旦那様、お許しを~)
同じ年ではあるのですが、
職員としては由本先生の方が1年上ですので先輩です。
一緒にフランスで過ごした1年半、
本当に濃かった。
え?いつ薄い時があるのかって?
ありません!(笑)
いつも濃いんですよ、私の人生は。
話元に戻し、
由本先生と現地で待ち合わせ。
私の方がちょっとだけ早く着いたので先にお店の中に。
エレベーターで2階へあがると、
肥田先生いらっしゃいました!
「ご無沙汰しております~」
在職中は色々とお世話になりました。
息子さんと一緒にお店をされるなんて本当に素敵です。
とは言えお店をすることの大変さは身をもってわかっているので、
色々なご苦労もあるはずです。
肥田先生とお話ししていると
「遅くなりました!」
由本先生登場o(*^▽^*)o
「先生~、お久しぶりです!!!」
「つかぴー元気だった~?」
去年もお会いしたのですが、
学校で少ししゃべっただけだったので。
昔話やら仕事の話しで、
お酒の強い由本先生は良い勢い♪
お料理もクラッシックなフランス料理、
大好き!!!

Photo_2
フォアグラのテリーヌ。
ピンク色が美しい~
Photo_3
ブーダン・ノワール
学生の頃は
「豚の血のソーセージなんて絶対無理(。>0<。)」
と拒否していたのですが…
最近は自ら選びます、
こちらも美味しく頂きました♪

Photo_4
豚肉のシャリュキュトリー風
すごいボリュームです、
が食べちゃいました♪
このお皿、
見覚えのある人も。
そう、
フランス校<シャト・ドゥ・レクレール>のお皿

Photo_5
ボジョレーの畑のど真ん中、
そのお城はありました。
リエルグという小さな村の、
郵便屋さんから何通日本に手紙をだしたっけ。
職員で行った時は、
マニュアルの車しかなくて、
リエルグの坂道で何度エンストしただろう…(汗)
私の車の前を横切ったハリネズミさん、
私の大切なメゾン・ドゥ・ショコラのチョコをかじったネズミさん、
サッカー場のさくらんぼの木、
みんな元気かな?
このマーク一つ見ただけでも
溢れてきます、想い出が次から次へと。
肥田先生のお料理も、
フランス校のフランス料理を思い出させてくれる
素敵なお料理でした。
由本先生との会話は、
きっとエンドレスで続くのですが、
残念ながらお別れのお時間。
名残惜しいですが…
「またね~」
ホテルの部屋に戻り
「さー、明日から岡山だし。下調べしておかないと…」
そう、
明日はずーーーーっと行きたかった場所へ、
ずーーーーーーっと会いたいと思っていたあの人に会いに。
「うーん、何時の電車に乗れ…zzzzzz」
お陰で朝からバタバタの大騒ぎになるのでした( ̄◆ ̄;)
(続く)

| コメント(0)

2012年6月25日 (月)

副担任コンビ♪

今週末7月1日から
伊勢丹・立川店の<パティスリー・モード>に
出店するため、
私も、
スタッフのみーさんも
準備に追われてます♪
どんな商品を持っていくかは又別途書きますね。
それはそうと、
駅前に買い物に行って戻ってくると
「きゃーーー、鈴木君じゃない、久しぶりだね~♪」
私と同じ時に、
辻を退職した元職員の鈴木先生がご来店o(*^▽^*)o
最後の年、
偶然にも同じクラスの副担任をさせていただきました。
あのクラスは本当に良かった。
生徒達も一生懸命で、
他の先生方にも自慢できる、
素敵なクラスでした。
「この子たちが最後の生徒で良かった」
と心から思いました。
それは今でも変わりなく。
何の未練も残さずに辞めれたのもあのクラスの学生たちのお陰。
そんな素敵なクラスにするべく、
頑張ってくれたのが担任の近藤先生、
そして鈴木先生なのであります。
私は…
どうだったかな、良く分かりません。
しいて言えば、
ヒールの高い靴を履いてきてはいけないのに
履いてきていた元アシスタントでこのクラスの生徒でもあった
純ちゃんの代わりに他の先生から説教されていたことぐらいかな(失笑)
しかし純ちゃん、
あの「コツコツ…」って靴音、
誰だってわかるわよ~ヒール高いって!(-_-X)
丈の長いパンツはいて誤魔化してるのが
何ともいじらしくて笑えましたけどね、
今となっては。
そんな素敵なクラスだったなと、
鈴木先生の思わぬご来店で思いだしてしまった。
メルシー鈴木君♪

Photo
先日のスプレーバラ<エクレール>と
一緒に活けていたブラックベリーが枯れてしまったので交代~
<ヒペリカム>
赤い実が可愛らしい♪
<ヒゴタイ>
まーるいとげとげが面白い♪
夕方鈴木君からお礼のメールが。
C'est moi qui veux dire merci!

| コメント(0)

2012年6月24日 (日)

記憶が薄くなるけど…

旅行の話書いてる時間がありません(*_ _)人ゴメンナサイ
まだ、鮮明に覚えてるから大丈夫。
Je suis desolee.

Cependant, parce que je ne l'oublie pas, il va bien.
Peut etre( ̄ー ̄)ニヤリ←フランス語でニヤリってなんて言うんだろうか!?
ではお仕事へもどります~
Bonne nuit tout le monde.
A demain matin!

| コメント(1)

2012年6月22日 (金)

その名前を聞いたら

朝は凄い雨でしたね~
誰かがバケツで水をかけてるんじゃないの~と思うくらい、
お店の壁に雨が当たってました。
「今日はお花買いに行く日なのに…」
雨だと他の荷物もあるので結構大変。
一瞬弱まった時に「行ってきまーす!」
自転車飛ばして駅前へ。
お花屋さん、
今日は違うお姉さんでしたが知ってる人だ♪
可愛いスプレーバラが並んでいて、
「おおーーー!この名前は♪」
<エクレール>
お菓子の名前でもありますが、
元々は<稲妻>と言う意味。
私たちが学んだフランスの学校は
<シャトー・ドゥ・レクレール>
稲妻城でした。
そんな素敵な名前のお花を買わないわけありません♪
Photo
ブラックベリーもあったので一緒に。
お菓子屋さんぽいでしょ(笑)
今日はなんだか異常に疲れてしまいました、
休み明けだからだろうけど。
なので旅行の話は又明日~、
の予定は未定(* ̄ー ̄*)
Ta voix,
C'est
petit bonheur, mais est important pour moi.

| コメント(0)

2012年6月21日 (木)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その②大阪編<3>

旅行二日目、
テルテル坊主になった気分で寝たせいか、
雨の予報は覆ったらしい(笑)
ただ…
体調は思っていた以上に悪くて……ミ(ノ _ _)ノ
胃の調子以前にやはり疲れがたまっていたらしく、
朝起きて出かける準備をしたものの
「動けないな…(バタッ)」
再度ベッドの上に倒れこんでしまいました。
しかしそこには無情にもお仕事の電話が(ノ_-。)
気合入れ直して出発!
1時間ほどお仕事してから、
フランス校で同級生だった高橋君が
総括支配人兼総料理長を務める、
ホテル・シーガルてんぽうざんへ。
駅は大阪港、初下車。
少しだけ小雨が。
歩いて行くと
「おおお!!!ツタンカーメン展なんてやってるんだ♪」
ホテルとなりの建物でツタンカーメン展をやってました。
結構ね~、
興味あるのよね~、
古代エジプト文明♪
思わず入ってしまおうかと思ったのですが、
「いかんいかん!高橋君待ってるから…」
寄り道せずにホテルへ。
フロントに着くと白衣を着た高橋君が。
先日出張で東京に来ていた時に会った時は
スーツ姿だったから、
白衣の高橋君に会うのは卒業して以来20年ぶり。
相変わらず背が高い、
見下ろされてる感じ(笑)
「ケーキ食べる?」
「(若干考えて←0.5秒くらいですけど♪)頂きます!」
お昼も食べていないし、
流石に夜まで何も食べないのはね、
ってことで

Photo

ホテル2階の宴会場前を貸し切り状態で(笑)

Photo_2
ティラミス&セミフレッド♪
今度このホテルで
川越シェフのウェディングイベントがあるらしく、
このティラミスはそのレシピなんですって。
一足お先に頂きました(o^-^o)
ツタンカーメン展に未練を残しつつ、
次なる目的地は唯一私が地理的に理解できている
天王寺へ!
本校にいらっしゃる調理の先生方にお会いしに。
私が学生の時フランス校で厳しく優しく指導していただいた
先生方大集合していただきました。
本当に懐かしい。
高橋君に会った後だったから、
余計にフランス校当時の想い出が蘇ります。
途中沢山の先生方が顔を出して下さり、
職員を辞めて11年経ちましたが、
嬉しい限りです。
父の反対を押し切って大阪に来ていなければ、
今の私は絶対にいないんだなと。
私を信じて大阪に行かせてくれた両親に感謝。
信じていたかどうかは不明ですけどね(失笑)
気がつくともう5時を回っていました。
先生方にお礼を言って、
取りあえずホテルへ戻りました。
7時から本町にある<ビストロ ポタジェ>へ。
初めて行く場所なので絶対に迷うとふんで
早めに出発。
駅まではなんとか(笑)
そしてお店に行こうと思ったのですが
右も左も良く分からず…
しかし野生の感が働き無事到着しましたー!

Photo_3
(続く)

| コメント(1)

2012年6月19日 (火)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その②大阪編<2>

1年大阪に住んでいましたが、
学生でしたので、
しかも父の反対を押し切って来ていたこともあり、
とにかく遊ばない真面目な子でした(笑)
いやいや、これは本当。
「何しに行ったんだ?」と言われるようなことだけは
したくないと。
ですので学生寮も父が選んだ学校から一番遠い←本当、お父さん、ひどいわ…。
当時藤井寺球場があった近く。
えーと、
駅降りると畑もありました、
静かなところでした。
お陰で大阪の中心部に行ったことは…2回くらいかな?
そのせいかいまだに大阪の地理は、
全くわかっていません!
梅田と天王寺を行き来するのは出来ますが、
それ以外は…( ̄◆ ̄;)
カメキチは何回か行ったことがあるので
駅に着けば、ね。
そう、
駅に着けばって言うのが問題でして(失笑)
梅田から行くのにやっぱり迷ってしまった。
あと後考えてもどうして迷うのかが不明←自分だろ!
とにかく、
待ち合わせ時間を少々過ぎてしまって到着。
「こんばんは~、お久しぶりです」
亀井シェフ、です。

Photo_2
出会って14年、
私がフランス校勤務で初めて担当した期でした。
あの期はある意味凄かったよね~
いまだに卒業生たちとも交流があり、
亀井シェフもその一人です。
「今日も美味しい料理期待してます♪」
亀井シェフのお料理はホッとします。
何も難しいことを考えなくて良い、
単純に私が食べたいな~と思ってるお料理を
作ってくれるのです。
「早く東京にもお店出して♪」
無茶言っておきました( ̄ー ̄)ニヤリ
今回一緒に食べて頂いたのは、
私が
「この人には認めてもらいたい」
と思っている人が3人いるのですが
その中のおひとり。
お菓子の事もそうなのですが、
それ以外にも私に<知>を与えてくれる
貴重な方です。
だからと言って決して堅苦しい会話をするわけでもなく、
カテゴリーは無限大でして。
亀井シェフのお料理がより美味しくなるような、
楽しい会話も頂きました。
それではカメキチのお料理ご紹介♪
<鯖と黄爵芋のテリーヌ>
私が魚料理を選ぶのは珍しいのですが、
「絶対美味しそう!」
と思い選びました。BON CHOISIR!

Photo_3

黄爵芋、
ねっちりした食感が鯖にあってました~

<トリッパ>
前も食べたのですが、トリッパを食べれるようになったのは
カメキチのを食べてからです♪

Photo_4

写真撮るの忘れて食べてました(笑)

<サラダ・リヨネーズ>
その名の通りリヨン風サラダは私たちが過ごした場所リヨンのサラダ。
「杉本先生、メニューの選択が完全にリヨネーズですよね~( ̄▽ ̄)」
亀井シェフから言われちゃいました。
だって好きなんだもん、仕方ないじゃん♪

Photo_5

勿論、
この辺はすでに思考回路は停止してます…
でも美味しいから食べちゃいますけど、ふふふ。

メインは牛さん。
<牛ほほ肉の赤ワイン煮>
私は煮込み料理が大好きでして。
この前も自分で作ってみましたが…
やっぱり亀井シェフに弟子入りしないと駄目そうです(ノ_-。)

Photo_6

あの・・・
全部シェアして食べましたからΣ( ̄ロ ̄lll)
一人でこれを食べたんじゃないですからね!!!
お腹いっぱいでも食べれてしまう、
これがどういうことだかは皆様もお分かりになるはずです。
大阪へ行かれた際は是非。
勿論デザートも頑張ってましたよ~

Photo_7

Photo_8
幸せな時間、
あっという間に過ぎて行きましたが、
旅行初日は100点満点でした。
会いたい人達に会い、
美味しいものをご馳走になるなんて、
わたしゃ幸せ者だね~
ホテルに戻り、
満腹な胃袋は若干の悲鳴。
「明日は夜までは何も食べないほうがよさそう…」
だって夜は満腹コース間違いなしのビストロへ、
私の大切な先輩であり、
大親友でもあるあの人と行くのだから。
気がつけば時計は2時を回ってる。
おいおい、
いつもと変わらないじゃない!
天気予報は雨でしたが、
テルテル坊主になった気分で寝ました?!
(続く)

| コメント(1)

2012年6月19日 (火)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その②大阪編<1>

腹八分目と言う言葉がありますが、
京都駅を出た私のお腹は12分目くらい…( ̄▽ ̄)
「どうやったら3時間後に空腹になるのかしら?」
その日は3時間睡眠、
朝5時くらいから活動していたのですが
お昼と夜の事を考えて朝は殆ど食べずにいたので、
意外と、
腹12分目だったはずのお腹は
夕方6時前には、
「やだ~、普通に食べれそう♪」
これぞまさしくフランス校クオリティ(謎)
あそこで働いていた時、
学生でいた時もそうですが、
朝から晩まで食べた。
昼も夜も生徒が授業で作った
しっかりとしたフランス料理。
「まさに私たちが飼育されてるフォアグラの鴨やガチョウ状態だわ…(ノ_-。)」
しかし人間は慣れるんです(笑)
最初は苦痛に感じていたけど、
その食べる量がいつしか普通になり、
日本に帰国してからも
「どうやら私は沢山食べるらしい…(汗)」
「良く食べるね♪」
褒め言葉として受け取っていましたけど何か?!
そんな訳でこの旅行はその時の経験が役立ったようです←良いのか~?!
梅田のホテルに到着。
ゆっくりできるかな~とか思っていましたが、
全然余裕ないじゃん!
慌てて出かける準備をして、
そろそろ出掛けないと間に合わない!と思ったら
ほおっておけない電話がかかってきました。
いつも元気なその人の、
なんとなく落ち込んだ声は絶対に何かあったなと。
いつも励ましてもらってるから、
たまには私が励まして上げないと罰が当たる(笑)
電話を終え、一路カメキチへ!
梅田の駅を走りましたよ~
これでさらに空腹度アップです♪(続く)

Photo

| コメント(1)

2012年6月18日 (月)

グラス3姉妹はお勧め夏のデザート♪

今日は暑い、熱い一日でした~
正直しんどい(笑)
でも常連のお客様達とお話ししたり、
授業をすると、
うん、やっぱり元気になります。
と言うわけでもう一仕事、
その前にちょっと休憩~
今年は夏向けに新しいデザートを作ってみました。
<レモンライムのサヴァラン>
ラム酒の定番サヴァランも好きですが、
酸味のきいたレモンクリームと、
クレーム・シャンティイ(ホイップクリーム)
レモンリキュールの香り漂うレモンライム味のサヴァランは
暑くてもさっぱりとしています。
Photo
<ティラミス>
お店で人気の高いフレンチローストのコーヒーを
使ったイタリア菓子の定番ですが、
マルサラ酒入りの本格派ティラミス♪
表面に振るっているのもコーヒー豆を細かくひいたパウダーと、
ココアブレンドしたものです。

Photo_2

<赤いフルーツのティラミス>
今年出来上がった新商品です♪
中には赤いフルーツソースを染み込ませたビスキュイが
入っています。酸味と甘みの組み合わせ、
見た目も華やかで可愛らしい感じ。

Photo_3

あともう一人、
実は長女がいるのですが…
もう少々お待ち下さいo(_ _)oペコッ

| コメント(3)

2012年6月17日 (日)

西へ西へ、杉本都香咲の崖っぷち紀行!?その①京都編

ではでは、
先週の旅行を振り返りつつ。
初日は大阪に宿泊したのですが、
私の叔父が京都・新京極で<かねよ>という
うなぎ屋を経営しておりまして。
http://www.kyogokukaneyo.co.jp/
最近叔父たちの顔を見ていなかったので
「行こうかな~?」と母から連絡してもらったら、
「絶対来なさい!」って(笑)
子供の頃は中学生くらいまで、
毎年夏か冬に叔父の家に行ってました。
弟と私にとっては京都は故郷のような場所です。
夏は暑くて、
冬は寒い京都ですが私は大好きでした。
今回ももっとゆっくり出来れば、
周りたいお寺さんや、
会いたい友達もいたのですが。
京都まで新幹線で寝て行くはずが、
全然眠れず…(-_-X)
「夜寝れるから大丈夫かな♪」
なんて甘い考え、
いつも通りの睡眠時間になることを
この時は気づいていませんでした(ノ_-。)
京都駅に到着し、
タクシーで六角まで。
叔父と叔母と合流。
「久しぶりやな~」
叔父も叔母も私にとっては京都の両親、
子供の頃から可愛がってもらって、
特に大阪に1年専門学校の学生として滞在していた時は
色々お世話になってました。
そんな私も4・歳ともなれば、
可愛かった従兄弟たちも当然おっさんになってるわけで(失笑)
今回は会えなかったのですが、
HPに載っていた写真を見てΣ( ̄ロ ̄lll)
時は無情にも過ぎているのね…。
叔父たちに連れて行ってもらったのは
ウェスティン都ホテルの中国料理<四川>
とても素敵なホテルでしたよ~
本当は…
昔叔父たちが住んでいた所の近くにある
ラーメン屋さんの<ますたに>に連れて行ってと
言っていたのですが、
お休みだったらしく。
「ラーメン屋さんのはずが、まさかのホテルの中華料理に変わるなんて(笑)」
叔父達に感謝。
ここからの画像は空腹の方には目に毒です…
( ̄ー ̄)ニヤリ
<前菜~クラゲと叉焼、冬瓜のピクルス>

Photo_3
<冷製蒸し鶏>

Photo_4
<ふかひれ入り餃子のスープ>

Photo_5

<ピータン>
実は人生初ピータン!食わず嫌いでしたが、
これ、美味しかった!

Photo_6

<エビの揚げ餃子>

Photo_7

<豚と黒豆の何とか煮>
ピリ辛で夏向きっぽいお料理でした。
この辺りで思考能力無くなってます(笑)

Photo_8

<青菜とアワビの塩炒め>

Photo_9
「叔父ちゃん、頼みすぎでしょ…」
実はこの後チャーハンが。
しかも叔父は仕事で
「じゃあ先に戻るわ~」
と、私と叔母を残し行ってしまったΣ( ̄ロ ̄lll)
うちの父もそうだが、
どうしていつも
「多かったかな?」と言うほど頼むかね!?
似てるんですよ、父と叔父は(笑)
食事が終わったのが3時前。
叔母を新京極で降ろして私は一路京都駅へ。
6時過ぎには大阪の卒業生が経営している
<ビストロ・カメキチ>へ。
「私の胃袋、大丈夫なの、かな?」
京都から大阪まで走っていきたい気分でした。
やっぱり食べすぎよね、
ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
こうして反省してもね、
夜は夜で大変なことに…
(続く)

| コメント(1)

2012年6月17日 (日)

最善を尽くして

今日もあっという間の一日でした。
父の日、でしたよね~
休み明けからのバタバタで、
父に何かケーキを作ろうと思いつつ
間に合いませんでしたけど、
それを知ってか知らずか、
父自らケーキ買いに来ました(^-^;
もう少し待っててね、お父様♪
昨日の紫陽花、
朝の時点で葉っぱは元気だったのですが、
お花の方にはやはり水があがってなくて。
花瓶に移し替えたけど数時間後には
葉っぱまでぐったりしてきてしまい。
「仕方がない、花を生かさなくっちゃ」
小分けに切り分けお水に。
小さな花瓶総動員です!
30分もすると、
「うわー、元気になったよ~♪」
何とか元気を取り戻してくれました。

