« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

もう一度やってみます

18歳の時に初めてフランス語の勉強をしました。

勿論フランスの学校に行くために。

お菓子用語とかは暗記出来るのですが、

動詞の活用だとか、

女性名詞男性名詞だとか、

一番辛かったのは発音、

自分では言っているつもりなのに、先生に「違う!それはそうじゃない!」って

何度も直させられて←実際直っていないから、何度も何度も言わされた…

途中で一回投げ出した、フランスへ行く前に。

流石に行く前にやめるわけにもいかず(当たり前です…)

その苦手な先生を避けつつも(笑)留学開始まで勉強してみた。

その甲斐あってか、フランス校へ行った時、フランス校の先生たちとは

思っていたよりは話せました。

が、それは先生たちが日本人の話すフランス語に慣れていたから。

研修に行き、敢然アウェイのフランス人社会に入って、

「わかんないーーーーーーー」と初日から涙にくれた。

しかもフランス語だけじゃない、仕事も覚えなくてはいけないのだから

毎日がドラマのようでしたね。

帰国して学校へ就職してから、

いつかフランス校で働きたい、だからフランス語をもっと勉強しなくてはと

駅前留学開始。

しかし、

この辺りから自分の中で成長が止まっていることを実感し始める。

とりあえずは通じているけど(ジェスチャーとか雰囲気とかでは)

仏検3級は受けました、受かると思ったから。

仏検2級は受けてません、受かると思わないから。

自分で勝手に<線>を引いた、これ以上は無理と。

何度となく参考書とかも買ったけど、どうしても越えられない何かがあって、

いつも途中で放り出した。

最近、

ちょっとしたきっかけがあって、

もう一度フランス語の勉強をやってもようと思うようになりました。

きっと、

越えられない壁は今も私の真ん前にあるのですが、

やってみます。

時間かかるかもしれないけど、

大切なことだから。

これを越えられたら、少しは自分に自信が持てるかも。

http://m-e-capricieux.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-425c.html

以前ブログにも登場してくれてます、高校時代の恩師、

フランス語つながりで今回も色々話を聞いてくださった。

「こんな勉強の方法とか、こんなのどうかな?」

思い出した。

高校最後の期末テスト、今までがあまりにもひどかったから(特に数学)

先生に「少しでもまともな点取って卒業したい!」と懇願し、

勉強に付きあってくれたんですよ。

本当に嫌いだった数学だけど、

その期間に「意外と楽しい、かも?」と

私の壁を取り払ってくれたのが先生でしたね。

又、ちから借りちゃいますね。

卒業して22年も経ってるのに…ね、先生!

| コメント(2)

2011年6月26日 (日)

貴重な存在

昨日はかなり久しぶり(2~3年ぶり?)に高校の友人たちと会いました。

恐らく今の私を形成した第一期がこの日大二高の友人達との時間でして…

とても貴重で大切な人達なのであります。

が、

私に頭突きやデコピン出来るのも←本気ですよ、本気catface

世の中広しとは言え、

このメンバーの中のお二人くらいでして…本当に貴重sweat02

私は仕事の後からの参加でしたので、1時間ちょっと遅れて到着。

着いた途端に学生時代から現在に至るまでのあらゆることでいじられまくり…

確かに、

皆が集まった時に持っていったシュークリームが激的に不味かったこと、

旅行へ行った際寝ぼけてとんでもない事をしたこと、

若かりし頃に沢山の粗相をしでかしましたが、

どんだけツッコミまれたかgawk

2年くらい合わないと、

その都度確認するように同じ話を蒸し返させられてる気がするのは、

私だけじゃないですよね…。

話の最中、ちょっと眠たくなってウトウトした瞬間に

すでに二日酔いかと思わせるような激痛は例の頭突きdanger

一応、

女性ですので、

しかもそれなりの年齢ですから~bearing

3軒飲みに行った後、

ビリヤード&ダーツをしに行きました。私の体力も少し限界が見えました(笑)

意外とね、

出来ちゃった♪

ビリヤードなんて10年以上やってないけど、

面白かったですhappy01

でも、

先ほどから筋肉痛がcrying

脇から背中だけ、痛い。

今度会うときは、頭突きに耐えられるヘルメット持参で行こう。

楽しい時間でした、みんなありがとう♪

J'ai passe un bon moment avec vous hier soir.

Je me suis souvenu de jours de lycée.

Beaucoup de mémoires,

J'ai pleuré,

j'ai ris,

j'étais fâché ,

j'ai chagriné.

Je le répète chaque jous.

L'histoire il y a plus de 20 années.

Il paraît être totalement un conte de fées.

| コメント(2)

2011年6月23日 (木)

フランス研修旅行⑨【又来る日まで】

ポール・ボキューズでのお食事も、いよいよ最後のデザートに。

初めてボキューズで食事をしたのは20歳、フランス校の学生だったときです。

その時に驚いたのがこのデザート。

シャリオといってワゴンにアイスクリームやカットフルーツ、ソースに、

ケーキは何種類のっているのでしょう、

とにかく盛り沢山happy02

そうです、20歳の時は確かにこう頼みました。

「少しずつ全部で♪」

サービスの人は笑顔で次から次へとケーキを切り分け、

お皿にのせてくれるのですが…

「少しじゃないでしょーーーーーーーーbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearing

皆さんもご注意くださいdanger私たちの思っている少しは通用しません(笑)

勿論食べましたよ、一緒にいた人が(失笑)いやいや、いくらケーキが好きな

私でもボキューズのフルコースを食べた後では、別腹なんて存在しませんからpaper

そんな、

過去の経験を踏まえて皆さんにも進言、

「二人で分けるくらいの方が良いですよ♪」

こうして、なんとか無事食べたいデザートも食べれて、

可愛いプティフールにも感動して、

美味しい料理とワインも堪能し、

気がつけば11時過ぎてるcoldsweats01良かったね、皆満喫出来て~

サービスの人にタクシーを呼んでいただき

(今回は大型タクシーだったので皆一緒に乗りました)

帰るときはさすがにボキューズさんはいませんでしたが、

「きっといつかまた、ここに来ますね」

そう思いながらレストランを後にしました。

雪は止んでました、良かった♪

「明日はホテルから歩いて行けるレ・アル(リヨンで最大級の市場)へ行きますよ」

食べ物ならなんでもそろう場所です、食いしん坊ツアーには外せませんhappy01

ホテルの部屋に戻り外の景色を眺める。

私はパリよりもリヨンの町が好きです。今回泊った場所はローヌ川の方でしたが

ソーヌ川の橋から見上げるフルヴィエール寺院の夜景はまさに絶景。

大好きな場所です、リヨン。

「では、おやすみなさい~」

満腹満足な私は早々に眠りにつきました。

外では、

しんしん、

しんしん、

・・・。

| コメント(2)

2011年6月23日 (木)

どこに向かって。どこを見つめて。

震災から100日が過ぎました。

被災された方たちの生活は、少しでも向上しているのでしょうか?

テレビなどで見ると、

状況が向上していると思えることは少なく、

本当に、ごく簡単なことすら、改善されていない。

30℃を超す夏日なのに、

避難所の方々の寝具は毛布でした。

何十、何百億と集まった義援金は一体何に、どこに、いつ、使われているのか。

不透明。

これだけ広範囲の震災だったから、配分するにも時間がかかるのはわかりますが

あまりにもフットワークが悪すぎでしょ。

国会は70日の会期延長を決めました。

70日、国会を運営するのにいくらかかるか想像つきますか?

国会の年度予算などを単純に割ると、一日の運営費は億単位。

人件費がほとんどだと思われますが、

衆参合わせて722人、です。

70日×億をつかうのなら、

それ以上の成果を残せるよう努力してほしい。

心から、

東北を見ている議員の方は一体何名いるのでしょうか。

| コメント(0)

2011年6月23日 (木)

フランス研修旅行⑨【何度食べても】

ポール・ボキューズの夕食会。

みなそれぞれ食べたいものがあるだろうと思い、今回はその場で選んでいただきました。

うー、さすがにみんなが何を食べたか、正確な記憶は…sweat02

ただ、

これがどうしても食べたい!ということで、ボキューズのスペシャリテ

<鱸(すずき)のパイ包み焼き>をお二人の生徒さんが頼んだのは覚えてますhappy01

そのオーダーの人数によって鱸の大きさが変わるのですが、

サービスの方が運んできたお皿に乗っていたのは

「え!?二人分、ですか…coldsweats01

フランスサイズの二人分は4人前かよ~と思われるサイズでした(笑)

※今度画像のせますね♪

頼んだ二人は・・・

周りは大盛り上がりhappy02

一匹丸ごとをパイ包みにするので、お客様の目の前でサービスの人が

取り分けてくれます。

こういうサービスが食べるだけでなく食事を楽しませてくれるひとつでもあります。

私は結構好きかも…

食事は進み、フロマージュへ。

ここで私たちのテーブルは大盛り上がりします。

とにかくたくさんの種類のチーズ、日本で買ったら恐ろしい値段になるであろう

おいしそうなチーズを自分が食べたいものを頼むのです。

「少しずつ全部heart01

というリクエストもあるわけでして…danger

私はフランスへ行く前から(早っ!)決めてました♪

ひとつはフロマージュブランというフレッシュチーズ。

ヨーグルトに少し似てます、もっと濃厚です。

日本にも輸入で入ってきてはいますが、ボキューズで食べられるようなタイプには

お目にかかったことはありません。きっと輸入ができない何か理由があるのでしょう。

そのフロマージュブラン、かなり大きい。

満腹状態を通り越している胃袋にこれを入れることは、

かなり至難の業catface

ですが、食べます、ええ、食べますとも!

そんなフロマージュブランを食べる際、お好みでクレーム・ドゥーブルを

横に添えて、大量のお砂糖をかけて食べます。

カロリーとかは一切考えてはいけませんbearing

でもこれが美味しいheart01heart01heart01

たまりません、本当に。

勿論生徒さんたちにも教えてあげて、

みなさんフロマージュ・ブランの虜にhappy01

そしてそれ以外に食べたフロマージュはシェーブル(山羊)チーズとロックフォール。

初めてフランスに留学した時は、

「青いカビの生えてるチーズとかってあり得ないしcatface

と完全否定。研修先でも、ロックフォールのラッピングカーが店の前を通ると

シェフが私をわざわざ呼びに来て嫌がらせしてました(笑)

しかし、

時間は味覚を変えました。いやー、青カビチーズ全般的に好きです、今は。

さて、

チーズの次はデザートです。私はその当時からあまり甘いものが得意では

なくなってきていたので(失笑)この後のデザートのワゴンを見て…shock

| コメント(0)

2011年6月22日 (水)

のどに刺さった骨のようで気になっていたので再開?!今更のフランス研修旅行⑧【深いしわ】

ずっと、

ずっと、

本当にずっと気になっていたんです。

2009年のフランス食い倒れ、いや違う!フランス研修旅行の記事が中途半端に

終わっていたのが…。

何をいまさらとも思ったのですが、

やっぱりね、ほっておけないsweat02

意外とまだまだ覚えてる記憶をたぐりよせてconfident

あ、間違っていたらご同行された生徒さん達、コメント欄に書き込みシル・ヴ・プレ♪

http://m-e-capricieux.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-0373.html

この続きからスタートですね♪

大雪のパリからリヨンに着くとそこには全く雪はなし。

「なんだ~、全然降ってないじゃないですか。ニースが凄いことに(何十年かぶりの

大雪状態)なっていたから心配しちゃった」

パリとニースは大雪、なのにリヨンは雪無し。

今考えれば「そのままですむわけないじゃないの~catface

予定より時間が押してしまったため、急いでホテルへ行きチェックイン。

「それでは・・時にロビー集合です、ベルナションへ行きますよ♪」

翌日がお休みだったので、どうしてもここでベルナションへ行かなくてはbearing

ぐったりした体に鞭打って←一人の旅行だったら絶対寝てました(笑)

一路ベルナションへ。

しかし寒い。

気温はリヨンへ着いた時より下がってきてました。

リヨンのメトロに乗ってベルナションのあるフォーシュ駅へ到着。

改札から階段を上がり道路へ。

チラチラshine

・・・

・・・

げっ!また雪ですよ~catface

断言します、私は相当な晴れ女で、自分の大切な行事はことごとく晴れさせた

経歴の持ち主でして。

私は雪女じゃない!!!!!!

誰ですか~、今回の雪女さんはshockshockshockshockshock

「とにかく先を急がないとボキューズのお食事時間に遅れちゃう!」

ベルナションへ到着。

ドアを開けてくださる方がいらっしゃって、皆ちょっと嬉しそう♪

あまりゆっくりはしていられない、何故なら閉店時間が近いからcoldsweats02

「さあさあ皆お土産選んで買いましょうね~」

チョコレート売り場はそれでなくてもクリスマス前で長蛇の列。

そして購入しているフランス人の方々からじーーーーーーと見られましたsweat02

ベルナションには日本人のスタッフの方もいらっしゃり、

日本語ぺらぺらのフランス人スタッフもいらっしゃるので安心安心♪

「思い残すことはありませんか~?」

「はーい」

小雪ちらつく外へ。

ここからが大変、ホテルで着替えてボキューズまで夕食を食べにrestaurant

「では・・時に集合ですよ」

「えーーー、時間足りませんよ~」

もう私ったらひどいね、超厳しい引率者(笑)だって遅れちゃいそうなんですもの♪

この食事のために持ってきたスーツに着替えて、お顔も直して(重要)用意万端。

そうそう、このスーツは辻を退職するときに自分への退職祝いにパリのグッチで

買ったんです。それはそれは緊張しましたよsweat02ちゃんと洋服用語調べてから

行きましたもんbearing

いくら退職祝いとは言え独立する前です、余計なお金は極力使わない

生活中だったのでよーく考えました。

10年たっても飽きないであろうデザインに惚れて購入。

おかげで今でも着てますから、案外経済的だったかも。(あと5,6年はいけるはず♪)

話をもとに戻して、

皆さん素敵にチェンジされて集合heart04

ここからタクシーで行くのですが、天候のこともあって中々タクシーが来ません。

「うーん、このままじゃ遅刻しちゃう!」

そこに1台タクシー登場。

とりあえず私を含め先に3名が行くことに。

「ボンソワー」

おっと、女性のドライバーさんです、しかもかなり怪しげな…

「うー、これは、大丈夫なのか?」

この旅行、私の感はかなりの的中率を誇ってましたので、この嫌な感も当然…

恐ろしいほどのハンドルさばきとスピード、

携帯電話でお友達としゃべりまくりgawk

(相当くだらない話でしたよ、私にもわかるっちゅうの!)

しまいには道間違えたと思います、私、こんな道通ったことないという道通りましたから。

「帰りも迎えに来ましょうか?」

「いえいえ、帰りはレストランで呼んでもらうので大丈夫です、ありがとう←一応言ってみた」

ようやくボキューズへ。

「他の人たちのタクシー来たかな?」

レストランへ入ると席に通され、何故だか他の3人がすでに座ってるしーbearing

一体どこでオーバーテイクされたんだ…

まあ良い、そんなバタバタな到着でしたが久しぶりのボキューズ、でも従業員の

方々は見たことがある方が大勢いらっしゃいます。

とその時、見覚えのある体がこちらへ向かってきました。

ムッシュ・ボキューズですhappy01

「ようこそ」

いつも不思議なのです。

私が今までポール・ボキューズに行ったことがあるのは多分7回(本店のみ)

絶対いるんですよ、ボキューズさんは。

いなかったことは一度もなし!これって凄いですよね。

私の師匠、ボゲ先生のお友達ですから、ボキューズさんも85歳です。

それでもなお現場に出ては、いらっしゃるお客様を出迎えるなんて…

私も出来るのかな、85歳の時に。

そしてボキューズさんは必ず私たち一人一人と写真を撮ってくださいます。

その手際の良さ、サービスマンの方々の連係プレーはバルサなみです(笑)

写真を撮っていただいた際に、

「私は以前辻のフランス校の卒業生でその後職員をしていました。今は東京で

お菓子の仕事を続けているんですよ」

とボキューズさんにお話ししました。

「それは素晴らしいね、良かった。頑張って続けるんだよ」

なんとなく雰囲気が俳優のジャック・ニコルソンに似てる気がするのは私だけかな?

顔の深いしわ1本1本に、彼の料理人人生が刻まれているような気がします。

とにかく、

ツーショット写真が撮れて皆さん上機嫌!

ここからは怒涛の料理へと。

| コメント(0)

2011年6月21日 (火)

【シェ・トラからのお知らせ】TV出演のお知らせ&6月25日の営業時間変更のお知らせ

先日から話に出ておりますTVの件です。

今週の日曜日6月26日午後4時から、テレビ東京にて放送されます、

<スイーツ&ピース 本当においしい!スイーツガールズコレクション2011夏>に

シェ・トラも出ます。

20店舗前後の、この夏お勧めのスイーツの紹介があるそうです。

映るのは2分程度だと思われます、撮影は3時間かかってますが…coldsweats01

お時間ありましたら是非ご覧ください。

そして、

今週の土曜日6月25日ですが、まことに勝手ながら

閉店時間を17時とさせていただきます。

開店時間は通常通り11時です。

よろしくお願いいたします。

| コメント(0)

2011年6月20日 (月)

先生とは

学校の先生

病院の先生

政治家先生

弁護士先生

芸術家先生

作家先生

など。

一応私も先生と呼ばれる。

卒業生たちから、

嬉しい報告や色々な相談を、

学校を退職した現在も頂きます。

彼らにとって、私は一生先生なのだなと。

先生らしい事、

してあげれてるのか…な。

Je ne cours pas dehors d'imagination comme tu te sens triste concernant ce temps.

Je prie que ta peine est guérie tôt

Parce que comme pour la personne que tu es important pour moi est parce qu'est il.

La bonne chance dans ton futur.

今日も常連のご夫婦がお越しになりましたhappy01

今日のお題は<ゴルフ><沖縄><葉山><石原裕次郎><日銀総裁>など。

あ、<競馬>と<胃潰瘍><むささび>についても語りましたcatface

ネタの宝庫ですね、さすが人生の大先輩方です←でも<むささび>ってsweat02

奥様のやさしさに感謝。

Grâce à vous, je suis devenu très gai.

Merci madameheart01

| コメント(2)

2011年6月18日 (土)

どこへいくのだろうか

サッカーの本田選手を

フランス誌<SO FOOT>(電子版)が絶賛してましたね。

Honda trop puissant

trop puissantとは<あまりにも強力な>という意味ですが、

フランス国内のチーム、パリ・サンジェルマンも狙っているらしいですね。

でも…

出来れば、

フランスじゃないところへ移籍してほしいな(笑)

スペインかイングランドか、

はたまたイタリアかな?

本田選手は何を思って戦っているのでしょうか?

しかし、

日本の選手も凄いですね。

今までの選手たちが作ってくれて道筋ではあると思いますが、

見ていて楽しくなり、勇気付けられる活躍。

さて、

今週末は先週に引き続きデコレーションの予約が多く、

マジパンやチョコレートと格闘しております。

楽しい格闘ですけどね♪

Photo

Photo_2

18cm

それではhappy01

| コメント(0)

2011年6月17日 (金)

電車通勤ならな~

今日は突然、池田書店のお菓子おたくこと(笑)Aさんがご来店。

メールでのやり取りはあったものの、本の校正の際に一度お会いしたのが最後。

「わー、お久しぶりです♪」

そうしましたらAさん、素敵なお土産を持ってきてくださいました。

一つはデコレーション辞典を作った際に、カメラマンの方とAさんたちが写真を

選ぶ際に使った出来上がり写真を印刷したもの。

ポストカードみたいでとても綺麗。

お気に入りの写真をいくつか選んで額にでも入れてみようかな~

そしてもう一つ。

「時間のない先生にはどうかと思いましたが(笑)」

小説を一冊。

ジェフリー・アーチャー(イギリス人)の<15のわけあり小説>

短編集だという事で、

これまた少しずつ読ませていただきます。

自転車通勤だとね、

やっぱり読みながら帰るっていうのは無理です、当たり前ですが…sweat02

今日は手紙をもらいました、自分が書いたものへの返事ですが。

気持ちのこもった良い手紙でした、ありがとうね。

朝、ちょっぴり「げっ」って事があったけど、

忘れてた。

そんなものですね。

さて、

もう少し、仕事、ね。

氷室さんの先日のライブの放送がこれからあるようですが、

間に合わないね、きっと。

ま、それも人生。

Parce que je ne peux pas revenir dans les vieux jours égalise si je regarde le concert.

| コメント(2)

2011年6月17日 (金)

気をつけないと顎が…

昨日は昨日中に家に帰り←奇跡的bearing

死んだように寝ました。本当に昨日は体が言うことをきかないくらい疲れてしまった~

辻製菓同期みのちゃんに、

「40には40の仕事の仕方があるからね~、、無理しちゃだめよ♪」と

窘められましたcatface

はい、おっしゃる通りです、本当に。

でも何だろう、この体のだるさは…

あ、きっと水曜日に飲んだお酒が残ってるんだー!←一体何日残るの!?

まあ良いです、今日の午後には復活する予定ですから~

そうそう、

昨日はその水曜日にN姐さんが買ってくださったヴィロンのレトロバゲットを

カスクルート(フランスパンで作るサンドイッチ)にしてお昼賄いで頂きました♪

お店のランチに出している冷製コーンスープと一緒に♪

Photo

今回は

レタス、トマト、ゆでたまご、ツナのマヨネーズあえを

軽く焼き戻してからバターたっぷり塗ったバゲットにサンドしました。

美味しいんですけど…

顎がはずれそうになるのが難点sweat02

これは男の人の前では食べれないな、ドン引きされますΣ( ̄ロ ̄lll)

今日は賄い何にしようかな…

| コメント(0)

2011年6月16日 (木)

TV撮影終了。

やっぱり工程を取ると結構大変、

でも無事終了しました~

もう、何も考える気力なし(笑)終わらせて帰って寝ます←珍しいsweat02

| コメント(2)

2011年6月16日 (木)

無事帰りました~

酔っぱらった私は、今の今までウロウロしていたわけではありませんcoldsweats01

結局、

意外と元気だったので、最近Facebookでお見かけして、

久しぶりに連絡を取ったソフトテニスショップ<ナロ>のオーナーの皆呂さんに

会いに代々木まで行きました。

私が高校生の時、

テニスのラケットを買いに行ったのが皆呂さんとの出会いなのですが、

そこから本当に色々とお世話になりました。

卒業してからも何回かお店にお邪魔したり、お食事に連れて行ってくださったり、

同じ業界ではないだけに伺う話はとても新鮮で、<経営者>の大先輩の

お一人でもあります。

昨日は近況報告。

短い時間でしたが、興味深いお話を聞くことができました。

又テニス、したいです♪(問題はその体力があるかどうか…sweat02

その後はスタバでお手紙タイム。

やっぱり1週間に1通しか書けないですが(あ、今週は2通書きました!)

読書はお休み、お店に本を置いてきてしまった…。

時間を逆戻すと、壁谷のN姐さんとのランチも本当に楽しく、

有意義な時間でした。

今私には直接の上司はいないけれど、

沢山の頼れる人生の先輩たちがいることに、

感謝する日々です。

皆呂さん、N姐さん、心にちゃんと留めましたからhappy01

そうそう、

実は急に(いつもですね~)テレビの撮影が入り、

今日の夕方から撮影します、お店で。

今日は木曜日ですが、お店開けてます~

さあ、

眼の下のクマちゃん、

今日はおとなしく寝てくださいね♪

そして今日は天気希望!!!関西は特に!

| コメント(0)

2011年6月15日 (水)

限界でしょ

ただ今中央線にて移動中。
今日は急遽、壁谷青果のN姐さんとランチに行くことになり、今は帰宅中。
1時から4時過ぎまで食べてました(笑)
私、
お酒好きなんですが弱いのです、前から言ってますが〜
下戸ではないですけど(>_<)
N姐さん、ザル通り越してセルクルです(-.-;)
セルクルと言うのはムースなど作るときの枠です。
枠ですからザルより…ご想像にお任せします。
で、シャンパン含めて五種類ワイン飲んだ私は
ちゃんと家に帰れますかね?
ちゃんと帰れたら、お料理の話書きます(笑)

| コメント(0)

2011年6月14日 (火)

大変よくできましたー

昨日、

<お菓子とケーキデコレーションの基本辞典>のお仕事をご一緒させていただきました

編集のSさんと、ライターのAさんからメールをいただきました。

なんと、

二人でこの本に載っているケーキを作ったというご報告でしたbirthday

Sさんは相当なお菓子オタクで(笑)お家でもたまにお菓子を作られていると

思われます。

が、Aさんは今回の本の担当になって色々なお菓子の知識を見聞きした方。

このSさん&Aさんコンビが絶妙な漫才になっていたので、

撮影はとても楽しかった♪懐かしいですね~

で、このお二人で作ったのがこちら!

Photo オレンジのムースです。

中にダコワーズ生地が入っているのですが、どうやらそれを作るのが

大変だったようです。

最初報告メールを読んでいた時点では、

「うっ。一体どんなのが出来ちゃったのかな・・・」

と、不安になりましたが、なになに、ちゃんと出来ましたね、素敵です。

私も数々の失敗をしましたよ、ここに書けないような…despair

でも1回目よりは2回目、3回目と上手くなっていけば良いと思います。

これに懲りずにまた作ってみてくださいね!

| コメント(4)

2011年6月13日 (月)

まるで今日の天気は

今日も一日お疲れ様です~

昨日は深夜かなり雨が降ってましたね。まあ朝帰りのタッチ&ゴー出勤した私は

お陰さまで雨に濡れることなく帰りましたけど、良いのか悪いのか…coldsweats01

ずぶ濡れになるのも嫌いではなく、

人生で1回バケツの水をかぶったくらいに濡れたことがあります。

フランス校勤務していた時、

サッカーか何か村の人たちが来て一緒にやっていた時、いわゆる夕立が。

半端なかった、

外で食事の準備していて、

テーブルなどを慌てて片付けていたら凄いことに…

後で脱いだ白衣、絞れましたからsweat02sweat02sweat02

でも何故だか清々しく、その時鬱積していた何かがきれいに流れてくれました。

雨に濡れた君たちの顔も、中々素敵でしたよ、雨上がりの夕陽と一緒で。

今日の午前中は降ったり止んだり。

晴れているかと思って買い物へ自転車で行けば、ポツポツと大粒の雨がrain

紫陽花の花たちは気持ちよさそう、どんどん綺麗になっていくね。

晴れたり雨降ったり、本当に空は忙しかった。

でも最後には晴れていた。

芥川の書簡集を握りしめながら明かした夜も、また良し。

常連のご夫婦がいらっしゃって、今日は<競馬>と<初恋>と<七福神>について

語りました。素敵なご夫婦で、いつも楽しいお話をしてくれます。

こうなれば良いな~と2,3日前に思っていたた事が、どうやら現実になりそう。

願いは届く、のか。うん、思わないよりは思った方が届くようです。

今日は一日目まぐるしかったですが(天気のように)

優しい気持ちになれる一日になりました。

Même si tu vas à où que, il y a mon coeur à côté de toi.

J'attends ton augmentation.

| コメント(0)

2011年6月11日 (土)

時間制限かけておいて正解!

手元に本が届き、休憩中に読み始めました。

私が芥川龍之介の作品を詠んだのは、

中学か高校の教科書の中です…sweat02

それでもなんとなく彼に対するイメージはあるのですが、

それがきれいに覆されていってる感じ、です。

30分はあっという間に過ぎ、ついついページをめくりたくなりましたが、

きりが無くなるからね、又明日。

Qu'est-ce que la lecture me donnera?

Qu'est-ce que la lecture te donnera?

| コメント(0)

2011年6月10日 (金)

制限時間30分でお願いします

悩みに悩んで、

本当、数日考えて、

「時間、ないでしょ…」

と、思ったけれど、

1日マックス30分と決めて、

読みたかった本を買ってしまいましたー

あ、

横溝正史の小説ではありませんよsweat02

これまた珍しく、

芥川龍之介の「書簡集」

手紙、ですね。

色々な人に宛てて芥川が書いた手紙を集めた本です。

最近、

手紙を書くのが楽しくて(とは言っても、時間の関係上1週間に1通書けば上出来)

大切な人達の顔を思い浮かべながら、

一言一言選んで、ね。

何度も考え直しては、書きつづるのですが、

ボキャブラリーに欠けるのです、私は。

読書大好きな母と違って、私はもっぱら漫画専門でしたから…。

まあ、それでも読まないよはマシかもしれませんねcoldsweats01

彼は何を書いているのかな、手紙に。

少しずつ、読みたいと思います。

| コメント(0)

2011年6月 8日 (水)

これだ、見つけた!

この数日、ちょっと、ちょっとだけ、調子が悪くて、

今日はそれに頭痛がプラスcatface普段使っていない頭使うからだ…。

まあ明日には治ります、そんな人ですから。

で、

今日は凄い言葉に出会ってしまって目が釘付けに。

「流れる水は腐らず、忙しき人は老いず」

某所の壁に、色紙に書かれて掛っていたのですが

(うーん、何回か行った場所なんですけど今まで気がつかなかったbearing

そこで目が留まってしまいました。

回遊魚も止まると死んじゃいますしねsweat02

この前エコール辻東京へ行った時、生徒さんに

「今後は何をしたいですか?」

と聞かれ、その時は明確な答えが自分の中でなかったのですが、

この1ヶ月でどうやら答えは出たらしく、

そこに向かうべく、

L'eau coulante ne pourrit pas et la personne occupée ne vieillit pas.

上記の言葉を実行していこうかな、と。

ギアチェンジ、します。

とりあえず一速から二速へ。昔ならすぐさま三速四速へ加速しようとしますけど、

あまり周りに心配をかけない程度で←すでに十分かけてるってsweat02

助けてくれる人たちを頼りながら

今日は良い夢見て眠ります。

寝る前に<犬神家の一族>とか見ると、より効果的?!shock

| コメント(0)

2011年6月 7日 (火)

この花言葉は…(冷や汗)

芍薬もそろそろ終わりの季節です。

そしてあちらこちらのお家のお庭には咲きそうな紫陽花が見られるように

なってきました。

紫陽花みるとカタツムリを探してしまいます(笑)

食べたよね、フランスでbomb

ち、違うsweat02ほら、子供のころ学校の校庭とかで紫陽花の葉っぱに

小さなカタツムリがいませんでしたか?coldsweats01

110607_211622 白い紫陽花とブルースター、

近くのお花屋さんで出会いました。

お花屋さんのおじさん、大サービスしてくれました、メルシーheart04

ブルースター、花言葉は<信じあう心><淡い思い>だそうです。

良く結婚式の花嫁さんのブーケに入ってますよね、サムシングブルーだし。

うーん、どうだったっけな?think

で、

問題は紫陽花の方…

色々な言葉があったのですがcatface

どれも厳しいsweat02ね。

代表格は<移り気><高慢><無情><辛抱強い愛情>

・・・

・・・

どう落ちをつければ良いのだろうか。

ここはブルースターに頑張ってもらって、紫陽花の花言葉を包み込んでもらいましょうhappy01

110607_205420

| コメント(0)

2011年6月 7日 (火)

泣かないで

TOMOから電話がありました、

高校の友達のTOMO、

やんちゃしましたね、あの頃は…

お店のプリンとトラの巻きロールを頼まれ送ったのですが、

無事届いたとの連絡でした。

「こんなの作れるようになったんだね~!本当に凄い凄い!」

TOMOにとってはきっと高校生の頃の私で記憶が止まってる感じですね(笑)

あれから22年、お菓子どっぷり浸かりきった生活ですから、

いつの間にか出来るようになったんだよ~、TOMO

と、しばらくしたら電話口でTOMO,泣いてませんか!?

「都香咲が大変だった時に、フランスに手紙書かなくって本当にごめんね。

あれからずっと後悔してるんだよ」

そんな、

「泣かないでよ、TOMO~」

今だから笑える話ですが、

TOMOはエアメールの出し方知らなかったんです…

そして、

かなりの面倒くさがり屋さんだったんですcoldsweats01

私以外にも海外留学した友達いたのですが、

TOMOは誰にも手紙を出さなかった、いや、出せなかったのです。

「TOMOらしいじゃん」

私も他の子もそう思っていたんだよ

誰も怒ってなんていないからhappy01

22年ぶりにまさか泣いて謝られるとは、参った!

いるだけで、それだけで支えになっていてくれたからconfident

| コメント(0)

2011年6月 7日 (火)

ノルマンディーからの手紙

フランス校でお世話になったボゲ先生に出版した本を送った話は先日書きましたが、

土曜日にその返事が届きました。

正直、

ちょっと心配していたのです、ボゲ先生の近況を。

86歳、

何かあっても不思議ではないお歳です。

前は年に1回は手紙を書いていたのですが、

いつの間にか書かずに5年が経っていました、駄目ですよね本当…

今回も返事が届くまで、心配で心配で仕方がなかった。

毎日ポストのぞいたり、

もしかしたらメールが届くかもってチェックしたり。

こんな心配になるなら、どうしてまめに連絡しなかったんだろう。

最近、そんなことばかり。後悔あとをたたず、だね。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、郵便屋さんが手紙を持って店に入ってきました。

郵便屋さん「この手紙って…」

私「ああああああ、絶対うちのです、うちの!」

遠目に見てもわかる、フランスの封筒。

Photo

郵便屋さん「なんか住所が違っていて…」

本当だ、微妙に違ってるsweat02

私「とにかく本当にありがとうございます!!!」

郵便屋さんもこんなに感謝されたことないだろうくらいのありがとうを伝えて、

手紙を受け取りました。

ノルマンディーから来たんだね、君は。

封筒を開ける。

「うわー、出ました!ボゲ先生の漢字のサイン」

Photo_2 素敵な漢字名。

ある卒業生が考えてあげたらしい、素敵な字ですよね。

ボゲ=慕芸って良く思いつきましたよね。

しかも書いてるボゲ先生の字が味がある。本当にフランス人ですか!?

たくみに日本語を操るスーパーおじいちゃん。

食事の後は「美味でごじゃった」←一体何時代の言葉教えてるんですか!?

授業が終われば「お疲れさまでした」←フランス語には同じニュアンスの単語がないんです。

完全おやじギャグ!フランス語の挨拶「サ ヴァ?(どう?とか元気?の意)」と言いながら

「サ ヴァはさかな」と真面目な顔をして言い、にっこり笑うM.O.Fは貴方だけです!!!

そんな懐かしい光景も手紙は運んできてくれました。

「本は無事に届きました。本に載っていたメールアドレスにメールを送ったのだけれど

うまく送れず手紙を書きました。素敵な本が出来て良かったです。しばらく連絡が

なかったけど、あなたがお菓子の仕事を続けていることが良く分かりました」と。

もし、

私の祖父が生きていたら同じように言ってくれたかな?

和菓子をこよなく愛し、戦争の大混乱の中でも諦めることなく、

自らの使命に生きた祖父。祖父とボゲ先生、二人とも根っからの職人ですし

年齢的に祖父をボゲ先生に重ねてしまう。

「東日本の震災や津波、原子力発電所の事はテレビで見てます。

本当に悲しく、悲惨な出来事です。楽しい思い出をもつ自分の知っている人々が

傷ついたのではないかと心配しています」

そうですね、ボゲ先生の教え子は日本全国にいるはずです。

今回の震災で被災された方の中にもいなかったとは言えません。

「体は今まで通り、足が痛く歩くのには不自由しているのでほとんど家にいます」

「幸いにも今は家で絵を描いたり、パソコンでネット上に今までのレシピを

公開したりすることを行っているので忙しくしてます」

ボゲ先生も、基本的に何かしていないと気が済まない性格ですよね。

引退してノルマンディーへ行ったのに、

素敵な作業場を自分で作っていたし、

クリスマス前は大量にチョコレート作っては家族や親戚に配ってたし、

私なんか何年たっても太刀打ちできない存在です。

「もし君がノルマンディーへ来てくれたら、とても嬉しい。待ってますよ」

そして最後に日本語で

「がんばって」と。

ノルマンディー、

遠い、ね。

Si sûrement je ne vais pas à Normandie, je serai désolée.

Lorsque est-ce que je peux aller?

S'il vous plaît veuille a déjà attendu pendant quelques temps.

手紙を読んで、メールを送りました。

先日の辻での授業の写真を添付して、色々な先生のお話を書いて。

数時間後には返事がきました。凄いパワーです(笑)

負けていられませんね♪

| コメント(2)

2011年6月 5日 (日)

変な緊張感が走る大阪での授業

今朝は気がついたら朝でした、店でbomb

眠かった~、久しぶりに。いつ寝てしまったかわからないけど、またしても店と家の

タッチ&ゴーdash自転車通勤て素敵happy01

さて、

金曜日は大阪で一日かけての講習授業を行ってきました。

相手の生徒さん達は1年制の人たちなので、

来年の3月には卒業し、就職又は2年目の学校へ進学するわけです。

朝は助手の先生方と打ち合わせ。

以前も私の助手に入ってくれているI先生なので、まったく問題なし。

むしろ問題があるのは私の方かも…

ここで授業するのも、もう5回目だというのに、

なぜか目茶目茶緊張するんですよ~~~

今回も同じく始まってすぐは超緊張sweat02

4品のお菓子を授業するのですが、

<シャルロット><シュー><タルト>そして<マドレーヌ>の応用編。

それぞれの生地の仕込みから始め、まずはシャルロットのビスキュイ。

このビスキュイ生地の仕込み途中で、それまで張っていた緊張の糸が緩みましたhappy01

ここからは通常モードにシフトチェンジ!今回は意外と早かった~

T先生をネタにしながら(先生、すみませんbearing)フランス校の話、

お店の話、教室の話や出版の話などなど。

あ、

途中吉祥寺はラーメン王国だって話に脱線しましたがbomb

生徒たちからも質問があり、

中には、

非常に答えにくい質問もあったけど(失笑)

授業に反応してくれた方がお互い楽しい。

午前中の授業が終わってお昼ごはん。一緒に食べるはずのT先生は実習室で

白熱しているらしく、いらっしゃる気配なしcoldsweats01

学生諸君、君たちが羨ましいよ。

本気で接してくれる人を大切にしなさいね♪

さて、

午後の授業が始まり、私の大阪滞在時間も残り僅かになってきました。

国立の授業でも学生たちに話した事を最後に話しました。

「学校はあなたたちがお金を払って勉強してる場所だから教わるのは当然、

でも就職して給料をもらう側になったら、教えてもらおうという考えは違う」

就職した卒業生たちの話を聞いたり実際に見ていると、

その辺りがどうなのかなと思わされる人がいます。

学校は教わる場所ですし、出来ないから習いに行って学ぶ場所です。

でも職場は<職>の場。

勿論仕事始めてすぐは何もできないです、そんなのは誰でも一緒ですし

上の人たちもわかってます。

でも、

最初から教えてもらおう、教わるのが当然のような態度の人に教えたくなるでしょうか?

それってちょっと違う気が。

出来ないなりに一生懸命仕事して、先輩の作業を見たりして何かを学び取ろうと

している人がいたら、上の人たちは教えたくなるのではないかなと。

少なくても私はそうです。

「教えたくなるような、そんな仕事をしてください」

私の話を聞いて頷いていた学生たち、理解してくれたと思います、学校と職場の違いを。

それでも実際就職したら私の話なんて忘れてしまうかもしれませんが、

いつか思いだしてくれれば良いかなと。

真剣に授業を聴いてくれてありがとうね。

「今度東京へ行ったらお店に行きます!」

またいつか会ったら「授業受けました!」って声かけてくださいね♪

全ての授業が終了、私の大阪にての任務完了!

あ、

任務完了だけど忘れてはいけない、

大切な人に会いに行かなくては!!!

私の大親友、西洋料理のK先生(旧性Y先生)に会いに調理師学校へ。

実習担当中だったので、ちょっとだけ実習室へお邪魔してきました。

「Y先生~、ボンジュールheart01

実習室のはじっこでハグ&ビズ、見てた生徒は唖然…sweat02←仕方ない、フランス校式!

本当に会うだけでホッとする存在。

「元気でしたか?」「うん、元気。つかぴーは?」

たわいのない会話、10分足らずでお別れ。

それでも会うだけで元気になるから嬉しい。

「またね、先生!」

普段だと、大阪から帰る時ぐっとテンションが下がり暗~い感じで新大阪から

新幹線に乗るのですが、今回は偶然にも同じくフランス校で一緒に働いた

事務のS先生が東京出張ということで一緒に新幹線で東京まで。

この人、フランス人に間違われちゃうくらいフランス語堪能。

でもお猿さんに似ているんですよ(笑)あ、本人もそれをネタにしてますが。

そんなわけで新幹線の中はフランス語オンリー!なわけないです、オール日本語happy01

寂しくなく帰れました、S先生メルシーheart04

| コメント(2)

2011年6月 5日 (日)

嘘!今明かされた衝撃の事実(本人まったく覚えていない…)

辛かったことって、

意外と忘れてしまうようです…。

私の高校時代の友人TOMOが、先日私の名前を検索してこのブログを発見!

お陰で何年かぶりに今日電話で話をしました。

お互いの近況報告&日大二高当時の友人たちの話などhappy01

色々と驚かされることがありましたが、何よりも驚いたのは

「私の中で絶対に忘れないのは、都香咲が大阪から泣きながら電話してきたことだね」

・・・

・・・

うん?

泣きながら、ですか???

「うー、そんなことあったっけ?全然記憶にないな~catface

あの当時、携帯電話なんてなくて、寮の公衆電話からかけていたのは覚えてます。

でも泣いて電話した、しかもTOMOに…

TOMO「なんか最初は普通に話していたんだけど、飴細工か何かの授業で

沢山バラを作らされて、手は火傷だらけですごい辛いって。」

確かに。そんなこともあった、初めて飴細工した時、毎回指が水膨れになって、

授業終わるころは皮がむけて…

TOMO「で、やっぱり趣味にしておけばよかった、

東京に帰りたいってワンワン泣いてたよね」

あ、

そうなんだ。

そんなこと、

あったんだ…。

22年前の記憶を手繰り寄せる。

TOMOに電話したのは覚えてる。

寮の電話の前で膝抱えて電話してたよ、二高の友達たちに。

泣いてたんだね、私は。

TOMO「本当によく頑張ったよね、子供にも自慢しちゃったよこの人ママの友達って」

いやいや、

高校時代皆が大学進学を目指す中、

二高女子部始まって以来だろう最初から専門学校行くなんて言ったのはsweat02

それでも皆が応援してくれたもんね。

凄いお菓子作って持っていっては食べてくれたしcoldsweats02感謝してるよ♪

と、言うわけで、私にも挫折しかけた時はあったようです。

今は昔、ですけど。

思い出させてくれてありがとね、TOMOconfident

| コメント(0)

2011年6月 3日 (金)

カメキチにて講習前夜祭?

無事帰宅しました。

明日から通常業務へ。

今日は何と朝から寝坊(間に合う範囲ですけど、予定よりは30分寝過ごしましたsweat02

だって昨日は美味しい料理と楽しい会話のおかげでワインが美味しくってcoldsweats01

昨晩は私がフランス校勤務していた際の卒業生亀井シェフのお店<カメキチ>へ、

私のパティシエール人生の歩むべき道を作ってくださったT先生とN先生の2大先生に

連れて行っていただきました。

冗談抜きで、

今の私がいるのは、二人の存在抜きでは語れません。

そんな大切なお二人とまさか一緒に食事に行くとは…出会って22年、かconfident

学校からカメキチへ行くまでの電車の中から、すでに食前酒ならぬ食前話に

話が咲きまくり。谷町線の中であんな大笑いしたのは初めてです。

カメキチに行くときはほとんど雨だったのですが、昨日は天気良好!

Photo

初めて外観の写真が撮れました(笑)

店内に入るとすでにお客さんで一杯。

厨房の奥を覗き込むとシェフが「先生、いらっしゃいませ~」

亀井シェフと出会ったのは彼が19歳の時、

32歳、顔つきも変わったよね、うん、良い顔♪

「今日もよろしくお願いします!」

メニューはカルトで選んで皆でシェアする感じ。1皿のボリュームが多いので

3~4人で行くと、色々食べれて良いと思いますよ。

前菜から4品、メイン2品。

Photo_2 <リエットと自家製ピクルス>

定番の一品。ピクルスも酸味と甘さのバランスが適度で食べやすい。

この辺りですでに一番最初に頼んだビールとカシスソーダは無くなっておりまして…

全員赤ワインへ移動。

なで肩ボトルのブルゴーニュにどうしても惹かれる私たち(フランス校はブルゴーニュの

お膝元でございますから)

あまり飲まないと言っていた3人ですが…大丈夫なのか?!

Photo_3 <さごしのマリネ、ビーツのソース>

さごしって鰆のちいさいのです。これ、私の中では結構ヒット。

ジュリエンヌにした人参のマリネが下に敷いてあるのですが、さごしと一緒に食べると

合いますね。魚と人参か、今度私も作ってみよう♪

Photo <トリッパのグラタン風>

はちのすとも呼ばれる牛の第二胃を煮込んでグラタンのように熱々に焼き上げた

一品。リヨンは内臓料理が有名。私は比較的なんでも食べられるかも。

トリッパを食べたがっていたN先生もご満悦。

ここでワイン2杯目…うーん、翌日が心配になりながらも、料理の美味しさと

大先生お二人の爆笑トークにワインなくてはついていけませんbearing

爆笑トークの内容は…放送禁止レベルでしたので触れませんcatface

T先生、本当に勘弁してくださいngngng生徒の夢を奪わないでくださいねbombbombbomb

そんな危険な話しだけではないのが、このお二人の真骨頂。

お二人の繰り広げるお菓子の話は、「授業料払わずに受けちゃって良いの!?」と

思うほど、私にとっては興味深く楽しい話。

勿論お菓子の話だけではなく、歴史上の人物の話とか本の話、映画の話、

はたまた眼鏡の話に至るまで。ジョニー・デップまで登場happy01

懐かしい、この感覚。色々な知識や情報が降り注がれる、会話の中から、自分の中へ。

これは究極の勉強法かもしれません。人に接し、人に学ぶ。

Photo_2

<スズキのグリエ、タップナードソース>

表面カリッと、中はジューシーに焼かれたスズキさん♪

Photo_3 <牛ほほ肉の赤ワイン煮>

アスパラ・ソバージュが添えてあります。口の中でとろける~

この時点で3人ともほとんどワインなかった…本当はもう1杯飲みたかったけど、

さすがに授業の前日ということを考えるとcryingぐっと我慢。両先生方も飲まなかった。

食事終わってデザート。

T先生「僕はもうお腹いっぱいだからいいや」

で、私とN先生は「チェリーのタルト」と「パイナップルのパン・ペリュデュー」

とその時、T先生「うーん、チーズあるかな?あと赤ワインもう1杯」

「げっ!catfaceまだ飲むんですか!!!」

気分良かったんですよね、先生。

だって楽しすぎでしたもの、今回のお食事会。

学校を退職し、独立して一番つらいと思ったのは、

怒ってくれる人がいなくなったことかもしれません。

良く怒られました、職員になってからT先生には。N先生は厳しい担任でしたし。

技術的なこともだけではなく…

悔しくて泣いたことも沢山ありました。すぐには納得できなかったことも。

今はわかるんです、言ってくれる人の気持ち。育ててくれたお二人に感謝。

ある意味私にとって運命の男性達でしたね(笑)

再び上機嫌のT先生を眺めながら、N先生とデザートを頬張る私。

亀井シェフの料理あってこその楽しいひと時でした。

水曜日から幸せな日が続き、

私の小さな小さな休暇兼出張は幕を閉じました。

授業の話はまた明日書きます。さすがに多少は寝ないと、ね。

| コメント(0)

2011年6月 3日 (金)

ただいま

大阪での授業を終えて、只今新幹線にて帰宅中。

新横浜を通過、

あと20分もすれば東京駅。

なんだろう、

久しぶりに凄い眠たさが…

| コメント(0)

2011年6月 2日 (木)

大阪へ

休みだというのに、

私の体内時計は3時間で鳴るらしく…

いつもより早く寝たら、いつもより早く目が覚めてしまいましたcatface

Comment est-ce que tu peux dormir à long temps si tu le fais?

Moi?Je veux savoir la méthode..Veuillez l'enseigner,S.V.P.

きっと、

寝なくて大丈夫だから起きてしまうのだと、最近は思います。

色々、

考えることが多い。

Travaille, aime, politique de Japon, un désastre du tremblement de terre,etc...

私の小さな頭で考えたって、どうにも出来ないけど、

それでも考える。

Parce que je suis une japonaise.

C'est indifférence qui est le plus terrible.C'est vrais.

Politique de l'absence de nation.

Jusqu'à lorsque vouloir celui-ci situation continue?

昨日は母の誕生日でした。

「いくつになったの?」

「66」

「ぞろ目だね」

「・・・」

もはやあまり何歳になったかは関係なさそうsweat02

66年のうちの40年を私のために過ごさせちゃったんだね。

Est-ce que je peux te le donner ce que c'est?

Est-ce que je suis la fille qui est bon pour toi?

Sûrement je ne suis pas une bonne fille,

Je t'aimais.Je t'aime.Je t'aimerai.Merci,ma mere.

さて、

いよいよ大阪の<エコール辻・製菓マスターカレッジ>での授業のため

大阪へ行ってまいります。

私の、

パティシエール人生出発の地です。

今回もきっと、生徒たちに授業しつつ、私も勉強してくると思います。

今日はフランス校卒業生の亀井シェフのお店<カメキチ>で、

私に辻の職員になることを勧めてくださったT先生と、

私が学生時代の担任のN先生とお食事会です。

なんだか…

凄いメンバーsweat02食事がのどを通るのか心配←いやいや、普通に食べるでしょ!

天気予報通りなら、

雨ふらずのはず。

雨女呼ばわりされなくて済みそうです♪

それでは行ってまいりますhappy01

| コメント(0)

2011年6月 1日 (水)

今日だけは

結局昨日は3時過ぎまで店で仕事して、

家に帰ってきてから色々していたら5時…朝帰りとなんら変わらないじゃないかcatface

それでも9時過ぎまで寝たのでいつもより寝てますねnotes

今日は一日、自分のために時間を使います。

19時からサッカーですね、ペルー戦soccer

見れるかな?

| コメント(0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »