« どこまで戻れば今回の奇跡的再会に辿り着くのだろう | トップページ | 思い出を語るには時間が足りな過ぎ »

2011年10月10日 (月)

「フランス菓子古典の会・第3回講習会」のお知らせ

まじめな(笑)お知らせです。

私の教室の生徒さんでカメラマンさんの知新温さんから、

「フランス菓子古典の会・第3回講習会」のお知らせをいただきました。

フランス菓子の古典に興味がある方、いかがでしょうか?

以下知新さんからのお知らせです♪

○○○○○

「フランス菓子古典の会・第3回講習会」が
11/9に国際製菓専門学校にて、開催されます。

この会は、若手の製菓技術者や学生のための勉強の場になるようにと、
東京都洋菓子協会の助成を受けて、昨年創設されたばかりの会です。

年に2回の講習会を通じて、フランス菓子とは何か?という問いに対する
答を、各自が導き出せるような講習会を目指しているそうです。

以下、第3回講習会の概要をお伝え致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【フランス菓子古典の会 第3回講習会・申し込み受付を開始致します!】

《開催概要》
フランス菓子の古典書を読み解き、原文に出来るだけ忠実
お菓子を再現することによって、フランス菓子の歴史、調理化学、
テーブル等々について、広く深く、考察する勉強会です。

3回目の今回は、
Urbain Dubois(ユルバン・デュボワ)のルセットから、
マリオン、フランボアゼット、パレスタン の3品を取り上げます。

デモンストレーション後、再現したお菓子は参加者全員で試食します。
古典文献を学ぶ意味、お菓子の歴史と調理化学について座談会を開催。

座談会では、日頃疑問に思われていることなど積極的にご質問下さい!
参加される皆様にとって、有益な意見交換の場にしたいと考えております。

講師 : フランス菓子古典の会 代表 = 五関 嗣久 氏
座談会でのお話 : 桑原清次先生を交えて行います。

日 察 ~!'20 11年11月9日(水)13:00~17:00(受付12:00~)
会 場 : 国際製菓専門学校
      (東京都立川市曙町1-32-1 / 042-540-8181 )
http://tanaka.ac.jp/patisserie/access.html

受講料:3,500円(税込)= 受講料は、当日会場でお支払い下さい。

* 申し込み方法
フランス菓子古典の会事務局(担当:知新=あらた)宛

以下のメールアドレスまで参加者氏名と連絡先(メールアドレス)を
明記してお申し込み下さい。
メール=onarata@msn.com


* 申し込み締め切り:2011年10月31日(月)まで。

最新スイーツ情報はここでGET!-おかしすとレポート

2011年10月10日 23時11分 お知らせ個別ページコメント( 0)

« どこまで戻れば今回の奇跡的再会に辿り着くのだろう | トップページ | 思い出を語るには時間が足りな過ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。