Photo

Photo_2
ノルマンディーの銅の里で買ってきた銅鍋に。
内側がステンレスなのでお花を活けても大丈夫♪
これでしばらく元気にしててくれそうです。
お陰で私も元気になりました(o^-^o)

| コメント(0)

2012年6月16日 (土)

下がっちゃダメ~(TOT)

五日間の休み明け、
雨だから暇だろうとタカをくくっていたら…
なんかお客様多かった!!!
それはとても嬉しいことなのですが、
もう体がついていけない状態で。
リハビリしてる暇がなかった(ノ_-。)
いきなり本番突入状態、
なのに、
なのに、
あり得ない機械が壊れてしまった( ̄◆ ̄;)
「どんだけ私の体力を使わせる気…」
早急に手を打たねば。
そんなバタバタの中、
1週間ぶりにお花屋さんへ♪
「こんにちは!」
「旅行へ行かれてたんですね、今朝ブログ見ました♪」
お姉さん(自称ちっちゃい方)とお花選び。
立派な紫陽花の切り花発見!
「でもな~、紫陽花水上がりにくいから…」
去年もこの季節に紫陽花を購入したのですが、
活けたら元気なくなってしまって。
「お水が上がりにくいのよね~」
お花をお仕事にされてる生徒さんからも
アドバイス頂いたりしたのですが。
昨日まであまり元気なかったらしいこの紫陽花、
でもとても元気な姿なので
「これ、行っちゃいましょう♪」
紫陽花、
芍薬、
そしてお姉さんがおまけに入れてくれたお花。

120616_123552

120616_123623
とても美しく元気に咲いていたのですが、
夜見たら
「ノーーーーーーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)」
グッタリしてるよ~(TOT)
お姉さんに聞いていた方法で応急処置。
「お願いだから頑張って水飲んで!!!」
今は大分元気回復してきた感じですが、
安心はできない状態。
寝ずに世話して元気になるものならしますが…
頑張って!
旅行の話、
順番に書きますが今日は無理そうです、
お花以上に私もグッタリ(失笑)

| コメント(2)

2012年6月16日 (土)

ただいま♪

月曜からの食い倒れマニアック旅行から
無事帰宅いたしました!
そんなマニアックだとは思っていないのですが…( ̄ー ̄)ニヤリ
鍾乳洞の写真も沢山あるので←やっぱりマニアックじゃん!
また少しずつ書きます、
画像と共に。
この旅行で、
お世話になった全ての皆様に
感謝しております。

Photo

倉敷アイビースクエアーにて会ったネコちゃんにも
感謝♪
とりあえずおやすみなさいzzz

| コメント(0)

2012年6月15日 (金)

いつまでもこの光が

昨日は倉敷に、
私がフランスの学校で同級生だった友人が
広島から車で迎えに来てくれました!
その後友人と一緒に
コンベックス岡山というイベントなどを行う会場で
いつもお世話になっている材料業者のヒラタさんの
フードフェアーに行ってきました。
友人に会ったのは2年ぶり、
倉敷からの車の中ではお互いのお店の話に。
彼女はお店を初めて12年目、
本当に頑張ってます。
実際に自分がお店を始めて
継続させることの難しさを知っただけに、
12年も頑張り、
そして続けて行く彼女の存在は
遠く離れた場所ではありますが、
なによりも励みになります。
お店の話や、
最近会った同級生の話に盛り上がりながら、
コンベックス岡山に到着。
「さー、頑張って食べるぞ!」
( ̄Д ̄;;
彼女の食べる気、
いや、試食する気満々っぷりには驚かされました(笑)
そして有言実行、
最初からかなりのペースで試食しているので
横にいる私にも…。
「これならホテルで朝ごはん食べなきゃよかったかな…。」
心の中で後悔(ノ_-。)
会場ではお世話になってる業者さん達にもお会いできました!
そしてその後は彼女の案内で、
まずは牛窓へ。
色々書きたいのですが、
もう眠いから早回し(笑)
最後に二人で行ったのが、
ホタルのいる川へ。

Photo_4

友人の掌にとまったホタル。
綺麗な水がないと生活できないんですよね。
「昔はもっと沢山いたんだけどな~」
心の中で
「飛んで!」
と。
そうしたらホタルがふわっと飛んで、
私たちを進むべき道へと案内してくれました。
その姿は幻想的で、
まるで夢の中のようで。
現実と夢を行ったり来たり。
夢なら覚めないでほしいよ。

| コメント(1)

2012年6月14日 (木)

露天風呂で流れ星

只今倉敷に宿泊中。
高校の時に修学所校で訪れて以来です。
しかし…
せっかく休暇で旅行に来てるのに睡眠時間は
まったく変わらず(ノ_-。)
夜12時過ぎに最上階にある露天風呂へ。
貸し切り状態♪
お星様眺めながら
「流れ星流れないかな~?」
上を見ながらずーーーっと入ってたら
・・・
・・・
のぼせました( ̄◆ ̄;)
でもお陰で流れ星見れた♪
ちゃんと願いごともかけれた。
命がけだわね(失笑)

| コメント(0)

2012年6月13日 (水)

無人駅なう

只今岡山、八つ墓村ロケ地に。パソコン電波つながらず…

| コメント(0)

2012年6月12日 (火)

まさしくこれこそ食い倒れ旅行!

無事に関西に来ております!
昨日は京都で下車して叔父に会いに。
その後大阪へ入り、
夜は卒業生の亀井シェフのお店<カメキチ>へ。
今日は午前中少々お仕事、
午後にはフランス校同期の高橋君が
総料理長してます
<ホテル・シーガルてんぽうざん>へ。
そして辻調に伺いお世話になった先生方に
お会いして。
夜は先輩であり大親友と、
これまた大大先輩の肥田先生親子の
<Bistro pot a j>へ
えーと、
大阪くいだおれとはまさにこのことです(^-^;
もう常に満腹状態( ̄◆ ̄;)
明日移動します、大丈夫かしら…
大丈夫、
だって明日20年以上片思いしてるあの人に会えるのだから♪

| コメント(0)

2012年6月11日 (月)

それでは行ってきます

お知らせしたように、
本日より金曜日まで
お店をお休みさせていただきます。
もう少しで取りあえずの仕事終了…
家に戻って支度して出発します。
まず目指すは京都♪
今回のお休みは
まるで<西村京太郎>ミステリーのような
新幹線移動で最終目的地は広島。
でも私の好きなのは<横溝正史>
やっと行けるよ~( ̄ー ̄)ニヤリ
無事に出発出来たら書き込みます(笑)

| コメント(0)

2012年6月10日 (日)

その昔は額に入れてたくせに~

休みまであと1日、もないか…。
いつものことながら結局休みになどならなくて、
仕事抱えて新幹線に乗るんだから(-゛-メ)
しかも仕事が増えた、向こうでの。
まあそうしょっちゅう行けるわけでもないから、
まとめてしてきます♪
昨日の東京新聞にお店の紹介が少々。
私も取材があったことをすっかり忘れていて(失笑)
常連さんからメッセージ頂き気がつきました(^-^;
一応家で買っておいてもらおうと思い、
父にメール。
「わかった、買っておく」
「自慢の娘でしょ~」
と返信したら
「調子に乗らないように!」
ははは…そう言いながら嬉しいくせに
( ̄ー ̄)ニヤリ
自慢かどうかはかなり微妙ですが、
※色々と、えーと、やらかしているので…
今となっては、ね。
昔フランス留学中、
研修先で地元の新聞の取材を受けたことがあって、
「ヌーヴィルで働く日本人学生」
みたいな題名で写真入りで掲載されたことが。
シェフとかは大喜びで←シェフ、写真とか写るの大好き♪
勿論シェフも一緒に新聞に載りました。
その新聞を日本に送ったのですが…
その数カ月後、
私が帰国して家に着くと、
「な、なんじゃこの額は!?」
新聞の切り抜きが、
額に入ってましたΣ( ̄ロ ̄lll)
母が、
「お父さんが入れておけって…」
思い出したわ、
そんなことあったよね。
今は昔。
日本に帰国すればよかったと
研修初日の夜から部屋で大泣きしたっけ。
そして帰国する時は
帰りたくないよと泣いた私。
最近フランス校同級生と会ったり、
来週も大親友のお店、
広島にあるのですが初めて行ってきます。
大切な、
大切な時間でした。
またきっと、
沢山の想い出を思い出し、
彼女と語るのだろ。
その時間のためにも、
頑張れ私!
でも、
終わらないかな…( ̄◆ ̄;)

| コメント(0)

2012年6月 9日 (土)

本日発売の東京新聞に<シェ・トラ>ご紹介いただきました

本日6月9日(土)発売の
東京新聞(首都圏版・朝刊)
「TOKYOどんぶらこ」のコーナーで
シェ・トラ、紹介していただきました。
常連のお客様に
「新聞見たよ!」と言われるまで、
完全に忘れてました…( ̄◆ ̄;)

| コメント(0)

2012年6月 8日 (金)

シェ・トラからのお知らせ【6月11日~15日までお休みします】

来週の6月11日(月)から15日(金)まで、
お休みさせていただきます。
なお16日(土)は通常通り11時よりオープンです。
7月1ヶ月間、
伊勢丹・立川店の
<パティスリーモード>に出店するため、
少々早めの出張込みの夏休みです…
7月は、
私、
休みなしです(ノ_-。)
でも大丈夫!
多分、
きっと、
お願いだから(笑)
毎年恒例の行事ですので…
なので皆様、
私が眠そうな顔していても、
「まただな、あはは!!!」
と、笑ってくださいまし。
パティスリーモードの件は又後日。
取り急ぎ来週の予定でした。

| コメント(0)

2012年6月 8日 (金)

その名前の通り

Tournesol
フランス語でひまわり、です。
ひまわり<サンリッチマンゴー>と芍薬

Photo
太陽に向かってる、
だから
tourne(トゥルネ)ターン・そちらに向く
sol(ソル)←soleille(ソレイユの略)太陽
今頃凄い凄いひまわり畑が見れるはず、
リヨンから南仏に下る高速道路を
ちょっと脇道に降りると。
私の背よりもうーーーんと高い、
あのひまわり畑の様子は
10年以上たった今でも
鮮明に覚えてる。
いつかまた。

あ、
お花屋のおっきいお姉さんが
もうすぐ芍薬が入荷しなくなりますよ~と。
ニヤニヤしてるから、
何でだろうと思った。
「あーーー!これで私から芍薬の品種名聞かれなくなるって安心してるんですね~(失笑)」
ずぼしだった( ̄▽ ̄)
お姉さんは微笑みながら
「そのひまわりはサンリッチマンゴーです♪」
カタカナは読めるらしい( ̄ー ̄)ニヤリ

| コメント(0)

2012年6月 7日 (木)

皆さんの優しさの蕾、開花。

懐かしの10周年記念パーティーで、
生徒の有志の方々から頂いたウェルカムボード、
いまでもシェ・トラの玄関に飾っているのですが、
なんと、
まあ、
素敵な、

10

バラが咲きましたよ♪
しかも蕾も沢山。
実はこのコンテナの中に、
四つ葉のクローバーも。
昨日早急に幸運が必要そうな人に
差し上げました(笑)

今宵の月も美しか~
私は<月>の人だなって、
最近思います。
太陽も好きなんですが、
受け取るパワーが月の方が半端なく大きい。
正直、
金環日食興味なし(失笑)
でも月食とかは必ず見てしまいます。
大切な人たちに、
四つ葉のクローバーの幸運と、
月のパワーを。
Je te donne toute ma bonne chance.
J'étais déjà heureux assez et passé la vie agréable.

| コメント(0)

2012年6月 5日 (火)

他愛のないフレーズから

もう寝ます、 今日は寝てなかった上に、 意外とハードな一日でした。 ひとつだけ、 今日ネットでニュース見てた時に <レディ・ガガがゴッドマザーのエルトンジョンの子供うんぬんくんぬん…> これ見てから頭の中はゴッドファーザー愛のテーマの エンドレスリピート状態。 映画見たいな。 でももう寝ますZzzzzz

| コメント(0)

2012年6月 4日 (月)

参りました、降参!18禁の危険なレッスンはワッフルもテーブルから落ちるって(涙)

なんだか凄いタイトルですが、
実際は…事実は小説よりも奇なりΣ( ̄ロ ̄lll)
レッスン中の出来事。
NさんとKさんのお友達コンビ、
その豪快な、
いや、華麗なるお姿は
大人の女性としていつも尊敬しているのですが、
今日はさらに,
「女性っていつまでもこうあるべきなんだな~」
と感心させられる出来事が。
感心、
と言いますか、
驚愕、
と言いますか(失笑)
お世辞抜きでいつみてもお肌もツヤツヤ、
メイクもバッチリで、
正直おいくつだったかな~と。
まあどう見ても50代、
いってるかいってないかだと。
「知ってました?先生、Kさんて61歳なんですよ」
(゚0゚)(゚0゚)(゚0゚)ぽか~ん
「はい?う・・・・・・・・、って今なんて!?( ̄◆ ̄;)」
そこから私の思考回路は完全にショート。
うちの母親の年齢マイナス…、ありえん(。>0<。)
Kさんの年齢プラス…うちの母…ごめん、お母さんm(_ _)m
最近<美魔女>って、
流行ってるようですが、
こんな近くにいたとは。
もうこの会話の後はネジが1本抜けちゃったのか、
色々やらかしまして。
最大の失敗は焼いたワッフルを型から抜いて、
テーブルの上のバットにのせようとしたら、
「(ストン)キャーーーーーーーーΣ( ̄ロ ̄lll)」
自慢じゃありませんが、
出来上がったお菓子を落下させたのは、
記憶にない。
Kさん&Nさん、
「私たちのせいね~、先生を動揺させてしまった(笑)」
そうですとも~、あんな衝撃の告白は
授業終わって試食の時にしてくれれば…
生地に余裕があったので再度焼き直し。
「あー、先生やっぱり綺麗に焼きますね♪」
何を言われても今日は落ち込んでますよ(ノ_-。)
その後は気を取り直して授業はつつがなく終了。
そしてさらなる驚愕の世界へと(笑)
試食中にお二人で行かれた温泉のお写真を
見せて頂いていた時、
「Nさん、ほら、私のお風呂の写真♪」
お風呂の写真って…
まさか…
きゃーーーーーー(/ー\*)
えーと、
そう言う話です(汗)
どうやらKさんのその←どの!?
写真があるらしいのですが、
そのカメラには残っていなくて。
「本当に綺麗なのよね、思わず撮っちゃった♪」
Nさん、なんてことを!!!
もうここからの会話はピー音いれないと無理!
でも不思議といやらしさはなく、
なんか二人の会話が可愛らしくて。
同じ女性として、
見習わなくては。
あ、
でも私は撮影は無理でーす( ̄▽ ̄)

| コメント(1)

2012年6月 3日 (日)

梅雨入り前ですが初夏っぽく緑で

今朝は長袖1枚じゃ肌寒かった…
6時台だとやっぱり冷えます。
その後熱い出来事があり、
あ、
これは血圧あがっちゃうような…
瞬間湯沸かし器と呼ばれる
父の血は争えないな~と
しみじみ思ってしまった。
うん?
まあ父よりは私は冷静と言いますか、
計算高いので(笑)
数学は苦手ですが算数は得意♪
被害最小限で発散。
新商品の<レモンライムのサヴァラン>

1

サヴァラン好きの私のお気に入りは
爽やかレモンチェッロを染み込ませた、
軽い酸味が夏向け。
「食べちゃおうかな~( ̄ー+ ̄)」
今のところ我慢してます(失笑)
ケーキも夏に向けて衣替えしつつ、
飾っているお花もグリーン中心に。
<花市場>の小さいお姉さん(自称)と
一緒に選びました(o^-^o)

Photo
ひまわり、
芍薬、
ドウランツツジ。
爽やか♪
でも湿気が気になる季節に…
お花だけでも爽やか持続させます!

| コメント(2)

2012年6月 3日 (日)

そんな事は連動しなくても…

本人あまり気にしていなかったのですが、
最近会う人会う人に
「痩せたよね、大丈夫なの~?」
と言われ…
まあ特に昔の私しか知らない人から見たら
そりゃーそう思うでしょうよ、
ああ、自分ごとながら納得。
だって両親本気で女性が相撲部屋に入れないか
悩んでいましたから(-゛-メ)
30歳越えて、
独立してから痩せたのはたしかですね~
で、
1月ユーロが大幅に値を下げた時に、
実は私の体重も落ちまして。
世界経済が心配だったから( ̄◆ ̄;)
冗談にならんなこれは。
(*_ _)人ゴメンナサイ
お歳暮やクリスマスの疲れが
どっと出たのね~

で、
今回またユーロ落ちたじゃないですか、
11年半ぶりの円高ユーロ安水準をつけたって
数日前のニュースが。
そして…
あまりに痩せたと周りに言われるので
久しぶりに体重計に乗ってみたら、
確かにね、下がってた…。
えーと、
私の体重は
ユーロ為替に連動するらしいです、笑えない…
まあ本人はいたって元気ですからご安心を♪
今日もお昼もおやつも沢山食べましたし~
きっと使ってるエネルギーがそれよりも多いんですよ。

ただ、
あまり皆さんに言われると
気にしいなものでして…
だからどうぞご心配なく、です!
きっとユーロが上がれば…
相撲部屋行きは遠慮しておきますΣ( ̄ロ ̄lll)

| コメント(2)

2012年6月 2日 (土)

出揃いました!いや、まだ、かも。

先日から福島・猪苗代にあります、
<世界のガラス館>さんでも販売していますが
フルーツのゼリー<パート・ドゥ・フリュイ>
ついに12種類出来ました♪
なぜ12種類かと言うと
12箱詰め合わせて欲しいと言うお客様がいらっしゃったので(笑)
こんな感じです。

12

ちなみに今回の種類は
カシス、
木苺、
桃、
パッションフルーツ、
カラマンジー、
ライム、
ライチ、
キウイ、
グリオット、
洋梨の赤ワイン煮、
青リンゴ、
マンダリンオレンジ。
あ、
今回入れてませんが
赤スグリもあります。
ってことは13種類ですね、今のところ。
あと作りたいと思ってるのが…
15種類にはなります( ̄▽ ̄)
ただ常に全てあるかと言われると…
頑張ります(^-^;、
欠品する場合もありますので、
欲しいものがある方は電話等でご確認ください。
宜しくお願いいたします!

| コメント(0)

2012年6月 2日 (土)

大切な人へ

昨日は(昨日もか!)
11時前に寝て3時過ぎに仕事開始。
朝型人間にシフトチェンジ中(失笑)
そんな昨日は母のお誕生日でした。
母の日と近いので、
どっちに比重を置いて良いやら…
母の日の失敗を活かし、
今回はいつものお花屋さん
パルコ1階の<花市場>さんでブーケを。
小さなお姉さんチョイスの(←自称ですよ、そんな小さくないでしょ!)
芍薬とバラのピンクのブーケ


2012

「やっぱりプロが作ると違うわ~」
作ってる最中じーっと見ながら、
美しく出来上がったブーケを持って
「私の、だったら良いんだけどね…」
今回は図書カードではなく、
お酒好きの母にシャンパンを。
父と一緒に飲んでもらうつもりであげたけど、
言い忘れた( ̄◆ ̄;)
大丈夫だったかな?まあ小さなボトルなので
母一人で飲んだ可能性も、あるかな!?
そんなシャンパンと花束とカードを。
「恐れ入ります~」
どうせ父は何もあげてないだろう、
誕生日なことすら覚えてないからな…
そして、
母のバースデーカードと一緒に、
もうひとつ、
感謝の気持ちを伝えるべくカードを購入。
私が学生の時19歳の頃から
先生として、先輩として
お世話になった先生が退職されました。
大阪の先生なのですが、
今日送る会をされるとのことで、
出席できないのでお手紙を、
そして恥ずかしながらお菓子を送りました。
とても声の渋い先生で、
私たち学生は「パパ」と呼んでました、
すみません!
時には生徒の父親のように、
厳しさと優しさを持った素敵な先生です。
私が大阪で授業しに行くと
いつも笑顔で出迎えてくださいました。
いつかどこかでお会いすることが出来たら嬉しい。
そんな大切なお手紙を2つ書いた昨日でした。

| コメント(2)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »