« 花よりも団子よりも桃! | トップページ | 涼しさも急だと困る… »

2011年7月22日 (金)

フランス研修旅行⑪マイナス20度の世界はバナナで釘が打てます…

滑走路は一面の銀世界。

しかも雪は止むことなく、

積もる、

積もる…。

隣に座っていたフランス人のおばあちゃんが話しかけてきた。

「私は今朝トゥールーズにいて、色々な交通機関が動かなくて、

この飛行機に乗ってようやく子供たちが住むストラスブールへ

行けると思ったんだけど…。」

南仏もお手上げ状態のこの雪、

これはもうどうにもならない感じ。

旅行が始まる前、交通機関や美術館のストライキを心配していたものの、

おいおい、まさかの雪では人間の力では予想不可能。

「早く飛行機が動けば良いですね」

そうとしか言ってあげれなかった。

搭乗して1時間、もう皆寝に入ってるzzz

私も流石に眠くなってきたな~と思ったら、機長からのアナウンス。

「滑走路の雪を除雪したので、これから飛びます」

良かったー、とりあえず飛べます、飛べます♪

おばあちゃんも一安心。

飛行時間は1時間半くらい、

みなさん流石に待ちくたびれてグッタリモード。

眠りに落ちた頃にはもうストラスブールです(笑)

となりのおばあちゃんにさよならを言って、私たちも飛行機を降りました。

雪、まったくありません。

(明らかに私たちが行く先々に、後から雪が追いかけてきてるよね…。

ってことは、ストラスブールのこの天気も今日までか!?))

心の中で思いつつも、「いやいや、そんな訳ないって!」と

さらに言い聞かせ、空港からタクシーでホテルまで移動しました。

その晩は私はKさんと同じお部屋で、

二人で部屋のコーヒー飲みながらマッタリと眠りにつくのでした。

さて、朝です。

一応そっとカーテンを開けてみた。

「いやーーーーーー、やっぱ降ってるじゃん(TOT)」

うっすらですが、雪積もってます。

もはやこの旅行のメンバー全員が雪女としか思えない!

私は基本晴れ女でしたが、今回ばかりは私も雪女かもと…。

どうやら夜中少し降ったみたいです、天候は晴れ。

朝食に行くともう他のメンバーも集合!

ここの朝食の嬉しいのは、アルザスの名物のクグロフや、

クリスマスケーキのシュトーレンが出てくるのです。

朝から皆どんだけ食べるのって感じで、

美味しく頂きました。

その後ミニバスで、クグロフ型などの陶器を作っている村、

スフレンハイムへ!

バスの運転手さん、えーと、流石に名前忘れちゃいましたが、

異常に大人しい人で←いや、これが普通で今までがしゃべりすぎ(冷や汗)

静かに目的地まで連れて行ってくれました。

スフレンハイムの中でも大きな工房を持つお店に、

運転手さん、わざわざ連れて行ってくれまして、

お店のマダムに私たちに工房見せてあげてと頼んでくれました。

物静かなのに、素敵過ぎ~!!!

そのお陰でマダムがお店の案内をしてくださいました。

各お店によって書く絵柄が違うんです。

色も微妙に違いますね~

私はこのお店に来たのが初めてで、色々買いたいものが…

し、しかし!

この陶器こそが重量を増やす一番の原因でして。

皆さん、よーく考えて買ってました、よしよし♪

うーん、

「なんか、さっきから寒くない?!」

室内なのに、手がかじかんできました。

「今日はマイナス15度よ。しかも風が強いから体感温度はマイナス20度ね」

マダムが笑顔で言ってました。

マイナスって…

しかも20度って…

その昔某ガソリンメーカーのCMで

「バナナで釘が打てます」

と言っていた世界じゃないですか~~~

ってことは、あのガソリンをここに持って来ても滑らかってことね←どうでも良いな、そんなことは(笑)

雪は降っていないけれど、それ以上に寒い。

ここから私たちはストラスブールの<プティット・フランス>へ移動します。

ヴァン・ショー(ホットワイン)が待ってます♪

最新スイーツ情報はここでGET!-おかしすとレポート

2011年7月22日 00時12分 フランス研修旅行2009個別ページコメント( 0)

« 花よりも団子よりも桃! | トップページ | 涼しさも急だと困る… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。