« 13年ぶりの再会は、俺様オーラ全開!? | トップページ | シャットダウン »

2011年9月13日 (火)

3時間の5分の4=何cc?!

ついに、

ついに、

念願の、

ニュー・シネマ・パラダイスを見ました!!!

昨晩、

弟夫婦も数週間前に、

ニュー・シネマ・パラダイスブームがあったらしく、

「家にDVDあるから貸してあげるよ」

とメール頂きました。

私のブログ読んだのね(冷や汗)

それにしても不思議。

私が見たいな~と思った映画を、

弟夫婦も同じ時期に見たくなって見ていたとは。

金田一シリーズもそうだったよね、そう言えば。

やはり姉弟、通ずるものを感じます(笑)

で、

昨晩お店からの帰り途中に、

弟宅へ寄って借りてきました。

「水曜日お休みだから火曜の夜中か水曜日に見るかな~」

なんて、

なんて、

我慢できるあろうはずございません!ごめんねー!

早く寝なさいと天からの声も聞こえたのですが、

スイッチオン!

ニュー・シネマ・パラダイス、

バージョンがいくつかあるのですが、

今回のは完全オリジナルバージョンで一番長い。

3時間、です。

聞き覚えのある子どもの声は主人公のトト。

大きく分けて

<子供時代><青年時代><大人時代>と

3人の俳優さんがトトを演じています。

私は子供の頃のトトが大好き。

内容は書くと3時間かかりそうなので省略します。

見て下さい♪

この映画に出てくる人たちは、

皆が皆、

自分以外の人の事を考え、

たとえそれが自分にとって辛いことだとしても、

相手のために行動します。

泣けないわけがない。

何回も見てます。

それでも自然と涙があふれてきます。

もう、

瞼腫れまくりです…。

殆ど泣いてたよ、私は。

ひどい顔でした、今日は…。

手の施しようがない(失笑)

ユーモアもあるんですよ。

脇役の俳優さん達の演技もこの映画では重要なポイント。

そして、

映画の中で流れる名作映画の数々。

20代、30代、そして40になって見ましたが、

見れば見るほど引き込まれる。

シチリアの景色、

人々の生活、

戦争で親をなくすこと、

大人になって初めて気がついた母親の気持ち、

私たちが常に考えなくてはいけない事が、

この映画の中にはあふれている気がします。

トト少年、

彼の泣き顔からのウィンク笑顔には、

どれだけの人が心なごまされたのかな~

いつまでもいつまでも、

語り継がれる映画であってほしいです。

最新スイーツ情報はここでGET!-おかしすとレポート

2011年9月13日 23時11分 映画個別ページコメント( 0)

« 13年ぶりの再会は、俺様オーラ全開!? | トップページ | シャットダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。