« 風立ちぬ | トップページ | 頭使うと…J'ai perdu contrôle de la santé »

2011年8月 9日 (火)

フランス研修旅行<最終話>トム・ハンクスの気分でCDG空港を徘徊&MERCI

さてさて、

私たちの珍道中もようやく終わりを告げようとしております。

夜中の交渉劇の末、眠る場所を確保しそれぞれの部屋へ。

「まさか空港併設のホテルに泊まることになるなんて…」

シャルル・ド・ゴール空港でのドタバタ劇は、

実はこれが初めてではなかったんです(笑)

一度オーバーブッキングで乗る予定の飛行機に乗れなくなりそうな事態が。

その時も仕事の関係で絶対にその飛行機に乗らなくてはいけない状態だった。

もし、

乗れていなかったら…言えないくらい大変な事が起きてました。

見送りに来てくれていたフランス人の友達に交渉してもらい、

なんとか帰国できたのですが。

珍事を引き起こしてるのは私か!?

そんな懐かしい話を思い出しながら、

明日帰れることを夢見ながら、

あっという間の睡眠時間は終わりました。

ホテルの朝食終了ギリギリの時間に食べに行って、チェックアウト。

「さーて、出発までの11時間何しますか?」

夜11時過ぎの出発、さすがに待つ時間が長い。

今考えればケイドロとかすればよかった←うわー、古い(失笑)

スーツケースもあるので、何人かに分かれて行動することに。

CDG空港、ターミナルの間を電車?みたいなのが繋いでくれていますので、

それに乗ってあちこちへ移動。

昔トム・ハンクスが空港に住みついちゃう映画、ありましたよね?

あの気分でしたよ、半日だけれど♪

皆それなりに楽しみながら、

たまに眠りながら、

気がつけば搭乗手続きの表示が出ました。

「やったーーー!帰れるね、帰れる!」

ここから私はアシスタントの子たちに連絡。

「帰国決まった!明日は夜10時出勤でお願いします!!!」

帰国後からクリスマスケーキの納品準備、勿論て・つ・や♪

「さて、そうとなれば飛行機で寝ますか~」

ここからは夢の国zzz

色々な思い出のあるフランス、

離陸するときはいつも心がきゅっとします。

「またね」

沢山の新たな思い出を抱え、飛行機は成田に向かって飛んでいきます。

「あとは無事着けば…」

あと1時間ぐらいで成田到着となった時、機内アナウンスが。

「当機のお客様のお荷物がいくつかCDG空港に残されているとの連絡が先ほど入りました」

もう勘弁。

皆ざわざわ。

かなり早い時間にチェックインした私達、

「多分大丈夫ですよね…」

到着し、荷物を引き取りに。

「あ、ありました!」

「私のも♪」

皆さんの荷物、全部ゲット!最後は皆の運が強かった♪

「ではこれで解散ですね」

1週間ちょっとを一緒に過ごし、しかもあんな濃い時間を一緒にいた皆さんと

お別れするのはちょっと寂しい気分でしたね。

しかし、

現実に戻った私。

「急いで吉祥寺に戻らなくては!」

そうですよ~、クリスマスケーキが手ぐすね引いて私を待ってました(冷や汗)

そんな私たちの2009年フランス研修旅行はクリスマスを前に幕を閉じました。

長々と、しかも思い出したかのようにこの季節外れに旅行の話を書き始めて

すみませんでした。

思えばお店を始める直前だったんですね、旅行へ行ったのが。

早く書かなくっちゃと思っていたのに、

後手後手になっていました、ごめんなさい。

これで一つすっきりしました(笑)

読んでくださってありがとうございました。

Chers lecteurs,

Merci pour lire mon histoire depuis longtemps.

De plus, j'écris des histoire si je vais un jour en France.

最新スイーツ情報はここでGET!-おかしすとレポート

2011年8月 9日 16時04分 フランス研修旅行2009個別ページコメント( 0)

« 風立ちぬ | トップページ | 頭使うと…J'ai perdu contrôle de la santé »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。