« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

【シェ・トラからのお礼】伊勢丹立川店パティスリー・モード出店終了

7月1日から本日31日まで、

伊勢丹・立川店<パティスリー・モード>に出店させて頂きました。

本日をもちまして無事終了させていただきました。

また機会がございましたら<パティスリー・モード>にも

出店させていただきたいと思っております。

吉祥寺の<シェ・トラ>にも是非お越しください!

1ヶ月間、本当にありがとうございました。

杉本都香咲

伊勢丹・立川店<パティスリー・モード>のスタッフの方々にも

大変感謝しております。ありがとうございました。

| コメント(0)

2011年7月30日 (土)

フランス研修旅行⑫小さなフランスでほろ酔い気分のヴァン・ショーは苦い思い出

スフレンハイムからストラスブール市内まで戻り、

ホテルからだとちょっと離れている観光名所<プティット・フランス>へ

直訳すれば<小さなフランス>

今更だけど…なぜ?

調べてみると、

この町が神聖ローマ帝国の領地だった16世紀、

当時はフランス病と呼ばれていたらい病患者の収容施設が

ここに立地していたことに由来しているようです。

そうでしたか…全く知らず。

そんなプティット・フランス、

ドイツっぽい木組みの家が立ち並ぶ、

まるでおとぎ話の世界のような場所なんです、

いわゆる

「超ーかわいい!!!」

です(冷や汗)

しかし、

本気で寒いんですよ、手袋2枚がさねしたのですが意味なし。

鼻水は凍りそうだし、

半端ないです、さすがマイナス20度の世界。

こんな寒さを吹き飛ばしてくれるのがヴァン・ショー、

そうですホットワインです♪

基本は赤ワイン(白もたまにあります)

シナモンやクローブ、オレンジ、レモン、砂糖などを入れて

煮たワインです。

これ、

大好き♪♪♪

行けば必ず飲みますが、

調子に乗って、

飲み過ぎますとね、

って言っても2杯ですけど~

以前その直後にカバンからお財布をすられたことがございまして…

あれは忘れもしない。

純ちゃん&玲ちゃんのゴールデンアシスタントコンビと三人で行った時。

ほろ酔い状態の私は、格好の餌食だったのでしょう。

食事したレストランの前でカメラ出して写真撮って、

カメラしまう時にはもうお財布がなかった…

黒いカバンに黒い財布だったので、

「どっかにあるよ~」

なんて暢気な気分でゴソゴソ。

ゴソゴソ、

ゴソ、

うん?

(TOT)うわーーー、ない!!!

レストランやその周辺探したけどなく、

急いで日本に連絡してクレジットカードを止めました。

日本時間、夜中の3時過ぎ。

かなり迷惑な姉の頼みを弟様にお願いしまして…

(まあお土産にフェラガモのネクタイ買って行ったんだから文句なかろう!)

かなりガックリしてホテルに戻り、

警察まで届を出しに行こうとしたその時、

フロントから電話が。

「お財布を拾ってくれた方が電話してきましたよ」

うーーー、ラッキー♪

お財布にホテルのカード入れてたんですよ、よかったー

現金は抜かれていると思いましたが、

財布自体がお気に入りの財布だったので戻って来てくれて嬉しい。

翌日拾い主さんのところへ。

町で家具屋さんしてる人でした。

ものすごいお礼を連呼して(笑)

お店を出てから財布の中身をみると

「げ、1ユーロだけ入ってるじゃん!」

おいおい、1ユーロも持って行ってよ、せっかくなんだから~

逆に切なさを増しましたよ…。

カード類は一切手付かず、

危なかったのは日本の運転免許入れてたこと。

再発行にならずに済みました。

と、こんなお話がヴァン・ショーにはあったのです。

それ以来、

どんなに調子良くても、

どんなに寒くても、

絶対に2杯飲んでは駄目!と自分で決めました。

酒は飲んでも飲まれるな、です。←飲まれまくりです、だって弱いんですもの~

そんな思い出も思い出しながら、ヴァン・ショーを飲んで体を温め、

お土産を買いに。

ヴァン・ショー用のスパイス詰め合わせた袋とかも売ってるんです。

勿論買いました!

家なら2杯飲んでも大丈夫(* ̄ー ̄*)

| コメント(0)

2011年7月29日 (金)

最後まで

あと2日、

やっぱり1ヶ月、31日はあっという間です。

本当に、

時間が経つのはあっという間です。

最後の最後まで、

気を抜くことなく、

最善を尽くします。

À la même fin,

je fait des gateaux toujours de la même façon.

C'est tres important.

| コメント(0)

2011年7月29日 (金)

9月5日発売の<DIME>の撮影でした!

先日の撮影、

おなじみの<男子スイーツ部>の記事を撮影しておりました。

今回は<ギリシャヨーグルトのスイーツ>を、

男子スイーツ部員に試食していただくという記事です。

内容はお楽しみに♪

いつも通り、

私の顔写真撮られましたが、

「無理に笑ってますね~、もっと自然に!」

・・・

・・・

・・・

モデルじゃない!(-_-X)

パティシエールですから。

この催事最終週に撮影を入れたことだけでも奇跡的なのに~~~

でも一応笑ってみました( ̄ー ̄)ニヤリ

| コメント(1)

2011年7月26日 (火)

撮影真っ最中~

雑誌の撮影中。

何してるかは後で~

グラビア撮影でないのは確かです…( ̄ー ̄)ニヤリ

| コメント(0)

2011年7月24日 (日)

作りたかったもの

今日は朝からSMAPの、

何年前のアルバムだろう?

フランス校へ転勤になった時に買ったものだから…

13年前のベストアルバムですね~

森くんの声も入ってる(笑)

寝不足もピーク、

でもあと1週間♪体調もなんとか。厨房の神様にmerci mille fois!

先週の金曜日、お店にいらっしゃったお客様、

お菓子の材料屋さんの袋をぶら下げた男性&女性。

「作るの趣味なのかな?」

と思っていたら、どうやら私の本をご購入いただいて、

色々作ってくださっているそうで。

女性のお客様の方は

「私は味見専門なんです♪」

結構、最近、趣味でお菓子を作っていらっしゃる男性も

多いですよね~

色々お話しさせて頂いて、私が気になったことは一つ。

「あの本を読んで作り方わかりますか?」

本を作る際一番気になるのは、

その本を読んで実際に読んだ人が作ることが出来るかどうか。

それが一番大切なところで、

そのためには編集の人にはちょっと無理言っても、

プロセス写真を増やしてもらったり、

説明文を増やしてもらったり、

迷惑をおかけしてますが…

「わかりやすいですよ」

どんな褒め言葉よりも嬉しい(TOT)

心の中でガッツポーズとVサイン出しまくりです(笑)

それでも実際出た本を読み直しては、

反省すること多々あり。

人に教えるのは本当に難しいです。

自分が完全に理解できていなくては、

相手を納得させることなど到底無理です。

いつになっても、日々勉強、ですね。

| コメント(0)

2011年7月22日 (金)

涼しさも急だと困る…

台風が去ってから、

昨日今日とかなり涼しかったですね。

おかげで私は調子が悪い。

子供のころ、

喘息持ちだったのですが、

その発作が起きそうになってしまいました。

駄目なんです、急に気温が変わると。

気管支が言うことをきいてくれなくなって、

息することすら辛くなってしまう。

今日は危なかった。

とりあえず、なりかけで止まってくれて良かった。

あの苦しみは…思い出したくもない(TOT)

もう少しだからもってください!

うーん、誰にお祈りすれば良いのかしら?

厨房に何人か神様いるんですけどね…

一層全員にお願いしておきます!

| コメント(0)

2011年7月22日 (金)

フランス研修旅行⑪マイナス20度の世界はバナナで釘が打てます…

滑走路は一面の銀世界。

しかも雪は止むことなく、

積もる、

積もる…。

隣に座っていたフランス人のおばあちゃんが話しかけてきた。

「私は今朝トゥールーズにいて、色々な交通機関が動かなくて、

この飛行機に乗ってようやく子供たちが住むストラスブールへ

行けると思ったんだけど…。」

南仏もお手上げ状態のこの雪、

これはもうどうにもならない感じ。

旅行が始まる前、交通機関や美術館のストライキを心配していたものの、

おいおい、まさかの雪では人間の力では予想不可能。

「早く飛行機が動けば良いですね」

そうとしか言ってあげれなかった。

搭乗して1時間、もう皆寝に入ってるzzz

私も流石に眠くなってきたな~と思ったら、機長からのアナウンス。

「滑走路の雪を除雪したので、これから飛びます」

良かったー、とりあえず飛べます、飛べます♪

おばあちゃんも一安心。

飛行時間は1時間半くらい、

みなさん流石に待ちくたびれてグッタリモード。

眠りに落ちた頃にはもうストラスブールです(笑)

となりのおばあちゃんにさよならを言って、私たちも飛行機を降りました。

雪、まったくありません。

(明らかに私たちが行く先々に、後から雪が追いかけてきてるよね…。

ってことは、ストラスブールのこの天気も今日までか!?))

心の中で思いつつも、「いやいや、そんな訳ないって!」と

さらに言い聞かせ、空港からタクシーでホテルまで移動しました。

その晩は私はKさんと同じお部屋で、

二人で部屋のコーヒー飲みながらマッタリと眠りにつくのでした。

さて、朝です。

一応そっとカーテンを開けてみた。

「いやーーーーーー、やっぱ降ってるじゃん(TOT)」

うっすらですが、雪積もってます。

もはやこの旅行のメンバー全員が雪女としか思えない!

私は基本晴れ女でしたが、今回ばかりは私も雪女かもと…。

どうやら夜中少し降ったみたいです、天候は晴れ。

朝食に行くともう他のメンバーも集合!

ここの朝食の嬉しいのは、アルザスの名物のクグロフや、

クリスマスケーキのシュトーレンが出てくるのです。

朝から皆どんだけ食べるのって感じで、

美味しく頂きました。

その後ミニバスで、クグロフ型などの陶器を作っている村、

スフレンハイムへ!

バスの運転手さん、えーと、流石に名前忘れちゃいましたが、

異常に大人しい人で←いや、これが普通で今までがしゃべりすぎ(冷や汗)

静かに目的地まで連れて行ってくれました。

スフレンハイムの中でも大きな工房を持つお店に、

運転手さん、わざわざ連れて行ってくれまして、

お店のマダムに私たちに工房見せてあげてと頼んでくれました。

物静かなのに、素敵過ぎ~!!!

そのお陰でマダムがお店の案内をしてくださいました。

各お店によって書く絵柄が違うんです。

色も微妙に違いますね~

私はこのお店に来たのが初めてで、色々買いたいものが…

し、しかし!

この陶器こそが重量を増やす一番の原因でして。

皆さん、よーく考えて買ってました、よしよし♪

うーん、

「なんか、さっきから寒くない?!」

室内なのに、手がかじかんできました。

「今日はマイナス15度よ。しかも風が強いから体感温度はマイナス20度ね」

マダムが笑顔で言ってました。

マイナスって…

しかも20度って…

その昔某ガソリンメーカーのCMで

「バナナで釘が打てます」

と言っていた世界じゃないですか~~~

ってことは、あのガソリンをここに持って来ても滑らかってことね←どうでも良いな、そんなことは(笑)

雪は降っていないけれど、それ以上に寒い。

ここから私たちはストラスブールの<プティット・フランス>へ移動します。

ヴァン・ショー(ホットワイン)が待ってます♪

| コメント(0)

2011年7月20日 (水)

花よりも団子よりも桃!

今日は久しぶりに家にてお休みしてます。

外は雨&風が凄いですし…

とはいえ今からフランス語の本買いに行かなくては…

と、

先日桃太郎さんから←誰ですか?!

可愛らしい桃を頂きました♪

箱を開けるまでもなく、中から美味しそうな香りが~

Photo

「どうやって食べようかな?」

1日考えて、

とりあえず湯剥き。

冷やした桃を一瞬熱湯にくぐらし、

氷水にぽちゃん。

Photo_2

つるっと剥けました(o^-^o)

まずはそのまま一口。

「うわ~、甘くて瑞々しい♪」

そして、

前に眞貝シェフのところで食べさせて頂いたのを思い出し、

生ハムで巻いてみました。

Photo_3

感想は言わなくてもお分かりですよね♪

ローズマリーをのせたフォカチャと一緒に、

「これは、これは白ワインだよね、確かあったはず…」

一瞬立ち上がってみたものの、

椅子に戻った。

「もうちょっと、だからね。我慢我慢♪」

ワインは催事が終わるまでお預け。

気持ちで飲んだつもりにして(笑)

残りの桃はデザートに。

甘ーい甘ーいデザート。

ご馳走様でした!

| コメント(0)

2011年7月20日 (水)

<理想の女性像>なでしこジャパン優勝で再確認

月曜日、かなり多くの人たちが寝不足だったのではないでしょうか。

朝早いとは言え、

ワールドカップの決勝戦に日本のチームが進んだのに、

応援しない訳にはいきません!!!

で、

私は朝4時くらいまで店に…。

1時か2時ごろに、落ちちゃったんですよね、眠りに(-.-)zZ

慌てて家に戻り、なでしこ達の応援♪

明らかにアメリカの方が強かった。

それでも彼女たちは恐らく一度も諦めなかった。

アメリカチームは2回は優勝を確信したでしょう、

1点目を入れた時と、2点目を入れた時。

日本は最後の最後まで優勝を追い続け、

そして勝ち取った。

どれだけの体力があるのでしょう、

前後半90分に延長30分、そしてPK戦。

あのピッチを駆けずり回るその姿は、

もはや訓練で培われた実力を超えていたはずです。

足が止まってもおかしくないです、

でも彼女たちはピッチの上で<自分>と戦い、

そして勝ったのだと。

相手はアメリカでもどこでもない、

自分自身の中に。

PK戦に入るとき、

日本のチームは楽しそうでした。

対するアメリカからは緊張感が。

勝負はどちらに転ぶのかわかりませんが、

今回はPKが始まる前に日本が勝つ気がしました。

<なでしこ>と名付けられた代表チーム、

そう、私の中の理想の女性は花村紅緒さん。

ちなみに実在の人物ではないのですが…

大和和紀さんの漫画「はいからさんが通る」の主人公です。

大和さんの漫画はその他にも「あさきゆめみし」(源氏物語)を読みました。

かなりリアルな源氏物語です、おすすめですよ♪

さて、

花村紅緒さんは大正生まれの跳ねっ返りのじゃじゃ馬娘。

行く先々で騒動を引き起こし、特に酒乱がひどい!

こんな事を書いてしまうと「なんでそんな人が理想の女性なの?」と

思われてしまいそうですが、

私の中にある<大和撫子>とは

凛としていて、

1本筋が通り、

内面に強さを隠し持ち、

理不尽なことは許さず、

弱い人にやさしい、そんな女性なのです。

漫画の中ですが、

紅緒さんはそういう女性でした。

子供のころから、

そして今でも、

私の中の大和撫子は彼女なのです。

今回の女子サッカー選手の中に、

<大和撫子>を見ました。

PK戦が始まる前は鳥肌が立ち、

勝利をつかんだ時は目じりに涙がにじんだ。

お化粧するのを待っていて正解でした(笑)

自分もいつか、

そんな<大和撫子>に、

少しでも近づけるように生きていきたいな。

| コメント(0)

2011年7月16日 (土)

折り返し地点

7月16日です。

7月が半分終わりました。

1ヶ月にわたる立川・伊勢丹<パティスリー・モード>の催事も

残すところ半分になりましたーーー

「徹夜はしない」

という目標を掲げて←変、だな…目標って(冷や汗)

始めてはみたものの、

つい、

ほんの出来心で(笑)←どんな出来心やねん!!

あ、

でも家に戻ってから10分寝たから貫徹ではないです。

仕事していて調子がのってくると、

「あと30分、あと30分、で、結局太陽出てきちゃったよー」

となるのです、浅はかな私。

その日はシャワー浴びながら、

頭乾かしながら、

自転車こぎながら、

眠りましたzzz

一瞬ね、

だって危ないし(失笑)

今日はなんとすでに終わってます、9時にはお店から帰りました♪

そんな日もなくては、

残り半月も頑張らなくっちゃ。

炭酸ばかりじゃ体に悪いからと、

お茶を持ってきてくださったMさん。

同じく炭酸漬けの生活を危惧して、

お茶を持ってきてくださったTさん、

※食事中コカコーラを飲む私に、

ボゲ先生「君はアメリカ人か!?」と言われた、その昔…。

私たちの賄いにと美味しいお肉を送ってくださったSさん、

「夕食代わりじゃないですよ、おやつですから!!!」と

ばかうけの地方限定バージョンを持ってきてくださったウッシーさん、

愛情1本どころじゃない!

ケースでチオビタを差し入れてくれたHさん、

皆さんの気持ちに感謝しております。

さて、

じっちゃんの名に懸けても倒れたりするわけにはまいりません。

寅三郎さんも「やれやれ、相変わらずだな…」と

見守ってくれてるはず、多分。

明日も暑そうですが、

がんばりまーす。

Je tomberai cette nuit dans un sommeil profond.

Je tombe très profondément

peu à peu.

Qu'est-ce que je peux voir là?

Mon souhait est secret.

Bonne nuit a tous!

| コメント(0)

2011年7月15日 (金)

レンズ越しの風景

朝6時台でも、すでに日が燦々と降り注いでおりまして…

このサングラスは必須アイテム

Photo

なんと、13年前に購入、

フランス校勤務中にリヨンで。

それから愛用しております。

そんな大切なサングラスを先日落としまして…

「ついにお別れか…

思えば13年、あのサングラスのレンズ越しに色々な物を見てきたっけな」

フランス校勤務中、

地方のパティスリー&レストランへ

食べ歩きに行きましたが、

レストランだけではなく色々な名所や、

崖や(笑)

海、

山にも行きました。

南はニース、カンヌ、モナコ、ボルドーも行きました。

北はブルターニュ&ボゲ先生のいるノルマンディの各地、

アルザスも何度行ったことか。

今の季節ですと、

畑一面に満開のひまわりが。

思わず車を止めてひまわり畑へ降りた。

自分の背丈よりも大きなひまわりたち。

その風景も刻まれてるね。

涙をためて、

サングラス外せない時もあったし、

喜怒哀楽を見つめてきたね、

おもに夏でしたが。

「まあ仕方ないか、これも運命だね」

ほとんど諦めていたのです、今回は。

だってどこで落としたか全く覚えがなくて

一応行ったところに連絡してみたものの。

で、

あったんですよ~、

サンタさんが持ってきてくれました!

って、例のクリスマス展示会場にね、

落ちてたって…。

14年目も、

15年目も、

そしてその先も、

ここから見る風景が

幸せでありますように。

Merci pour le trouver,

mon Pere Noel!

| コメント(0)

2011年7月10日 (日)

二人のトークショー in エコール辻東京

今日は伊勢丹の納品&お店の分の品出しを終えてから、

国立のエコール辻東京へ。

オープンキャンパス(一日体験入学)で、

私と、

以前BSフジの番組<恋する幸せスイーツ>で共演しました藤本さんと一緒に

見学に来た方々の前でお菓子の仕事を始めたきっかけや、

現在に至るまでのお話をしてまいりました。

藤本さんと会うのはTVの撮影してから2回目かな?

製菓関連のイベントで一度会って、それからしばらく会う機会がなかったのですが

Oc_2

会ってすぐに

「どう、最近は~?」

「忙しくて寝てないんですよ~」

「あはは、私も♪」

二人とも寝てない生活満喫中…(笑)

でも、

多分充実してるのかな、お互い。

良い疲労感、なんだろうね。

彼女は8月に新百合ヶ丘でお店をオープンさせるので、

これからが正念場です。

近づけば近づくほど大変だと思います、想定していなかったことが出てきたり、

一日が24時間なんかじゃ足りない!って思うだろうけど…

私も及ばずながらヘルプに行くことになりましたし、

色々な人たちが助けてくれますからね。

私も自分がお店開けるとき、

人って寝なくても生きれるね♪って思いましたもの(失笑)

今よりも、寝なかったなあの時は…。

お店の話などでいきなり盛り上がってましたが、いよいよ生徒さん達の待つ

教室へ移動です。

Oc_3

真面目モードにスイッチオン!

ちなみに料理の方ではレストラン・カー・ウント・カーの神田シェフが

いらっしゃってました。

Oc_4

70名くらいの生徒さん&父兄の方々が待つ教室。

思えばあの番組に出演していなかったら、藤本さんとも会えていなかったかも。

彼女が学生の時、私は職員1年目。

しかもフランス校から帰国したのが8月だったので、中途採用のため

学生たちもすでに半年学校で学んだ頃の入職で、

全てが戸惑いの中でしたが、

藤本さんを始め沢山の生徒たちが、そんな私の気持ちを知ってか知らずか、

優しく接してくれたことを今でも覚えてます。

「先生、この材料が欲しいんですけど~」

「(え?どこにあるんだろう、知らないよ~)えーと、ちょっと待ってね」

「あそこの中にありますよ♪」

こんな感じで、国立の学校に慣れていない私を助けてくれました。

本当に、出会いとか縁っていうものは不思議です。

さて、

司会者の先生からご紹介を頂き、二人で教壇の方へ。

最初は参加者の方々も硬い表情でしたが、

色々な質問を司会の先生から私たちに投げかけていただき、

学校での生活やフランス校の話、そして今の仕事の話などを

時に笑いあり、時に真面目にお話しすることが出来たと思います。

ご父兄の方々の真剣さは、

私が大阪の学校のオープンキャンパスに行った時の母を思い出させました。

最初は大阪の学校へ行くのを大反対した父を、

おそらく母は何回も言いあいになりながらも説得してくれたのでしょう。

今更ながら、そんな母に感謝。

トークショーが終わり、一度退席。

生徒さん達の実習が始まるまでに、私たちはお昼ご飯を食べに。

食事の最中も藤本さんの爆笑トークは止まらず、

「あー、そんなことあったよね~」

と、思い出話や他の同期の卒業生の話を聞いたり。

食事後は実習室に行き、参加者の生徒さん達と近くでお話をしました。

Oc_5

この絵のモデル、実は私。男子の方は同期の斎藤先生。

二人急に呼びだされて、何かやらかしたかと思ったら、

実習室に入室する生徒たちの見本になるポスター作るからって、

イラストレーターさんの前に立たされたっけね。

22歳、だったかな…(冷汗)今だ実習室にあるのにちょっと感動。

参加者の皆さん、

みんな初めて着たであろう白衣に身を包み、

家で作るのとは違う、プロの作業場でのお菓子作りに最初は緊張してましたが、

お菓子が出来上がってくる頃には笑顔も見えて。

私も久しぶりに自分が働いていた実習室を周り、

あの頃を思い出したり。

若かりし頃の自分は、行動も甘かった。考えも甘かった。何より自分に甘かった。

自分を変えるには、やはりあの時が転機だったのだと。

それを見逃さなかったのだけは良くやった!と自分褒め(笑)

それにしても思い出が多すぎるのだね、この場所は。

色々な気持ちが心に入ってくる。

そんな時にある参加者の生徒さんから、

「色々なところで拝見してます。そんな人に会えて良かったです」

嬉しさと、責任を感じました。責任の方が大きいか、な。

人に接すると多くの事を学びます。目に見えないことも沢山。

今回伊勢丹の催事期間中で「うーん、学校行くのきついけどな…」と思いましたが、

私自身、伺って良かったです。

原点に立ち返ることは、先に進むために必要なこと。

Il est nécessaire à être apporté arrière à l'origine pour avancer.

| コメント(0)

2011年7月10日 (日)

【シェ・トラからのお知らせ】7月11日・12日の営業時間変更のお知らせ

営業時間変更のお知らせです。

7月11日(月)・12日(火)ですが、空調の工事の関係で、

オープン時間を13時からとさせていただきます。

閉店時間は通常通り20時です。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

シェ・トラ 0422-72-4712

| コメント(0)

2011年7月 9日 (土)

さすがに…ピンチの後のチャンスは来るのかしら???

あり得ないことは無い世の中ですが、

この30℃を超す暑い中、

厨房のエアコンが壊れました…

完全に潰れてしまって、

使うことはできません。

パントリーや店内は別のエアコンなので無事ですが。

今日は500ml×3本の炭酸(勿論あれです、あれ♪)

リポビタンD×1本

二本目を飲もうか迷って、

「まだ8日だよ、早すぎ早すぎ!!」と止める小人が出てきたのでやめました。

小人が出てきた時点で…( ̄○ ̄;)!

昨日は2時間しか寝てなかったからね。

小人も出るわな~

今月の目標は徹夜をしないこと。

なので帰ります♪

| コメント(0)

2011年7月 7日 (木)

Joyeux NOEL?夏の恒例行事です♪

毎年、

暑くなってくると考えなくてはいけないことがあります。

年末のクリスマスの事…。

製菓材料の業者さん達のクリスマス関連のカタログが届き始めます。

暑い、

夏、

梅雨明けしてませんけどね、そう言えば…。

そういうわけで昨日はいつもお世話になっている株式会社ヒラタさんの

クリスマス展示会に伺ってきました!http://www.k-hirata.co.jp/

お教室の生徒さんたちはご存じかもしれませんが、

こちらは一般ユーザーのための製菓関連の材料も販売されています、

プロフーズhttp://www.profoods.co.jp/

色々な業者さん達が、クリスマス関連の商品を中心に展示してくださっていまして

気分は一足二足三足くらい早めのクリスマス気分でした♪

カタログとかを見るのと、実物を見るのとですと大分違いますから

こういった機会があると助かります。

子供のころ、

男の子に間違えられるような格好ばかりさせられていた反動か、

(デパートに行くと店員さんから必ず可愛い坊ちゃんと言われてましたけど何か(-_-X)

個人的にはかなり可愛い~ものが好きで、

自分がバイトして好きなものが買えるようになった時は、

かなりラブリーな服を買っていたこともありました…

フリフリの、

レース付きとか(失笑)

で、

「合わない。これ、私、違和感があるよ…」と思った、わりとすぐでしたけど。

シフトチェンジして、

今の路線へ。

あ、

つい最近のレッスンで作ったグリオットのケーキも

生徒さんから

「これって先生ぽくなくて可愛い~~~♪」

と絶賛されましたけど…。

ピンクとかって、そんなに私のイメージじゃないのか(ノ_-。)

まあそれはそれで置いておきまして、

ですのでクリスマスケーキにのせるオーナメントとかもラブリーなのは(冷や汗)

ですが、私の趣味を押し通すと子供向けのケーキは無くなってしまいますので、

そこは大人になって、

許せる範囲での可愛い~オーナメントを選んでます、最近は。

今回も良さそうなものがあったので、

スタッフたちに見せてから決めたいと思います。

忘れないうちにね←これ、危険…。

| コメント(2)

2011年7月 6日 (水)

今回は歌手別で

催事開始6日目。

初日は

「31分の1しかまだ終わってないじゃない…」

とグッタリしてましたが、

今日で31分の6が終了、(5分の1かな、大体)

いつもそう、

長丁場の催事は最初こそ先が見えず

「これって、終わるのかしら本当に…」

と思うのですが、

気がつけば

「もう終わりなんだね、早いね~」

って。

今回は東急百貨店のお中元カタログにも掲載していただいているので、

7月はかなりハードですが、

暇よりよっぽど良いのです。

これで暑くなければ最高なのにね…

昨日はちょっぴり早く終わったので、

Sさんに頂いた小説の続きを。

♪ねむり~誘う薬~♪

本読めば熟睡できるかな…

先日お店から自転車で買い物に行こうとしたら、

信号待ちしていると見たことがある外人さんが。

「ナタリー!」

私が駅前留学していた時の先生、ナタリーではありませんか!

近くに住んでいるらしく、店にも何回かきてもらいました。

でも久しぶりです。

「どう?フランス語はまだ勉強してるの?」

かくかくしかじか現状を説明し、

ナタリーも

「あら、頑張って♪」

はい~、頑張っりますとも。

ただし今はほどほどにね…催事終わるまでは、ね。

厨房でのワンマンショーは今回も健在。

でも、

今回は一日一歌手で(笑)

ちなみに昨日はGLAYでした。

フランス校で働いていた頃はGLAY三昧だったっけ。だからその頃の曲だけ(汗)

一昨日は小沢健二~

なぜか弟君が大好きだった。

それこそ部屋で熱唱していたのが丸聴こえだった…

なので姉さんもおざけんの歌知ってますよ♪

王子様キャラ、でしたよね、おざけん(笑)

歌う曲は心に優しい歌を選んでね♪

| コメント(0)

2011年7月 3日 (日)

フランス研修旅行⑩いつになったら飛べるのかな…

リヨンには大きな駅が2カ所あります。

ペラーシュ駅とパール・デュー駅に、フランスの高速鉄道TGVなどの列車が

停車します。

私たちが泊ったホテルはパール・デュー駅の近く。

研修していた時、私はヌーヴィル・シュール・ソーヌという町に住んでいましたが、

そこからですとバスで30分弱で来ることが出来るので、

お店がお休みの月曜日や、早く仕事が終わった時に良く遊びに来てました。

駅ビルに映画館があったり、半日居ても飽きない感じ。

まあこの旅行は時間いっぱいいっぱいですので、映画はさすがに見れませんが…。

ボキューズでのお食事を満喫した私たちを、

やはりあの方はほっておかなかった(TOT)

朝起きてカーテンを開けると、真っ白な銀世界~

「どう考えても私たちを追いかけていてるよね…この雪は(汗)」

とりあえず夜の間に降ったようで、起きた時は止んでました。

気を取り直し朝食へ。

私は眠くて眠くて仕方がなかった。

今となっては信じられないけれど、何時間寝ても寝れた、この頃は。

(まして3時間睡眠とかあり得ないし)

朝食後は歩いて10分くらいのところにあります、リヨンのくいしん坊達の

胃袋を支える市場<レ・アル・ドゥ・リヨン>へ。

とりあえず食べ物という食べ物、なんでも揃います。

肉・魚・野菜の原材料は勿論、

お惣菜、ケーキ、チョコレート、中華、アラブ料理などなど。

チーズだってフォアグラだってキャビアだって牡蠣だって!

皆の目の色が変わったのはよくわかった。

けど、

持ち帰り可能なものとそうでないものの区別は付きますよね(冷や汗)

大人、ですものね。

大丈夫、だよね。

・・・

・・・

お願いですよ~~~

とりあえず市場内は自由行動で。

私は頼まれていたチョコレートを探しに。

皆さん、チョコレートを始め、マカロンや赤いプラリーヌを大量購入。

重量制限も、ね、あるからね…。

ふと外へ目をやると、

吉幾三さんが出てきてもおかしくないような横殴りの雪が。

「終わった…」

このあと飛行機でストラスブールへ移動する予定の私たち。

少々焦っている私の横を楽しそうに通り過ぎる生徒さんたち。

「もう仕方がない、この人たちの強運ぶりに懸けてみよう」

一同レ・アルを楽しんでホテルへと戻り、移動準備へ。

空港までのタクシーの運転手さんが、すごいおしゃべり&日本が好きみたいで、

とにかく話しかけてくるんです、後部座席の私に振り向きながら…。

「わかったから、お願いだから、前を向いて運転してくださいな!!!」

陽気な運転手さんのテンションは一度も下がることなく空港へ到着。

もちろんスピードメーターも150km/hを一度も下がることなく…怖すぎです。

空港に到着した時は雪は降っていなく、案内表示も<定刻>と出てる。

「あー,良かった!これで最終目的地まで問題なく行ける♪」

少々遅めの昼食を食べ、搭乗ゲートへ。

うん?

なんだなんだこの人だかりは?

どうやら外を見ると…雪降ってるーーーーー

他の飛行機も軒並み遅延の表示が。

我々の飛行機も当然遅れてました。

「これは、飛行機飛ばない可能性もあるね」

ここで再度泊るなら、どこへ行こうかな?ボキューズ2日連ちゃんは、

無理だな~、なんて考えたり。

待つこと2時間が経過。

そうすると入り口のあたりで係員の人がマイクで何かしゃべってます。

「今から搭乗して頂きます!」

良かった。

やっぱり日ごろの行いだね~

しかし、

ここで終わるはずはなく、さらなる試練が。

滑走路が雪で全く見えません。

機長からもその内容のアナウンスが。

「到着地のストラスブールの天候は晴れておりますが、

只今滑走路が使用できない状態になっております」

日ごろの行い…。

<⑪に続く>

| コメント(0)

2011年7月 2日 (土)

その瞬間は突然に

今日から私もクールビズで、

あまりにも暑いため白衣をやめてTシャツに変えてみました。

うーん、

確かに白衣って生地もしっかりしてるからかなり暑いので、

Tシャツだとかなり楽です、作業性アップ。

白衣フェチの人には申し訳ありませんが(笑)

そうそう、

<白衣マジック>というのが専門学校の時にあって、←私たちが勝手に命名…

別にそんなに素敵でない←あ、客観的な意見です、私個人の意見じゃないですよ(汗)

先生たちが学生たちからもてたりするんです。

これを私たちは<白衣マジック>と呼んでました!

真っ白な白衣にコック帽かぶると「あら、やだ!素敵♪」こんな感じで…。

私の友人たちも若い助手の先生たちにキャーキャー言ってました、学生の当時は。

私は…それに関しては無興味、冷め子でした。

だって私は白衣よりも断然スーツ派

普段白衣の先生が、スーツとかを着てびしっとしてると「素敵過ぎ…」と。

<スーツマジック>ですね。

だから決まって年が離れた先生が良いな~と(笑)

その結果、友人達に<おやじ好き>と言われた…。でもおかしい!

32,3歳の人つかまえてオヤジもなかろう!

え?あ、確かに当時は私たちが17,8歳だからね、

でも今卒業生とかの30代前半の男性を見ても

オヤジには見えないけどね…、ねえ、Kシェフ&Sシェフ(爆笑)

話し戻して、

だって若い先生たちのスーツ姿はしっくりこないし,スーツに着られている感が

拭えなくて…。成人式、って感じで(冷や汗)

今もなお<スーツ>の似合う人にぐっとくるわけでして(笑)

だから夏は嫌いです…(きっぱり)

だってスーツ着ないですもの、こんな暑かったら(涙)

まあそれは置いておきまして、

最近、この<ぐっとくる>瞬間が、

男性に対しても、女性に対してもあるのですが、

こう、突然来るんですよね、予告なく。

下手をすると思わず見過ごしてしまいかねないたわいもなさそうなことなのですが、

上手く見過ごさないように、ね。

La palpitation est la meilleure médecine pour ?????

Mais faite attention!

Il devient poison aussi.

| コメント(0)

2011年7月 1日 (金)

初日から「元気ハツラツ!」飲みました…

お知らせを兼ねて…

本日7月1日より31日までの1ヶ月間、

伊勢丹・立川店地階<パティスリー・モード>に出店しております。

生菓子が7種類と焼き菓子やギモーブのギフトなども取りそろえております。

今回はシェ・トラ以外の2店舗も女性シェフのお店なんですよ。

パティシエール特集でーす!

ニフティ・スイーツ部のシェフ部でご一緒させて頂いてます<アミティエ>さんや、

武蔵小金井の<オーブンミトン>さん(7月1日~15日)

<ムートンルージュ>さん(7月16日~31日)が

出店しております。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください!

あ、

でも私はおりません…。

なぜかと言えば、お店で仕込みしてますから~

デパートの催事と言えば思い出すのは5月の渋谷・西武さん。

母の日もあったりして、結構大変でしたね…。

1日おきの徹夜&睡眠時間3時間の繰り返しは、流石の<ゴツパテ>※の私でも

最後3日位はめげそうでしたよ。

まあ、

人参ぶら下げられちゃって乗り切ったのですが(笑)

しかし今回は1ヶ月、

気力だけで乗り切るのには少々長い、かと。

体と心のバランスをうまく取りながら、最後まで良い商品が提供できるように

頑張ります!

| コメント(0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »